Arturia(アートリア)がビンテージオルガンプラグイン「Vox Continental V」を発表

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

03

アートリア社がビンテージオルガンのエミュレーションソフト「Vox Continental V 」を発表しました。

アニマルズの“House of the Rising Sun(朝日のあたる家)”, ドアーズの “ Light my Fire(ハートに火をつけて)”などでお馴染みのあのビンテージオルガン「Vox Continental 300」を完全エミュレート。また「Jennings J70」のボイスモードまでも搭載しており、それぞれの回路を切り替えることができます。

ドローバーセクションは実機を超えた豊富な拡張バリエーションを搭載。レスリーはもとより、ギターアンプシミュレーター、マイクモデリング、などのエフェクトも充実しています。

1960~80年一世を風靡したあの銘器が蘇ります。マニア垂涎の渋さが光りますね~

主な特徴

  • 「Vox Continental 300」の回路をフィジカルモデリング
  • クラシック・ストンプボックスなどのエフェクトを付加、デプスコントロールなど音色エディット可能
  • 4種類のギターチューブアンプ、ロータリースピーカー、マイク等のモデリングを搭載
  • エフェクト、各パラメーターへのMIDIマッピング

02

  • 搭載モデリングアンプ: Fender Deluxe Reverb Blackface, Fender Twin Reverb Blackface, Fender Bassman, Marshall Plexi, Leslie Speaker.
  • 搭載マイクモデリング: Shure SM57, Sennheiser MD 421, Neumann U 87.
  • 搭載エフェクター: Wah wah pedal, Overdrive, Flanger, Phaser, Chorus, Delay, Reverb.

01

「Vox Continental V」詳細

  • Dual manual Vox 300をエミュレート
  • Jennings J70 ボイスモードを搭載
  • クラシックなレッド/オレンジまたはUK Vox/Jenningsグレイのスキンを選択可能
  • アッパーマニュアル、ローワーマニュアル、ベースペダルセクション
  • 完全MIDIマッピング対応
  • マルチアウトエフェクト搭載
  • MIDIスプリット機能、マニュアルごとに独立MIDIチャンネル対応
  • Arturia Keylab MIDIキーボードに完全対応
  • VST, VST3, AU, AAX スタンドアローン対応

エクスパンドモード時

  • 各ハーモニック・セクションが完全ドローバー対応
  • 各セクションドローバーにに新規ウェーブフォーム搭載
  • ビブラート、トレモロ、リバーブ、オーバードライブなどのエフェクトを搭載
  • レスリー、ギターアンプシミュレーターアウトプット搭載
  • ショート&ロングディケイタイム対応のエクスパンド・パーカッション

サービスモード時

  • 実機と同じく各鍵盤ごとに独立したチューニング設定が可能
  • 実機の年代に合わせたキーコンタクトタイミングを調節可能
  • Vox 300とJennings J70の回路を切り替え可能
  • 実機の年代に合わせたノイズレベルを調節可能

動作環境

Windows:7/8

Mac OS X: 10.6 以上

対応ホストアプリケーション

  • Cubase 6 and 7
  • Live 8 and 9
  • Maschine 64bit
  • PT 9, 10
  • Pro Tools 11 AAX
  • DP 8 (Windows and MAC)
  • Sonar X 2
  • Reaper (latest)
  • Studio One (latest)
  • FL Studio 10

PC/Windows: 2 GB RAM; 2 GHz CPU

Mac (Intel Macのみ対応) : 2 GB RAM; 2 GHz CPU

発売日

2014年4月 予定

販売価格

近日発表

)

「プラグイン・ソフト」タグの関連記事

↑ページトップ