こんにちは。Wind&Repairの杉浦です!

リペアマン待望のある物が届きました!


荷物が届きました

Wind&Repairに、荷物が届きました。


箱を開けてみると…


目玉がいっぱいこちらを向いている!!!!!

ひゃーーーーーーーー!!!!!!!

おびただしい数の目玉に見られている!!!!

…ではなく、これはある楽器に使われているパーツなのです。

こちらのパーツは、サックスに使われております。

ズーム

更にズーム

分かりますか?

よーく見ると、先程の写真と似たパーツが見えますね。

これは、楽器に開いている穴を塞ぐためのパーツです。

リペアマンはタンポ(又はパッド)と呼んでいます。



フルートのタンポはこちら

サックスとは違い黄色です!

このパーツは、演奏中に出る水分や水蒸気により、湿気を吸う⇔乾燥を繰り返し次第に劣化していきます。

ですので、交換・調整しながら使っていきます。



タンポだけではない!

交換が必要なのは、タンポだけではない!

そこで、この度入荷した中から、杉浦厳選!交換パーツコレクションをご覧下さい!

劣化具合が分かるよう、使い古したものと見比べてみて下さい。



エントリー№.1 サックスのタンポ

 

汚れていますね~。

練習を頑張った証ととるか、お手入れ不足の賜物ととるか…

ちなみに真ん中の部分は、金属もあればプラスチックもあり様々。

タンポの真ん中の形状や、タンポの色味はメーカーや楽器によって違います。



エントリー№.2 フルートのタンポ

こちらは破れています。

クロスで吹き上げる時に、タンポをこすってしまったのでしょうか。



エントリー№.3 フルートのヘッドコルク

うわー!全く別物!心なしか一回り小さく見える!

…でもこんなワインの栓みたいなパーツ、フルートに付いていたっけ?

そうです。ヘッドコルクは分解しないと見えない場所に入っています。

ちょうど、頭部管の歌口とキャップの間くらい。

分解は専門的な知識・工具を必要とするので、皆さんは滅多に見られないパーツです!


今回入荷したヘッドコルクをかき集めてみたら、これだけの量になりました。

ヘッドコルクタワー!!(なんとも貧弱そうですが…笑)

使用したコルクは270個!!!

これだけ入荷しても、あっという間に使ってしまうんですけどね。



エントリー№.4 クラリネットのタンポ

こちらも破れています。

これでは吹き込んだ息が、漏れてしまうではないか!もったいない!

クラリネットは、タンポが小さいので、万が一の時はダイイングメッセージにも使えます。




ここからは金管楽器!

エントリー№.5 ウォーターキィコルク

演奏中に溜まった水分を出すつば抜き部分のコルクです。

溝(轍)が、かなりはっきりと付いているので、長らく現役で頑張っていらっしゃったようですね。


ちなみにウォーターキィコルクを、精一杯オシャレに撮影するとこんな感じです。

※トランペットは非売品です。



エントリー№.6 ピストンフェルト

ピストン楽器の方にはお馴染み、楽器からピストンを取り外すと見えてくるのがピストンフェルトです。

皆さんの楽器は黒や緑になっていませんか?

実は元々真っ白だったんですよ…。



楽器は他にも、たくさんのパーツが付いています。

ご紹介したのは6つだけですが、入荷したのは200種類以上!!!!

なかなか良いサックスが買えてしまう量です。



全国から修理楽器が届く!!

なぜこんなにたくさんのパーツを置いておくのか。

それはWind&Repairが、修理工房「管リペアセンター」を併設しているからです!

修理工房では、毎日たくさんの修理楽器が全国の店舗から届きます。

お客様の様々なご要望にお応えする為に、修理交換パーツもその分だけ必要になります。

※全てのパーツを持っている訳ではありませんので、お取り寄せにお時間を頂くこともございます。



修理交換用パーツ下さい!

皆さんご自身の楽器のパーツが気になってきましたよね?

「コルク下さい!」

「ここのタンポが無くなってしまったのですが、どれを付ければ良いですか?」

なんてお問い合わせも、しばしば。


ですが申し訳ありません。

島村楽器で一部の場合を除き、パーツ販売は行っておりません。

皆さんが楽しく演奏出来るように安心・安全な修理を行いますので、楽器の状態が気になる場合は是非!私達リペアマンにお任せください!


修理・調整ご依頼はWind&Repairだけでなく、全国の島村楽器で受け付けております。

詳しくはこちらから

https://info.shimamura.co.jp/repair/wind/



春は新しいことに出会う季節

新しく楽器を始められる方も、長らく続けていらっしゃる方も、ご自身がお使いの楽器の状態を確認してみてはいかがでしょうか。


楽器の調整・修理に関することはこちらをご覧ください。


記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

管リペアセンター杉浦

中高6年間をトランペットとコルネットの二刀流で部活漬けの毎日を過ごしてきました!全国の皆様からのご依頼、心よりお待ちしております!

管リペアセンターの店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.19【キィの裏側についている奴ら】

広島パルコ店

【2月22日更新】管楽器リペアブログ 2月号

横浜みなとみらい店平井

管楽器の修理紹介「トランペットのベル 歪み直し」

管リペアセンター原島

クラリネットの調整  part1前準備・下処理編

その他スタッフ・アーカイブ

真夏の車内は要注意!熱によるキィの不具合

その他スタッフ・アーカイブ

抜差管が抜けないっ!!!!

管リペアセンター河村

【管楽器リペア通信】5月号 フルートお手入れ講座

仙台長町モール店南波

サックスのローラーが動きづらい…そんなときは調整へ!

その他スタッフ・アーカイブ

スライドはスライドしていますか?

管リペアセンター杉浦

管楽器の修理紹介「トロンボーンのベル ゆがみ直し編」

管リペアセンター原島