【NAMM 2016】KORGが謎のキーボード「Vox Continental」を参考出品中

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Vox Continental_1

2017/9/1追記:正式に発表されました。

The NAMM Show 2016においてKorg(コルグ)社が「Vox Continental」を参考出品しています。現時点ではモックのようで、詳細はまったく不明です。

オリジナルの「Vox Continental」は、1962年に発売されたトランジスターベースのコンボオルガンですが、Korg社の「Vox Continental」は確かに往年のモデルを彷彿させるルックスとなっています。パネル上にはLEDタイプの8本のドローバーのようなものが見えますので、オルガン系キーボードのようですが・・・

Korg社とノリタケ伊勢電子が共同開発した新真空管「NuTube」搭載という噂もあるこの「Vox Continental」、一体どんな楽器になるのでしょうか?正式リリースを待ちたいと思います。

Vox Continental_6

【関連記事】

Korgが新しい真空管「Nutube」を共同開発。真空管搭載製品を開発中

Arturia(アートリア)がビンテージオルガンプラグイン「Vox Continental V」を発表

「オルガン」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ