【FAQ】サスティン(サステイン、ダンパー)ペダルを接続すると音が伸びっぱなしになる

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

メーカーによって極性が異なるためです。基本、シンセと同じメーカーの対応ペダルをお使いいただくことを推奨いたします。

ヤマハ、ローランドは同じ、コルグは逆。シンセと同じメーカーのペダルがおすすめですが、最近の機種ではキーボード本体側で切り替える機能がついていたりします。

例)roland FA06にコルグのペダル

MENU>SYSTEM>Hold Pedal Polarityで「Reverse」に設定する。「System Write」ボタンを押すと書き込まれる。※システム設定を保存しないと電源を切ると元に戻ってしまうため。

例)Korg KRONOSにYAMAHAのペダル

GLOBAL ⇒ Controllers/Scales ⇒ Controllers ⇒ Foot Switch & Pedal/Damper ⇒ Damper Polarity に進み、

(-)KORG Standard ⇒ (+) に変更

例)ヤマハのキーボード(refaceなど)にコルグのペダル

一度楽器の電源を切り、ペダルを接続しなおします。

<確認手順>

1.楽器の電源を切ります。

2.ペダルコード(プラグ)を抜きます。

3.再度しっかりと奥まで差し込みます。

4.楽器の電源を入れて動作を確認してください。

※電源を入れた状態でペダルを接続したり、ペダルを踏みながら電源を入れた場合、極性が逆になってしまいますのでご注意ください。

その他の機種の場合は、製品名、サステイン、ホールド、極性 をキーワードに検索。


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

FAQ:シンセサイザーへ戻る

FAQ:ステージピアノへ戻る

FAQトップページへ戻る


「ステージピアノ」タグの関連記事

↑ページトップ