【ボーカロイドうたわせてみたコンテスト 2014】「川柳部門」のうたわせ方
Tiny VOCALOID3 Editor編

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

ボーカロイドうたわせてみたコンテスト2014

Tiny VOCALOID3 Editorを使う方のための【ボーカロイドうたわせてみたコンテスト 2014】「川柳部門(せんりゅうぶもん)」の解説です。

VOCALOID(ボーカロイド)歌声ライブラリに付属するTiny VOCALOID3 Editorは、最大17小節(※)までの楽曲制作しかできないなどの機能制限があります。詳しくは、以下のWebサイトの「Editorの機能比較表」をご確認ください。

http://www.vocaloid.com/lineup/guide/

(※)川柳部門のバックトラックは約10小節

Tiny VOCALOID3 Editorで川柳をうたわせる

「SENRYU_TINY.zip」ファイルをダウンロード、解凍します。

0090    ⇒解凍   0089

Tiny VOCALOID3 Editorを起動し、解凍したフォルダ内の「SENRYU_TINY.vsqx」を開きます。(オーディオ・インターフェース等の環境設定は前もって行っておいてください)

0086

VOCALOIDトラック(上)WAV(STEREO)の2つのトラックが見えます。WAV(STEREO)には「琴~ イヨーッ、ポン」という効果音が入っています。

川柳(五-七-五)を入力しよう

VOCALOIDトラック(上)をクリックし、鉛筆ツール等でノートデータを入力します。つづいて川柳を入力します(歌詞の流しこみが便利です)

0087

0099

音量のバランスをとる

ミキサー画面を表示させ(F3キー)川柳と効果音のバランスを取ってください。

0088

※お好みでエフェクト等をかけてもかまいません。

ちょっとしたコツ

QUANTIZEをOFFにすると、発音タイミングの細かい補正ができます。またPITパラメーターを変化させることで微妙な音程の調節もできます。

0019

オーディオファイルとして書き出す(エクスポート)

オーディオ・ファイルとして書き出します。スタートとエンドポイントを設定し、再生箇所を選択し、「ファイル」>「エクスポート」>WAVEを選択します。

00111

44.1kHz、16ビットのWAVファイルで書き出してください。

0002

以上で終了です。

完成したら、コンテスト応募方法ページを確認の上、応募を行なってください。

【ボーカロイドうたわせてみたコンテスト 2014】川柳部門のバッキングトラックは、ローランド INTEGRA-7を使用して作成されています。


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

【関連記事】

【ボーカロイドうたわせてみたコンテスト 2014】うたわせてみた部門 VOCALOID3 Editor SEを使ったうたわせ方

【ボーカロイドうたわせてみたコンテスト 2014】うたわせてみた部門 VOCALOID Editor for Cubase NEOを使ったうたわせ方

【ボーカロイドうたわせてみたコンテスト 2014】川柳のうたわせかたVOCALOID™ 3 Editor編

【ボーカロイドうたわせてみたコンテスト 2014】川柳のうたわせかたCubaseシリーズ+VOCALOID Editor for Cubase NEO編

【ボーカロイドうたわせてみたコンテスト 2014】「作詞部門」のうたわせ方 VOCALOID™ 3 Editor編

【ボーカロイドうたわせてみたコンテスト 2014】「作詞部門」のうたわせ方</br>Cubaseシリーズ+VOCALOID Editor for Cubase NEO 編


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

«【ボーカロイドうたわせてみたコンテスト】トップページへ戻る

「ボーカロイドうたわせてみたコンテスト」タグの関連記事

↑ページトップ

DTM安心サポート