こんにちは!杉浦です!

今回は木管楽器のジョイントコルクです!
壮大なタイトルを付けてしまいました!!!!


こまったこまった

早速今回の楽器を見てみましょう!
どーーーーーん!!!

ありゃ。
クラリネットのジョイントコルクが
剥がれていますね。

「まだ1年しか使ってないんです…」

ありゃありゃ。それは大変。
ですが質問をしたらすぐに原因が分かりました。

杉「ジョイントグリスは使ってますか?」
「はい!使ってます!」
杉「では演奏後、コルク部分のお手入れはしてますか?」

「……え、何かするんですか?」


コルク剥がれの原因

今回の場合は、楽器の状態と問診から
グリスによって接着剤が弱まったと考えられます。

じゃあグリスは使わないほうが良いの!?!?

いえいえ、そういうことではございません。
正しく使えばグリスは怖くありませんよ♪


お手入れ忘れがちポイント

先程の写真、グリスのはみ出しが
ジョイント角にべったり残っていました。

ここを見て先程の質問をしたのですが
案の定、グリスを拭きとったことが無いようです。

これがコルクにとって負担がかかる状況!
というのも、グリスは拭きとらないと
コルクにじわじわと浸み込んでいきます。

時間をかけ奥まで到達したグリスは
接着剤を弱めてしまいます。
すると前触れなく突然コルクが剥がれます。(怖っっ)

他のジョイント部分にも
グリス残りがありました。

もちろんジョイントが固く感じる方は
グリスを使って頂いて構いません!

グリスを使わず固いまま頑張っちゃうと
強く握って二次災害が起こるかもしれませんし
グリスが要らない位スカスカだと
きちんと固定されず、音も響かなくなります。

ですので、グリスを使う場合は
演奏後、必ず拭き取って下さいね!
コルクと共にジョイントの角、
そして受け側の木部も忘れずに!!

あと、スワブでは拭かないでね!
ティッシュで拭いてね!!
(注意点多くてごめんなさい)


コルクをつけましょう!

では!新しいコルクをつけていきましょう!


①お掃除

まず、コルクをつける部分をキレイにします。
コルク片や接着剤の残りを全て落とします。

修理の基本はお掃除から!
角に残ったグリスもスッキリ~♪


②コルクの準備

コルクの大きさや厚みは個体により千差万別。
大きいコルクシートから楽器に合わせてカットします。

これはキィコルクと一緒ですね☟☟☟
ブロックコルクの変身

新しいのと見比べると、色が全然違う!
いかにグリスが浸み込んだのかが分かります…。


③貼り付け・成形

コルクを貼り付けたら終わり!
ではなく、厚みの調整と成形をします。

このままでは分厚くて組み立て出来ません。
調度良い厚みになるよう削り
引っかけて剥がれないよう角を落します。

これは数値や型は無いのでセンスです!

途中で何度かジョイントしながら
楽器に合わせて感覚で削っていきます!
(すごい職人っぽいこと言ってる)

完成

完成したのがこちら!!

角張っていた成形前と比べて
絶妙なカーブが付いていますね。

コルクは弾力があって柔らかいので
使ってるうちに少しずつ潰れてきます。
ですので、長く使えるよう潰れ方を計算して
少しきつめの設定でお返しします。

そういう時は無理をせず
グリスを使って下さいね!


コルクを長持ちさせるには?

今回はグリスの扱い方により
コルクの寿命が短くなり、交換となりました。

では、本来のコルクの寿命は?

まず、コルクは消耗品です。
永遠はございません
(一生一緒にいてくれや~)

ですので、どんなにグリスを拭きっとっても
必ず寿命がきます。

剥がれだけなく、ジョイントがガタガタする(潰れすぎ)
古すぎる場合もコルク本来の役割を果たせず
音の響きや演奏効果を得にくいので
定期的な交換をオススメします。

練習時間や扱い方にもよるので
決まった期間はありませんが
2~3年が交換の目安です

剥がれていなくても交換が必要な場合は
お見積時にご案内しますね!

意外と忘れがちなコルクのこと。
是非気にしてあげて下さい!

その他消耗品についてはこちら☟☟☟
【速報!】修理用交換パーツが大量入荷!
フルートのヘッドコルクのお話


今回の修理はジョイントコルクの交換です。

修理・調整代 1ヶ所 税込み2,195円(パーツ代込・送料別)

※サックスのネックコルク交換等
場所や大きさにより金額が変わります。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

管リペアセンター杉浦

中高6年間をトランペットとコルネットの二刀流で部活漬けの毎日を過ごしてきました!全国の皆様からのご依頼、心よりお待ちしております!

管リペアセンターの店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

サックスの水滴の行方

管リペアセンター富田

【島村楽器のリペア】にクラリネットの修理出してみた!!~信頼できるリペアマンとの出会い~

その他スタッフ・アーカイブ

トランペットのマウスパイプの汚れを取る!

その他スタッフ・アーカイブ

バスクラリネットとエンドピン、改造記録!

管リペアセンター山中

こんなこともあるのか~木管楽器編~

管リペアセンター杉浦

掃除後の汚れ

こんなこともあるのか~金管楽器編~

管リペアセンター杉浦

リペアガール岡の ”管がえる人” Vol.1

広島パルコ店

クラリネットのスワブつまりの解消

管リペアセンター杉浦

楽器にも発生します!

管リペアセンター富田

楽器がへこむと 人もへこむ…

管リペアセンター杉浦