こんにちは!杉浦です!

今日も今日とて、へこみ直しです!

え?へこみ直しばっかりだって?
普通の修理もやってますよ!

写真で見える症状でないと
ブログに出来ないので
派手な修理が多めです!

定期調整も承っておりますので
是非ご利用下さい!

過去のへこみ直しはこちら↓↓↓



トランペットのベル

さて。
こちらはトランペットです。
ベルが下方向に曲がってます。

ラインが入ると分かりやすいですね。

このような、分かりやすいへこみが
表面に無数にあります。



ベルの先端には歪みが。

以前の修理と似てますね。↓↓↓
トランペットベル歪み

そして、ここを見てください。

ベルと主管(チューニング管)を繋ぐ
Zみたいなコレ(いや、Sじゃん)。

支柱と呼びます。

この支柱の横が、ウネウネしてますよね。
ちょっとくい込んでる証です。

くい込みのことを、陥没と呼びます。

この陥没の影響で、ベルが
横(主管側)にも曲がっているんです。
下+横なので、斜め下を向いています。



まとめると…

発見した症状をまとめると

・ベル曲がり(斜め下)
・へこみ
・歪み
・陥没

と、ベルだけでこんなに症状が。
さぞ、強い衝撃だったんでしょうね…。

良く耐えた!偉いぞトランペット!



こういう時は…

今回の様な、複合的な症状の場合
ベルを取り外して修理します!

陥没とベル曲がりが厄介なので
なるべくキレイに直る方法にします!



分解して更に分解

まずは普通の分解です。
抜差管やピストンを外します。
その後、ベルを分解します。

おりゃーーーー!!

と力技ではなく、あくまで冷静に。
ベルと支柱を繋ぐ半田付けを外します。

5ヶ所も半田を外すから、超大変!
さて、5ヶ所とは何処でしょう?!
答えは写真の中に!

半田付けについてはこちら↓↓↓
ポッチは何処へ



へこみや歪みを直しちゃう

へこみや歪み、ベル曲がり等
キレイに直します。



ベルを半田付け

修正が終わったら、元に戻します。

ベル取り付けは、一大修理です。
めちゃくちゃ気合い入れます!

金属は変形すると、伸びます。

その為、キレイに成形出来ても
元々の位置から、数ミリ程度
ズレた場所に半田付けされることがあります。



半田付けが終了後、組み立てて
動作や外観をチェックして完成です!



完成!

最終的な仕上がりはこちらです!

くっついてる!!!(当たり前)

ベル曲がりは、ある程度までとなります。
それでも真っ直ぐ!

元通りの形になりました!
直って良かったです♪


気になる症状がございましたら
是非ご相談下さい!
楽器に合わせたご提案を致します。



今回の修理は
・ベル脱着(半田付け)
・ベル曲がり修正(ある程度)
・ベルへこみと歪み修正
・ベル支柱陥没修正
・オイルグリスアップ

です。

修理・調整代 税込34,700円(送料・パーツ代別)

※へこみや歪みが出来た時のキズやスジ
 修正跡(叩いた跡等)は残ります。
※半田付けにより、周囲の塗装が焦げます。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

管リペアセンター杉浦

中高6年間をトランペットとコルネットの二刀流で部活漬けの毎日を過ごしてきました!全国の皆様からのご依頼、心よりお待ちしております!

管リペアセンターの店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

へこみ直しシリーズ~サックス2番管編~

管リペアセンター杉浦

頭部管とお掃除棒

【管楽器メンテナンス塾】#2ワインとフルートの共通点?!

丸井錦糸町クラシック店神戸

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.25【クラリネットが欠けました】

広島パルコ店

トランペットのマウスパイプの汚れを取る!

その他スタッフ・アーカイブ

へこみ直しシリーズ~サックスのベル編~

管リペアセンター杉浦

管体からニョキッ!キィポストのはなし

管リペアセンター杉浦

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.17 【サックスを落とした!】

広島パルコ店

そのクラリネット、もしかするとちょっと大きくなってるかも

そのクラリネット、もしかするとちょっと大きくなってるかも

管リペアセンター山下

見えない所に潜む緑の物体

管リペアセンター富田

こんなこともあるのか~まるで絆創膏!?パッチ加工編~

管リペアセンター杉浦