皆様、こんにちは。
弦楽器技術スタッフの高瀬です。

今回は弓のフロッグ修理について、簡単にご紹介致します。

フロッグ修理~雌ネジ交換~

弓のスクリューを何度回しても毛が張らない、空回りする…
こんな症状に出くわしてしまったら要注意かもしれません。
このような症状はほとんどの場合、雌ネジの摩耗によりネジ穴が拡がっている場合が多いです。
なので必然的に、この症状は何年も愛用している弓やオールド弓に多く見られます。

ちなみに雌ネジはフロッグの裏側に付いているので、普段皆さんは目にしない部位になります。画像のフロッグ底面に付いている真鍮パーツが雌ネジになります。

この度お預かりした弓も長年の使用により雌ネジが摩耗しており、スクリューが空回りします。
幸いなことにスクリュー部は健康な状態でしたので、雌ネジのみ交換を行いましょう。

修理前

通常ネジは回さないと奥に入っていきませんが、この弓のネジは…

軽く押し込むと…

一気に奥まで入り込んでしまいます。
これでは馬毛を張れるはずもありませんので、ネジを新しく交換します。

ネジ取り外し、新しいネジ穴を用意

まずはネジを外し、既存のスクリューネジ溝に合うパーツを見つけます。

比べてみると、少しネジ穴が拡張していることがお分かりいただけると思います。

左がオリジナル、右が新品のネジ穴パーツです。

ネジ穴埋め直し

フロッグに固定するネジ部の径が、新品のパーツに対して小さいかほぼ同じなら良いのですが、今回は僅かに大きい径になります。
このままではネジが固定できませんので、フロッグの穴埋めを行います。

材のフィッティング

フロッグの穴にフィットするように、黒檀材を削ります。

接着

ジャストフィットする太さになりましたら、接着剤を使用し黒檀材を接着します。

接着後余りの材を切り落とし、再び穴を開け直すと完成となります。

修理後

穴を開け直し、新しい雌ネジを入れました。

フロッグを戻してスクリューを回してみましたが、問題なく動いたので完成となります。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

マークイズ福岡ももち店高瀬

弦楽器技術者の高瀬です。楽器の調子が悪い、音をもっと良くしたいと思いましたら、ぜひご来店ください。皆さまをお待ちしています!

マークイズ福岡ももち店の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

指板が剥がれた時の対処法 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

【3月8日更新】弦楽器リペアだより 3月号

シマムラストリングス秋葉原髙田

弓の反り直し 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

弓のクリーニング、パーツ交換 ~ビフォーアフター~【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

楽器ケースの修繕

【弦楽器工房ブログ】楽器ケース修理 

マークイズ福岡ももち店高瀬

買い取り楽器調整~リタッチ、ニスコーティング~ 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

【マイスター工房通信】弓スクリューの装飾修理について

コクーンシティさいたま新都心店藤村

カラー毛替え ~4色バージョン~  【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

マイスター茂木 技あり通信1 / クレモナ製ヴァイオリン・ニス完全修復

シマムラストリングス秋葉原茂木

コントラバス弓毛替え(黒毛&白毛ミックス)

弦楽器リペアだより11月号

シマムラストリングス秋葉原髙田