皆様、こんにちは。

弦楽器技術スタッフの高瀬です。


先日、我が家のお米が遂に底を突きました。

恥ずかしながら今まで1度もお米を買ったことがありませんので(関東に住んでいたころは実家で作ったお米をいただいてましたので、、、両親に感謝です)、本日人生初お米をスーパーで買う予定です。

相場や品種に対してほとんど無知なので、何を買うかとても悩みます。


本日は

■ 毛替え2本

■ スクリュー調整

■ ペグ調整

■ 割れ修理

を行わせていただきました。

ご来店いただき、ありがとうございます。





プレイングサイドの張り具合

1つ前のブログ「弓の反り直し」の中で、毛替えの際の張り具合の設定とプレイングサイドについて軽く説明させていただきました。

プレイングサイドについて書いている時、そういえば数か月前に

「張り具合を変化させてヴァイオリンの弾きやすさは変わるのか」

という実験を行っていたことを思い出しましたので、、、

(時間がとても経過していますが)結果を書いていきたいと思います。



ヴァイオリンのプレイングサイド

前回も説明しましたが、弦楽器には「プレイングサイド」と呼ばれるものがございます。

ヴァイオリン、ヴィオラプレイヤーの方なら分かると思いますが、楽器を弾く際、弓を若干ネック側に傾けて演奏します。

(チェロは反対方向に傾けます)

分かりやすいようにかなり大げさに傾けてありますが、下画像の弓の傾きがヴァイオリンのプレイングサイドです。

実際に演奏してみると分かりますが、全弓で馬毛を全てベッタリ付けて弾くより、元弓に行くにつれて若干傾けた方が繊細な表現がしやすいと思います。




張り具合の調節

では、もしプレイングサイドの張り具合が強かった場合、弱かった場合にそれぞれどのような変化があるのか、、、

これを確かめるために、同じ弓・同じ馬毛を使用し、実験を行いました。


行う内容は、下の画像を見た時に

■ 左右同じ張り具合でフラットに毛を張る

■ 左側(プレイングサイド)を極端に強くする

■ 右側を極端に強くする

これらの変化を与え、弾き心地がどのように変わるかを確かめます。


毛替えの際に張り具合を調整する手段として、最も良い方法は「毛の結び目の角度を傾ける」という方法です。

この画像だと、毛の結び目に傾きはありません。

結び目を左上がりにするか、右上がりにするかで馬毛の張り具合が変わります。

しかし、この方法だと毛替えを3回行わないといけませんので、、、



今回は「ヘッドの楔の厚みを変える」という方法で試します。

材の厚みを変えてしまうと、楔の耐久度の低下に繋がるので普段はあまり行いませんが、今回のような実験では

・3つ楔を用意すれば、楔材だけですぐ張り具合の変更が可能

・1度の毛替えで済む

・張り具合の微調整が可能

と、とても都合が良いです。


上の画像から、フラットに張る用の楔、プレイングサイド強め用の楔、プレイングサイド弱め用の楔です。

プレイングサイドが強め、弱め用の楔材は、左右の厚さが異なっているのがお分かりいただけるでしょうか。

(ピントが楔材ではなく、私の手に当てられています。申し訳ございません。)

(実験の為、極端に削っています)

この厚みの変化により、馬毛の出る長さが左右で異なります。

結果、楔材に厚みのある側の張り具合が強くなります。



弾き心地

一人の感想だと結果に偏りが出る可能性がありますので、今回は

当店弦楽器アドバイザーの【間藤さん】

当店ヴァイオリン講師の【遠原先生】

お二人にも協力していただき、感想をお聞きしました。



試す順番は以下の通りです。

1.フラットな張り具合(通常の毛替え)

2.プレイングサイド弱めの楔

3.プレイングサイド強めの楔

(弾き心地の感想は、遠原先生、間藤さん、高瀬の意見をまとめたものです)




1.フラットな張り具合(通常の毛替え)

こちらは特に感想は確認していません。

オリジナルの状態はどういった弾き心地かを確認してもらいました。



2.プレイングサイド弱めの楔

・最初はあまり気にならないが、弾きこむと違和感を感じる

・弓の食いつきが物足りない

・ボウイングがぶれやすい

・スカスカする

・力強く弾きにくい

・弓竿が弦に当たりそうで怖い



3.プレイングサイド強めの楔

・フラットよりも安定して弾ける

・(弱めと比較して)かなり弾きやすくなった

・馬毛が吸い付いてくれる感覚

・音量が出ている気がする





以上の結果となりました。

やはり、プレイングサイドの張りが弱いと弾きにくくなるのは間違いなさそうです。


最後に

この結果だと「プレイングサイドの強め設定が一番良い」となりそうですが、必ずしもそういう訳でもありません。

試していただくと好みがわかると思いますが、フラットの方が弾きやすいという方もいらっしゃいます。

「食いつきがもっと欲しい、力強く弾きたい」という方には、プレイングサイド強め設定がお勧めです。

(プロのプレイヤーでも、プレイングサイド強めを好む方は多くいらっしゃいます)

フラットに張るか、プレイングサイドを強めに張るか、、、

毛替え前にご指定いただければ変更可能ですので、興味のある方はどの程度強く設定するかお伝えください。

お好みの張り具合で毛替えを行います。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

マークイズ福岡ももち店高瀬

弦楽器技術者の高瀬です。楽器の調子が悪い、音をもっと良くしたいと思いましたら、ぜひご来店ください。皆さまをお待ちしています!

マークイズ福岡ももち店の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

弦楽器リペア便りVol.1 ~弦楽器の点検って何を見ているの?~

グランフロント大阪店吉村

弓 フロッグ修理~内部の亀裂接着~ 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

弓の馬毛を食べる『毛喰い虫』について 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

駒交換 ~ローハートタイプ~  【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

【4月12日更新】弦楽器リペアだより 4月号

シマムラストリングス秋葉原髙田

1日で出来る音の変え方 5つのこと ~駒による変化編~ 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

【弦楽器工房ブログ】毛替え . 1

マークイズ福岡ももち店高瀬

【3月23日更新】弦楽器リペアだより 3月号

シマムラストリングス秋葉原髙田

「あご当ての締め方」と道具の紹介 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

1日で出来る音の変え方 5つのこと ~テールピースによる変化編~ 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬