【FAQ】アクティブとパッシブの違いとは? 

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

アクティブとパッシブの違いとは?

【アクティブ】が付く名称にはアクティブスピーカー、アクティブピックアップなどがあり、【パッシブ】が付く名称にはパッシブスピーカー、パッシブピックアップなどがあります。

これらの違いは主に回路の違いになります。

簡単に言うと、

スピーカーでは

  • アクティブ:アンプ内蔵、電源必要。アンプとセットで低価格
  • パッシブ:アンプ非搭載、電源不必要。自由にアンプと組み合わせられる(カスタマイズ)
  • PAの場合は、アンプとスピーカーが別になっていたほうが、メンテや音量調節などで便利。

ピックアップでは

  • アクティブ
    •  アンプ内蔵
    • 電源(乾電池)必要。
    • ピックアップに電源が必要なものと、パッシブ・ピックアップ+プリアンプの2種類がある。
    • インピーダンス可変可能。EQ搭載モデルは音作りのバリエーションが豊富。
    • ノイズ比較的に少ない
    • 回路特有の音になる場合がある
  • パッシブ
    • アンプ非搭載
    • 電源不必要
    • 出力が小さくハイインピーダンス。
    • ノイズ比較的多い。
    • ピッキングのニュアンスが出やすいと言われている

両者の音色には違いがあるが、結局は個人の「好み」となる。

⇒FAQ:PA、スピーカー、アンプ、ケーブル、端子に戻る

⇒FAQ:トップページに戻る

スピーカー新製品一覧は ⇒ こちら

「pa-2」タグの関連記事

↑ページトップ

DTM安心サポート