皆様、こんにちは。
弦楽器技術スタッフの高瀬です。




テレビや漫画等で、スナック菓子の袋が開かずに苦戦し、結果中身を散乱させる…というお決まり場面がありますよね。
今までそんなのは笑いのための過剰表現だと思っていたのですが、昨日見事にやってしまいました。
台所で掃除機をかける羽目になりますので、皆様はお気を付けください。




本日は駒の溝補強の修理事例を簡単にご紹介します。


駒の溝補強

今回の楽器はとある事情により駒溝が痛んでいるので、駒交換ではなく補強を行います。
まずはこちらをご覧ください。


修理前の状態(再現)

写真の撮り忘れにより、ダメージを再現した駒になりますのでご了承ください。

白丸で囲ってある部位に、何故か溝が2本通っています。

上のアングルから見るとこんな感じです。
おそらく一度弦が緩んだ際に弦が溝から脱線し、少し離れた所で固定されてしまった、という状況で数年放置された結果だと思われます。
通常は駒のアーチ修正で溝をリセットをすれば解決するのですが、こちらの方法は駒の高さにある程度余裕がないと行えません。
今回の駒は高さがギリギリでこれ以上低くできない、という数値でした。
この場合は駒の交換対応になるのですが、予算の関係で交換も難しい…ということになり、急遽溝の埋め直し補強を行うことになりました。


黒檀で補強

修理方法はとてもシンプルで、駒の痛んでいる部位を綺麗に取り除き、取り除いた部位に合わせて黒檀を埋める、という流れです。


補強後

黒檀で補強後はこのようになります。

ワンポイントで黒いので、個人的には好きな見た目です。
ちなみに、大抵はオールド楽器のE線駒溝に補強しているものが多いです。
良い駒を使っているけど溝が陥没し過ぎている、小さな割れが入ってしまった…などの理由です。
中には新作で、最初から補強を施してある駒も見たことがあります。
なかなか目にすることの無い修理ですが、駒交換は予算的に厳しい、気に入っている駒なので使い続けたい、という場合にはお勧めです。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

岩田屋福岡店高瀬

弦楽器技術者の高瀬です。楽器の調子が悪い、音をもっと良くしたいと思いましたら、ぜひご来店ください。皆さまをお待ちしています!

岩田屋福岡店の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

変わった色の革巻き交換 【弦楽器工房ブログ】

岩田屋福岡店高瀬

弓 フロッグ修理~内部の亀裂接着~ 【弦楽器工房ブログ】

岩田屋福岡店高瀬

毛替え . 4 (毛替えのタイミング、毛詰め) 【弦楽器工房ブログ】

岩田屋福岡店高瀬

買取楽器の調整~チェロ Clement&Weise~   【弦楽器工房ブログ】

岩田屋福岡店高瀬

一日で出来る音の変え方 5つのこと ~魂柱による変化編~ 【弦楽器工房ブログ】

岩田屋福岡店高瀬

1日で出来る音の変え方 5つのこと ~駒による変化編~ 【弦楽器工房ブログ】

岩田屋福岡店高瀬

弓の馬毛を食べる『毛喰い虫』について 【弦楽器工房ブログ】

岩田屋福岡店高瀬

買い取り楽器調整~完成~ 【弦楽器工房ブログ】

岩田屋福岡店高瀬

ヴァイオリンの駒は何グラム削るのか ~未加工⇒加工後の重量変化~  【弦楽器工房ブログ】

岩田屋福岡店高瀬

チェロ横板割れ修理 ~応急処置~ 【弦楽器工房ブログ】

岩田屋福岡店高瀬