こんにちは!杉浦です!

今回はオーボエの修理フルコースです!
フルートクラリネットのフルコースは
多く作業しますが
オーボエは演奏人口が少ないので
とってもレアです!必見です!

それでは作業に入りましょう!

見るからに変色してる

今回は、中古購入された楽器だそうです。

こちらの記事にもある通り、中古品は
届いてすぐ吹ける(調整済み)
又は、購入者が調整する前提
どちらの状態なのかが重要です。

また、調整済みであっても
1年程経つと、状態が変化してきます。

届いてすぐに使いたい場合
「最終調整はいつか?」
をよくご確認下さい。

もし、要調整or不安がありましたら
ぜひご相談下さい!

さて。
お客様は、キィの黒ずみが気になり
お預け頂きました。

銀の変色については
こちらに詳しく書きました。
銀のお話前編
銀のお話後編

また、技術者目線で見ると
・タンポの傷みや汚れ
・キィやネジの固着(動かない)
があり、音を出すのが難しそうです。

キィ磨きを行いつつ
全体調整も行いましょう!

キィ磨き

分解した後、最初に行うのは
キィ磨き(黒ずみ落とし)です。

磨く際、タンポを痛めてしまうので
タンポ交換の前に終わらせます。

一心不乱に磨いたので
キィは輝きを取り戻しました!

がしかし。
まだ最初の工程なのに
私のHPは残りわずか…。

世界一の楽器!

ちなみに、オーボエは世界一難しい木管楽器
(@ギネス)として有名ですよね。

実は演奏だけでなく
調整もシビアで難しいんです!

理由は、キィの多さ

キィが多いということは、その分
連動する場所が多くなります。

バランス良く、キィが閉じないと
正しく音が出せなくなります。

この、超繊細な連動システムと、
息が入りにくい内径の狭さによって
世界一難しい楽器となるのです。

HPが回復してきたので
話を戻しましょう。

磨きの注意点

ザラザラ・ポツポツしてるのは
メッキが弱くなっている場所です。

磨くことで剥がれたり
表面にくすみ(ぼやけてる感じ)
が残るので、ある程度までとなります。

木部クリーニング・ワックス塗布

汚れを取り除いた後、
木部の保湿と撥水加工として
オイルを塗り込みます。

タンポ・コルク交換

ラストは、消耗パーツの交換と調整です。

軟物(なんぶつ)と呼ばれるキィコルクも
全て新しくします。

軟物のお話はこちら
押すとカチャカチャ 要・調・整のサイン

サビを落としたことで
動かなかったキィが、閉じるようになりました!

交換後は、音孔(穴)に合わせて
角度調整を行い、キィが連動するよう
バランス調整を行います。

ジョイントコルクの交換はこちら
コルクは生きているか

完成!

終わりました!長かったぁ…(涙)

メッキが弱くなった部分が多く
目を凝らすと少し黒いですが
遠目だと、全然分からないですね!

これなら練習頑張れそうですね!

今回の修理は
・全タンポ交換(キィコルク交換含)
・ジョイントコルク交換2ヶ所
・管体ワックス塗布(クリーニング含)
・ネジ固着外しと動作修正
・キィ磨き
 です。

修理・調整代 税込130,350円(送料・パーツ代別)

※別途加わるパーツ代は、モデルにより変動します。
※キィメッキが弱くなっている場合、
 磨きはある程度までになります。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

管リペアセンター杉浦

中高6年間をトランペットとコルネットの二刀流で部活漬けの毎日を過ごしてきました!全国の皆様からのご依頼、心よりお待ちしております!

管リペアセンターの店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.27【洗浄キャンペーン実施中!】

広島パルコ店

こんなこともあるのか~ピッコロ編~

管リペアセンター杉浦

へこみ直しシリーズ~トロンボーン抜差管口歪み編~

管リペアセンター杉浦

簡単!サックスタンポのセルフチェック

管リペアセンター河村

フルート・フルコース その2

管リペアセンター杉浦

そのクラリネット、もしかするとちょっと大きくなってるかも

そのクラリネット、もしかするとちょっと大きくなってるかも

管リペアセンター山下

品番、製造番号どこにある? ー2.金管楽器編ー

管リペアセンター富田

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.31【楽器の変色実験】

広島パルコ店

へこみ直しシリーズ~ベルへこみ歪み陥没曲がり~

管リペアセンター杉浦

ホルンを拭く様子

ホルンも拭き(吹き)上手になろう!

その他スタッフ・アーカイブ