皆様、こんにちは。

弦楽器技術スタッフの高瀬です。

最近、youtubeで「全国の自販機蕎麦を紹介する動画」や「インドの屋台料理を紹介する動画」を視聴することが多いです。

食べ物系ばかりですね。

このような動画ばかり見ているとやはり実際に食べてみたくなるものでして、昨日、インターネットで全国の自販機蕎麦の設置場所を調べてみました。

そうしましたら、なんと私の出身地である群馬県が全国で一番設置台数の多い県であることが判明しました。

20年近く住んでいたのに全く気が付きませんでした。

(九州では鹿児島県にしか設置されていないそうです…)


本日は

  • ニスコーティング
  • 駒加工

を行わせていただきました。

ご来店いただき、ありがとうございます。

あご当ての締め方

ヴァイオリン、ヴィオラを弾こうとした時に

「楽器を構えるとあご当てからミシミシ音が鳴る」

「あご当てが動く」

「演奏するとあご当て付近から雑音がする」

…という経験はないでしょうか。

これらの症状は全てあご当ての緩みから発生しています。

当工房にご来店いただいたお客様の内、実は3人に1人の割合で楽器のあご当て金具が緩んでいます。

(なかなか自分では気が付けないので、知らずに使っていたという方がほとんどです)

私の楽器は大丈夫!

と思っている方も念のため確かめてみてください。

あご当てを軽く上下に揺らして、少しでも動いたら緩んでいるサインです。

では、あご当てが緩んでいたら至急工房へ…

となるほど大事ではないのでご安心ください。

適切な方法さえ知っていればご自身で簡単に直せてしまいます。

今回は、自分で出来る「あご当ての適切な締め方」について、簡単にご紹介していきます。

適切なあご当ての締め方、手順

1. あご当ての状態確認

まず、片手であご当て全体を持って軽い力で揺さぶって下さい。

(あまりに強い力で動かすと楽器破損に繋がるので、気を付けてください)


2. あご当てのネジ締め

動かなければそのままで、カタカタ動いた場合は専用の道具でネジを締めます。

下画像のように見た時、あご当ての金具に穴が開いているのがお分かりいただけると思います。

この穴に専用の道具『あご当てレンチ』の先端を通し、画像に対して

右回転=あご当てが締まる

左回転=あご当てが緩む

これで調節します。

今回は締める作業なので、右回転です。

この時の注意点は『締めすぎない』『左右の金具を均等に少しずつ締める』ことです。

締める加減が分からない、という方は以下のお勧めの方法をお試しください。

まず左回転で両金具を2~3周緩めて、再び左右の金具を均等にゆっくりと締めます。

この時、抵抗なくスムーズに回転する感覚を覚えておきます。

金具が締まり始めると急に抵抗を感じる(重くなる)ポイントがあるので、このポイントにきたら一旦ストップします。

ここで1の手順であご当てを揺さぶり、動かなければ終了、動いたらネジを1~2mm動かして締める、を繰り返します。


3. あご当てコルクの確認

しっかりと締まったことを確認したら、最後に「あご当てコルクと楽器本体に隙間が無いか」チェックしてください。

下画像(隙間有の状態)のように覗くと分かりやすいと思います。

もし画像のようにコルクと楽器本体に隙間があった場合、工房へお預けください。

あご当てのコルクと楽器本体に隙間があると

  • あご当てがずり落ちてくる
  • しっかり固定しても、構えた時にあご当てが動く
  • 楽器(ニス)を傷つける

と、良い事がありません。

必ずあご当てコルクと楽器本体が隙間なく密着した状態で使用してください。

締めすぎた場合

万が一あご当てを締めすぎてしまった場合…

最悪の場合、楽器が割れてしまいます。

運良く楽器が割れずに済んだとしても、締めすぎたまま長期使用するとこのように横板が歪んできてしまいます。

締めすぎにはご注意ください。

金具の位置

楽器によっては、このようにあご当ての金具が表板に接触している状態のものもあります。

これは表板を傷つける(凹ませる、欠ける)行為なのでお勧めできません。

このような状態の場合、一度あご当て金具を完全に緩めて外し、ネジと金具を付け直して調整して下さい。

不安な方は工房へお持ちいただければ、適切な位置に調整致します。

専用の道具

先ほどご紹介した専用の道具「あご当てレンチ」とは、このような道具です。

金属製のものは正規品で、ペグ状のものは当工房で作成したレンチです。

楽器店(弦楽器専門店)へ行けば販売している可能性が高いです。

この後あご当てレンチの代替品について触れますが、正規品を使用した方が安全性が高いです。

また、あご当て金具の種類によってはあご当てレンチが穴に入らないことがあります。

その場合は代替品をご使用下さい。

あご当てレンチの代替品

手元に専用の道具がない、最寄りの楽器店で販売していない…

という方にお勧めの代替品がこちらの2種類です。

木製の工具は「くじり」と呼ばれるもので、一般家庭にはあまり無い…ですよね。

ただ、これに似た形状のものがあれば問題ありません。

「錐」「たこ焼きピック」「アイスピック」などがあれば、もしかしたら使えるかもしれません。

※注意点

これらの工具を金具の穴に対して、深く刺しすぎると楽器の横板が傷付きます

必ず浅めに刺してご使用ください。

もう一つは『ダブルクリップ』です。

これは本当にお勧めです。

このクリップ、ご存知の方も多いかもしれませんが、持ち手部は内側に力を加えると簡単に外れます。

この曲がり具合が丁度良く、楽器を傷つけるリスクも抑えられます。

一般家庭にもこのクリップならどこかにある確率は高いと思いますので、是非お試しください。

(小、中、大サイズ全て試しましたが、全て使用可能です。汎用性が高いのは中サイズです)

※大サイズはあご当て金具の種類により、入らないものもあります

最後に

何度締め直しても時間が経つと勝手に緩む、締めるとあご当ての角度が急になる…

という方は、無理にご自身で直さずに一度工房へお持ちください。

そもそもの金具取り付け角度がズレていたり、金具に不備があるあご当ても稀に存在します。

実はあご当てに亀裂が入っていて金具が動いていた…

という怖いこともあり得ますので、毛替えと一緒に定期点検はいかがでしょうか。

あご当ての状態もしっかり確認させていただきます。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

マークイズ福岡ももち店高瀬

弦楽器技術者の高瀬です。楽器の調子が悪い、音をもっと良くしたいと思いましたら、ぜひご来店ください。皆さまをお待ちしています!

マークイズ福岡ももち店の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

駒の反り、傾き 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

弓のスクリュー調整

【弦楽器工房ブログ】弓のスクリュー調整

マークイズ福岡ももち店高瀬

弦楽器リペア便りVol.1 ~弦楽器の点検って何を見ているの?~

グランフロント大阪店吉村

【7月19日更新】弦楽器リペアだより 7月号

シマムラストリングス秋葉原髙田

【10月24日更新】弦楽器リペアだより 10月号

シマムラストリングス秋葉原髙田

【3月23日更新】弦楽器リペアだより 3月号

シマムラストリングス秋葉原髙田

サイレントヴァイオリンの調整 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

【マイスター工房通信】ボタン修理のお話

シマムラストリングス秋葉原石川

【マイスター工房通信】f-wing割れ修理について

シマムラストリングス秋葉原鍵主

『弦楽器初心者さん向け』はじめてのヴァイオリン~管理方法など~ 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬