こんにちは!杉浦です!

今回は、へこみ直しと
半田外れのコンボですよ~!

過去のシリーズはこちら
トランペットのベル歪み
ホルンのベルへこみ
トランペットの2番管へこみ
抜差管口歪み
サックスのネック
サックスの2番管

ホルンのベルへこみ

まずは、へこみです。
ホルンのベル部分です。

くしゃくしゃと歪んでいます。

本体側は、コツコツぶつけた跡が。

銀色のホルンは、少し珍しいですね。

素材の違いについてはこちら
へこみ直しシリーズ~ホルンのベルへこみその②~

半田外れ(溶接外れ)

今回の楽器は、購入から20年程。
久々に使おうと出したら
気付いたそうです。

半田も金属ですので
経年で劣化し、弱くなります。

こっちの抜差管にいたっては
両側の半田が外れて
内管が取り残されていました。

10年は使っていなかったそうで
管内汚れや、ロータリー動作、
消耗パーツ交換も含めて
全体的に見るのが良さそうですね。

それでは、直しましょう!

へこみ直し!

楽器を軽くするために
抜差管やロータリーを外します。

ロータリー内部についてはこちら
見えない所に潜む緑の物体

今回のへこみは、10年以上前に
出来たもので、だいぶ凝り固まって
直すのに手こずりました。

へこみは1ヶ月以内に修理すると
比較的キレイに仕上がります!

気になる方はお早めに!

歪みが大きいので、その分
金属も伸びてしまっていますが
出来る限りキレイになるよう
形を整えていきます。

完成したのがこちらです!

歪んだ時に出来た、白いスジや
修正跡(叩いた跡等)は残りますが
くしゃくしゃ感は無くなりましたね!

半田付けも作業開始!

半田が外れたまま使用すると
異音(ビービー・ジージー)
が鳴ったり、支えが無くなることで
別の半田が外れることがあります。

こちらも気付いたら
早めに直しましょう!

半田付けの仕組みについてはこちら
ポッチは何処へ

半田付けが終わりました!

※火を当て、半田を溶かし入れる為
 表面のラッカー(塗装)が焦げます。
 ご了承下さい。

半田付けの後は、抜差管が
本体に合うよう、幅調整を行い
スムーズに抜差出来るようにします。
(半田付けを行うことで

抜差管の幅がずれて
ハの字になることがあります)

ハの字になった管の調整はこちら
スライドはスライドしていますか?

組み立てて完成!

ロータリーも汚れを落とし
スルスル動くように調整して
組み立てたら完成です!

しばらく使ってない楽器は
演奏する前に、確認がてら
メンテナンスに出すことを
おすすめします。

楽器の状態が気になる場合は
ぜひお預け下さい!

今回の修理は
・ベルへこみと歪み直し
・抜差管半田付け3ヶ所
・抜差管幅調整
・管内洗浄
・ロータリー調整4ヶ所
 です。

修理・調整代 税込60,500円(送料・パーツ代別)

※別途加わるパーツ代は、モデルにより変動します。
※へこみや歪みが出来た時のキズやスジ
 修正跡(叩いた跡等)は残ります。
※半田付けにより、周囲の塗装が焦げます。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

管リペアセンター杉浦

中高6年間をトランペットとコルネットの二刀流で部活漬けの毎日を過ごしてきました!全国の皆様からのご依頼、心よりお待ちしております!

管リペアセンターの店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

マウスピースシャンクの歪み直し

管リペアセンター杉浦

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.18【フルートの中身】

広島パルコ店

出っ張りには要注意!

管リペアセンター杉浦

頭部管とお掃除棒

【管楽器メンテナンス塾】#2ワインとフルートの共通点?!

丸井錦糸町クラシック店神戸

クラリネット・パーツ

クラリネットのパーツが高速スピン???

管リペアセンター富田

梅雨こそお手入れ見直し!湿度のおはなし

管リペアセンター杉浦

クラリネットの割れ修理

その他スタッフ・アーカイブ

自分でやってみよう!お手入れ ~金管編~

管リペアセンター杉浦

【管楽器メンテナンス塾】#5 タンポってどうして交換するの?

丸井錦糸町クラシック店神戸

衝撃~らっぱの悲劇~

管リペアセンター浮田