指ドラム(フィンガードラム)入門

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。


スネア、タム、キックのコンビネーション

アップテンポの8ビートなどで効果的かもしれません。運指は一例ですが、タム回しとキックを「ラー・ファ・ド」という比較的楽な運指に置き換えてます。これの応用で6(3)連とかでやるとハッタリの効くフレージングが可能です。

フラムフレーズ

指ドラムで一番やっかいなのが「ロール(Roll)」や「フラム(Flam)」系のフレーズ。「ロール」は連続で叩く奏法(ダララララ~というあれが有名)で様々なバリエーションがあります。フラムというのは、2本のスティックですばやくLR(RL)と叩いて装飾音をつける奏で、2つの音の間隔や強弱には同じくいろいろなバリエーションがあります。

このイントロのドラムフィルは「RLLRRL」のSix Stroke Rollでしょうか?

このテンポで6連符(しかもベロシティー弱めからクレッシェンド)はさすがにキツイ。こうした場合は音源側でフラム、ロール音色を用意するのがよいでしょう。前述の通り強弱も間隔も千差万別なので、1種類のフラム音色だけでは面白くありません。そこで複数のキーにスネア音色を用意して使い分けるのが良いと思います。

なお、あなたがドラマーでない場合、こうしたゴーストノートの耳コピをする際は、専用アプリを使ったり、波形編集ソフトなどでスピードを二分の一速などにして聴くと上記の様なフレーズも聞き取りやすくなります(サンプリングレートのみを半分にするとできますが、音程もオクターブ下がるのでバスドラとタムの違いに慣れるまでチョット時間がかかるかもしれません)

まとめ

今回はキーボードを使った指ドラムを取り上げましたが、これがMIDIパッドになってもはぼ応用が利くと思います。また今回のようにGMマップにこだわる必要はなく、音色は自由にマッピングして「叩きやすい」セッティングを作ってください。そもそも生のドラムと指ドラムは発音の仕組みがまったく異なるわけで、限界がありますが、雰囲気が出ればOK!という気持ちで楽しんでみてはいかがでしょうか!

それでは~

【関連記事】

耳コピに最適なおすすめソフト&アプリ

【オススメドラムソフトウエア音源】


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

本記事の動画はハンディーレコーダー ZOOM Q8 で収録しました。


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

GarageBand

GarageBand

Apple無料posted withアプリーチ

「プラグイン・ソフト」タグの関連記事

続きを読む: 1 2 3 4

↑ページトップ