みなさま、こんにちは。
今回ご案内するのはよくご相談を頂く、そして、よくご案内をさせて頂くことも多いあの修理…!
ナット交換についてイラストを絡めつつ解説させて頂こうかと思います。

ナット交換紹介記事はこちら

なぜナット交換を?

既に修理事例として、このブログにも幾度か登場しているナット交換ですが、ご相談を頂く理由は様々です。
チューニングを繰り返すことで溝が徐々に摩耗し、開放音にビビリ・音詰まりが出るようになった場合はもちろん、ご使用の際に破損してしまった等、機能的な理由で交換の依頼を頂くこともあれば
カスタマイズとして音色や見た目を変える為、既存の元とは異なる素材のナットに交換することもあります。

ナットが変わると音が変わる?

ナットは弦を支え、音を決める重要なパーツの一角なので、この素材が変わると音色も変わります。

あくまで個人的な感覚に基づくものなので一概には言い切れませんが、樹脂やプラスチック等やわらかめの素材であれば丸い音、金属等の硬い素材であれば硬質で高域が強くなる印象があります。

上の画像は左からブラックタスク、ブラス、オイル漬け牛骨、漂白牛骨、象牙です。この他にもカーボンやチタン素材での製作依頼を頂く事もあります。
各素材の特性をを細分化した紹介ブログ【ナット素材で何が変わるの?? リペアマン岡のコラム】もありますので、よかったら参考にしてみて下さいね。

調整をお願いしたらナット交換を提案された。なぜ?

ナット交換は調整のご相談を頂いた際に併せてご案内させて頂くことが多い修理のひとつでもあります。
この場合によく挙げられる交換理由は主に3つ。

  • ①弦の周辺に欠け等の破損が見受けられた場合。
    特に0フレットと呼ばれる指板側の面に欠けや割れが生じているとオクターブが合わなくなったり、チューニングが狂いやすくなる、といった症状に繋がります。

  • ②ナット溝と弦のゲージが合っていない場合。
    弦交換を行う際、元々張っていた弦よりもゲージが大幅に変わると特に目立つのですが、ナット溝に弦対して弦が太すぎるとチューニング時、溝の淵に弦が引っ掛かり切れてしまう原因になったり、逆に細すぎると開放音が抜けてしまったり、という不具合に繋がります。
    弦ゲージに対してナット溝が狭い場合であれば、溝のは簿を広げて対応できることもありますが、広い場合は溝を削り足す必要が出てくるので、基本的には新しいナットへ交換のご案内をさせて頂く事が多いです。

  • ③ナット溝の磨耗している場合。
    長年愛用されている楽器に多いのがこのパターン。ナット溝は常に弦と接する状態にあるため、その接点は常に摩擦の影響を受けています。
    稀に例外もありますが、殆どの楽器の場合、ナットは弦よりも軟らかい素材で作られています。この為、弦がチューニングや演奏で動く度、ナットの溝は少しずつ削れていってしまうのです。

ナット溝が低くなると、ナット側の弦高が下がります。すると徐々に弦がフレットに近づき、開放状態で弦を弾いた際、弦がフレットに接触しビビりが発生します。
極端にナット溝が低い場合には、弦が常に1フレットと接する状態となり、1フレット押弦音と開放音が変わらなくなります。
逆にナット溝が高すぎると、ローポジョン側の弦とフレットの距離が広がるため、押弦するのに余分な力が必要となりストレスを感じたり、弦を押さえる指に上手く力が入らずビビリが出てしまったりします。
溝が高すぎる分には削ることで改善できることも多いですが、低く削れてしまったものを戻す事は出来ないので、調整を含めたナット交換のご案内をしています。


私たち技術者は押弦のしやすさと出音のバランスを取りながら、楽器の状態、プレイヤーの奏法に合わせたナット溝の微調整を行っています。
もちろん、ご要望頂いた数値に合わせてセッティングすることも可能ですので、ちょっと演奏しづらいな、開放音にビビリが混ざりやすい気がするな、等
少しでも気になる所があったらお気軽にご相談ください!


ナット関連記事はこちら

図解でわかる!シリーズ一覧はこちら


*修理費用は同じ症例でも楽器の種類や形状・仕様によって異なる場合があります。
ご不明な点はお近くの島村楽器にぜひともご相談ください。


お近くの島村楽器はこちらから、
リペアブース併設店と専門店はこちらをご参照ください。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房中野

「この楽器の状態って弾きやすいの…?」そんな不安な点を取り除きながらプレイスタイル・楽器に合ったベストコンディションを一緒に探していきましょう!

このスタッフの記事をみる

関連記事

abstracts MIKI氏 ベース リフィニッシュ

ギターリペア工房小嶋

ルシアー駒木のギターよもやま話 その26「プロの現場でHISTORYアコースティック実力発揮!!」

ギターリペア工房駒木

感動伝道者陳(ジン)の「皆さんもリペアマン!」<第1話 シールド修理>

ギターリペア工房

ナット素材で何が変わるの?? リペアマン岡のコラム

ギターリペア工房

図解でわかった!スイッチを落とし込め!!

ギターリペア工房奥村

ルシアー駒木のギターよもやま話 その27「年末はミュージシャンと その1」

ギターリペア工房駒木

リペアパーツご紹介 ジャック・ポット・スイッチ編

ギターリペア工房

ピックアップ選びのすゝめ。アコギ編【リペアマン寺田の「アコギは打楽器!」九打目】

名古屋ギター&リペア寺田

謹賀新年!~James J-AC/DM(南澤大介モデル)の裏話~

ギターリペア工房阿部

12弦ギターってなんだ!

ギターリペア工房井上