ヤマハ オンライン遠隔合奏サービス「SYNCROOM」| 自宅からでもみんなで合奏が楽しめる

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

YAMAHA ( ヤマハ )が、自宅からでもみんなで合奏が楽しめる、ヤマハ オンライン遠隔合奏サービス「SYNCROOM(シンクルーム)」を発表しました。現在ベータ版を公開中で、2020年6月頃より正式公開の予定。

『SYNCROOM』公式サイト:https://syncroom.yamaha.com/

ヤマハニュースリリースより抜粋

新型コロナウイルスの感染拡大により多くの活動が制限される中、当社のサービスがご自宅等から安心して合奏を楽しむ一助となり、日常を少しでも明るいものに変えるきっかけとなればと考えています。

SYNCROOM」は、ネットワークを介して音楽セッションを実現するヤマハの技術「NETDUETTO」をリニューアルさせたもので、インターネット回線を介して遠隔地間の音楽合奏を実現し、複数のユーザー同士(最大5拠点)でオンラインセッションが楽しめるサービスです。

『SYNCROOM』アプリ画面イメージ
※開発中につき変更となる可能性があります。

『SYNCROOM』は、インターネット回線に繋がったご自宅などのパソコンにアプリケーションをインストールし、ユーザー登録を行うことで、合奏に適したさまざまな機能を利用してオンラインセッションを無料で楽しむことができます。

ベータ版を無償公開中

2020年4月9日現在、SYNCROOMはベータ版が無償公開中で、ご自宅からでも今すぐみんなで合奏が楽しめます。

『SYNCROOM』に先行して、ほぼ同等の機能を持つベータ版サービス「NETDUETTO β2 」※を公開中です。以下のサイトより、Windows / macOS版アプリケーションをダウンロードのうえ無料で利用できます。

「NETDUETTO ラボ」https://www.netduetto.net/

※現在提供中の「NETDUETTO β」および「NETDUETTO β2」は2020年秋頃にサービス終了となる予定です。『SYNCROOM』への移行にあたり、改めてアプリケーションのインストールが必要となります。

NETDUETTO "β2"の使い方

NETDUETTよくある質問:動作環境など(FAQ)

オーディオ・インターフェース新製品一覧は ⇒ こちら

「dawソフト」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ