皆さまこんにちは。

大寒波到来という事で、ここ名古屋にも雪が積もりました。

路面の凍結などには十分にお気を付け下さい...!

ちなみに先日、凍結した歩道橋のスロープを、スケートのごとく滑らかに下まで滑り降りていく人をお見掛けしました...

..ヤマザキです!!

さて、さっそくこちらをご覧ください。

1

とても酸化しておりますが、ブラスナットが取り付いています。

楽器の状態の変化により、適正なナット弦高が確保出来なくなっているため

交換を行います。

2

当工房では、このような角材から一つずつ削り出して作成しています。

3

まずは大まかに荒加工を行います。

ブラス素材、通常使用される牛骨などと比べると、非常に加工性が悪く形成にもひと手間掛かります。

切削時に非常に高温になるため、とにかく熱さに耐えながらの作業になります...

4

実際楽器にあてがいながら、微調整を行っていきます。

既製品ですと加工性の悪さからか、キズ処理が完全で無かったり、角が残っていたりする物も有るのですが、私ヤマザキ、一切妥協致しません!

5

牛骨で製作する時同様、このように角をとり、鏡面になるまで磨き上げます。

このブラスナットですが、非常にタイトな音の立ち上がりで、開放弦と押弦時の音の差を少なくする目的でも使用されます。

また牛骨に比べますと、チューニング時などの摩耗が圧倒的に少ない為、ナットの寿命も非常に長くなります。

ギター、ベース問わず、様々な楽器に製作・取付が可能です!

ご希望の方はお気軽に是非一度、ご相談下さい!

ヤマザキでした。

名古屋ギター&リペア 山崎

6

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房山崎

ライブユースなセッティングなら私にお任せ下さい!楽器のセットアップだけでなく弦やピック、お手入れ用品選びまでトータルコーディネート致します!

このスタッフの記事をみる

関連記事

フロイドローズタイプのサドル割れ?!

ギターリペア工房

リペアマン佐藤の日々リペア Vol.5~アコースティックギターをアンプに繋げたいなら、、、PUを付けましょう!編~

新宿PePe店佐藤

ベース弦のスケールって何?【デュエリストのリペア奮闘記 turn5】

その他スタッフ・アーカイブ

リペアマン山口の日々リペア 14

大宮店山口

アコースティックギターの弦高調整

ギターリペア工房中野

修理記録 レスポールポット交換編

ギターリペア工房井上

リペアマン山口の日々リペア 17

大宮店山口

リペアマン山口の日々リペア 5

大宮店山口

リペアマン遠藤の仙台リペアブログ~その27~木材ピックガード作製の巻!

仙台ロフト店遠藤

修理記録 ストラト配線編

ギターリペア工房井上