皆様、こんにちは。
弦楽器技術スタッフの高瀬です。

最近は急に冷え込みましたので、少しでも寒さを緩和させようと思いカーテンを新調しました。
(以前使用していたカーテンは引っ越し前の住居で使用していましたので、今の我が家には少し小さく、窓から隙間風が容赦なく入ってくるもので…)
どうせなら遮光性も良い物にしようという軽い気持ちで、遮光性が一番高い性能のものを発注したのですが…
効果がありすぎたのか、日中もカーテンを閉めて電気を消すと、辺り一面漆黒の世界が広がります。
性能が良過ぎました。

本日は、チェロのペグ交換(木製)についてご紹介致します。


チェロのペグ交換

ペグ交換については以前のブログでもご紹介しています。

チェロのギアペグ交換について

ヴァイオリンのペグ交換について

作業内容はヴァイオリンのペグ交換と同じなので、作業工程が気になる方は是非ご覧ください。


ペグの状態

今回お預かりした楽器のペグはこのような状態です。

ぱっと見は健康で、長さも特に問題ありません。
通常であれば簡単なペグ調整を行うか、あるいは見た目を変えるためにペグの種類を変更する、ギアペグに変更する…
という修理内容になります。
しかし、今回はこちらのペグに交換します。

ギアペグでもなければ、ローズウッド材でもなく現在使用しているペグ材と同じ色の『黒檀材』です。
なんでわざわざ同じ黒檀材に…?
と疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、答えは簡単です。

実は現在使用しているペグ材は、黒檀ではなく『白木を黒く染めて黒檀のように染色した材』です。
写真を見て頂ければ一目瞭然ですが、ペグとペグ穴が接触する箇所の染料が無くなり、本来の色が表れています。
もともとは「チューニングが行いにくい」というご相談を頂いたのでペグ調整を行う予定でしたが、ペグ材の状況から判断して、ペグの交換をご提案させて頂きました。
というのも、本来は黒檀や柘植材のように硬い材を使用する部位に、柔らかい白木を使用しているという訳なので…
調整してもすぐにペグが変形してしまいます。
そうすると毎回毎回ペグの加工を行う必要があるので、いっそのこと交換してしまおう、という事になりました。


ペグ以外も…

ちなみに、ペグ以外の材も黒く染めていたことが発覚しました。

上ナット材も白木ですね。
この様子だと、おそらく指板やサドルも白木材でしょう。
このような染色は珍しい事ではなく、比較的低価格帯の楽器にはよく見られる方法です。
低価格販売の為にコスト削減、という観点から見れば「価格面」では優秀ですが、長期使用を考えると今回のようにメンテナンス代が高く付いてしまいますね。


ペグ交換

それでは、ペグの交換を行います。
詳しい手順については冒頭にリンクを貼ってありますので、「ヴァイオリンのペグ交換について」をお読みください。
ヴァイオリンのペグ交換はさほど体力を使わないのですが、チェロは(個人的に)かなり体力を消耗してしまいます。

画像の通り、かなりの量のペグを削るのですが…
確実に指がタコまみれになります。
(作業途中でこの量なので、終了時にはこの5倍程の木屑が生産されます)


ビフォーアフター

残念ながら見た目に大きな変化はありませんが、ビフォーアフターです。

【Before】

【After】

やはり見た目に変化はありませんでしたが、中身が「白木」→「黒檀」
へと変化しています。


おまけ

ご紹介したビフォーアフターがぱっとしませんでしたので、ここ最近行った「表板の傷修理ビフォーアフター」もご覧ください。
画像だと分かりにくいですが、結構深く抉れています。

【Before】

【After】

いかがでしょうか。
ペグの交換よりも変化がお分かりいただけると思います。
こちらは「アジャスター」が表板と衝突して出来てしまった傷でして、専用の充填剤で傷を充填後にニスでリタッチを行っています。
この修理に関してはとても分かりやすい説明がありますので、詳しくはこちらをご覧ください。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

マークイズ福岡ももち店高瀬

弦楽器技術者の高瀬です。楽器の調子が悪い、音をもっと良くしたいと思いましたら、ぜひご来店ください。皆さまをお待ちしています!

マークイズ福岡ももち店の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

ヴァイオリン弓の革貼り

ヴァイオリン弓の革貼り ~スティック保護~  【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

【弦楽器工房ブログ】毛替え . 1

マークイズ福岡ももち店高瀬

弓の革巻き画像

【マイスター工房通信】弓の革巻きについて

シマムラストリングス秋葉原森貝

分数ヴァイオリンの指板染め直し【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

【マイスター工房通信】ボタン修理のお話

シマムラストリングス秋葉原石川

バイオリンのお手入れ

バイオリンのお手入れ

コクーンシティさいたま新都心店藤村

毛替え .3(毛の選定) 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

1日で出来る音の変え方 5つのこと ~駒による変化編~ 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

弓の巻き線~銀線巻き直し修理~  【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

チェロの駒足削り 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬