皆様、こんにちは。
島村楽器 マークイズ福岡ももち店弦楽器技術スタッフの高瀬です。

本日より、当弦楽器工房のブログを始めます。
このブログでは日々の修理について紹介していきますので、どうぞよろしくお願い致します。

本日は毛替えについて少し書いていきます。

毛替えといいましても果たしてどのような事をしているのか想像が難しいと思います。

読んで字の如く、弓の毛を新しく張り替えているだけではあるのですが、他のどの修理よりも奥が深く難易度が高いものこそ毛替えだと日々感じています。

ただ毛を張り直すだけならとても単純な作業です。
毛を外し、木材で楔を3つ作成し、毛束を楔で固定するだけです。これだけなら、何も気にせずに行えば30分もかからずに終わる作業です。

しかし、毛替えはそれで終わらせてはいけません。

(楔の写真です)

例えば、毛の長さ設定について簡単に説明します。

普段私が毛替えを行う際、長さ決めで考えていることは大まかに以下のことです。

  • 月毎の平均湿度
  • プレイヤーの演奏場所、環境(何県か、海が近いか等)
  • プレイヤーの演奏スタイル(普段の弓の張り具合も考慮します)
  • 弓の楔穴の形状
  • 弓の反り具合
  • 弓のしなり具合

まだいくつかありますが、大体これらのことを計算に入れて毛の長さを導き出します。

以前ご来店いただいたお客様(福岡市在住、アマチュア演奏家、力強い演奏を好む方)を例に挙げますと、

福岡市なので基準値は3.0mmに設定し、弓は通常より張るスタイルの方なので0.3mmマイナスします。

楔穴の深さが通常より浅い設定なので、楔の一番薄い値を1.8mmに設定。

弓の反りが強いので0.4mmマイナス、しなりは通常なので値に変化なしとします。

以上から、今回のお客様の場合は毛の長さ設定を4.1mmとして作業を行いました。

(一般的に、値が小さいほど毛の長さは短くなり、大きいと毛はだらんと長くなります)

厳密に言うと、使う楔材の材質により木の痩せ方が異なるので、材によっても計算が、、、となりますが、難しくなるので本日はここまでに致します。





記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

マークイズ福岡ももち店高瀬

弦楽器技術者の高瀬です。楽器の調子が悪い、音をもっと良くしたいと思いましたら、ぜひご来店ください。皆さまをお待ちしています!

マークイズ福岡ももち店の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

【マイスター工房通信】フロッグ黒檀継ぎ足し修理について

シマムラストリングス秋葉原髙田

コントラバス弓毛替え(黒毛&白毛ミックス)

弦楽器リペアだより11月号

シマムラストリングス秋葉原髙田

【マイスター工房通信】弓スクリューの装飾修理について

シマムラストリングス秋葉原藤村

弓の革巻き画像

【マイスター工房通信】弓の革巻きについて

シマムラストリングス秋葉原森貝

楽器ケース修理~持ち手を畳縁にしてみました~ 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

【10月24日更新】弦楽器リペアだより 10月号

シマムラストリングス秋葉原髙田

継ぎネック リペア風景写真

継ぎネックについて

その他スタッフ・アーカイブ

【マイスター工房通信】毛替の時期っていつなの?

シマムラストリングス秋葉原渡邉

弓の革巻き 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

あご当てのコルクのお話

シマムラストリングス秋葉原渡邉