【FAQ】Cubaseのグレード間の違いが知りたい Cubase シリーズ機能比較

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

グレード感の機能の違いは主に

  • 最大トラック数
  • 内蔵エフェクト(プラグイン)の種類
  • 内蔵ソフトシンセ(プラグイン)の種類、音色数
  • コードアシスタントといった支援機能の有無

になります。ちょっとした打ち込みであればLEで事足りるが、将来的にパート数が多くなったりエフェクト処理を充実させたいという要望も出てくると思うので、最初からハイグレード版を導入するのがオススメ。

Cubase Pro 8 Cubase Artist 8 Cubase Elements 8 Cubase AI 8 Cubase LE 8
オーディオ機能
最大ビット/ サンプルレート 32bit/192kHz 32bit/192kHz 32bit/192kHz 32bit/192kHz 24bit/96kHz
最大オーディオトラック数 無制限 64 48 32 16
VariAudio
AudioWarp
VCAフェーダートラック
MIDI シーケンス機能
最大MIDIトラック数 無制限 128 64 48 24
譜面作成・印刷機能 ○(簡易) ○(簡易) ○(簡易) ○(簡易)
コードトラック
コードアシスタント ○フル ○(限定)
五度圏表示
近接コード表示
コードパッド
VST プラグイン・エフェクト
付属オーディオエフェクトプラグイン数 71 51 41 28 18
VST インストゥルメント
インストゥルメントトラック 無制限 32 24 16 8
付属VST インストゥルメント数 8 8 3 1 1
HALion Sonic SE 2 音色数 1410音色 1044音色 688音色 185音色 185音色
Groove Agent SE 4 音色数 179 179 96 - -

⇒FAQ:DAW、DTM、コンピューターミュージックに戻る

⇒FAQ:トップページに戻る

↑ページトップ