「ケロケロボイス」だけじゃない~声をもっと活用しよう~ヴォコーダーとピッチ補正、トーキングモジュレーター

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

こんにちはサカウエです。「声を楽器として使う」というのは、実はけっこう古くから行われておりまして、まずはこちらを御覧ください。

必見です!トークボックス、ボコーダー、オートチューンの歴史

スゴイですね~ビッグバンドで演ってたのは初めて見ました・・・声を楽器として使う・・・ではまずは身近なボコーダーあたりから攻めてみたいと思います。

ボコーダー機能付きのお手軽シンセ Roland JD-Xi


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

ボコーダーとは?

ボコーダー(ヴォコーダー)は、英語では “vocoder” 、これはvoice(声)+corder(符号化)を合わせたエフェクターで、現在では「ボコーダーの機能を搭載した」シンセも多く発売されています。 わかりやすく一言でいうと「ロボットボイス」が出せるエフェクター。鍵盤や外部の音声によって演奏することもできます。

YMOの「TECHNOPOLIS」で「トキオー」と言っているのがそれですね。

※この曲ではローランドのVP-330のプロトタイプが使われているらしいです。

原理

原理的には、入力音色(キャリア=例えばシンセのノコギリ波)と変調する音色(モジュレータ=例えば声)の2系統を用意し、それぞれをフィルターで分解した後、掛け合わせることで、シンセで声の音質を変調することになります・・・・・面倒くさい理屈は置いておいて・・・とにかくこれで声を楽器音として「演奏」することができるようになるわけです。

こちらはDAWで使えるフリーのプラグイン・ソフト、Togu Audio Line / TAL-Vocoder thumb_tal-vocoder-2

Korg volca keysをバックに、TAL-Vocoder(フリーソフト)を使ってクラフトワークの「ロボット」を歌っている動画

【関連記事】 【レビュー】アナログ・ループ・シンセvolca keysを試す〜クラフトワークの「ロボット」を再現してみた

ピッチ補正プラグインとボコーダーの違い

ボコーダーに似ている製品にDAW上で使用する「ピッチ補正プラグイン」というものがあります。

そもそも「ピッチ補正」というのは、音程の不安定な歌声や楽器のトーンを、デジタル信号処理することによって機械的に補正するもので、ボコーダーとは原理的には異なるものです。代表格はやはりなんといっても「Auto-Tune(オートチューン)」ですね。

これベタですが面白いです

本来は「少し音程が外れた箇所を目立たないくらいに修正しましょう」・・・という目的だったのですが、古くは1998年のシェールの「Believe」、2000年あたりからはダフト・パンク、T-Painといったアーティストが、音程を「極端に補正した」いわゆる「ケロケロボイス」を多用し今に至っています。

【関連記事】

Antares Auto-Tune Pro 業界標準ボーカル補正ソフトウェアの最新作

【レビュー】Cubase7でボーカル・ピッチ補正機能を試す。


続きを読む: 1 2 3 4

↑ページトップ