Jomoxのユーロラック・フィルターモジュールが進化!「T-Rackonizer」登場

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Top_2

Jomox(ジョモックス)社はユーロラックのフィルターモジュール「T-Rackonizer」を発表しました。

2基のフィルターとエフェクターで入力された音を思いのままに

T-RackonizerはMoogラダータイプのフルアナログ・ローパスフィルターを2基搭載しており「Mixノブ」にて組み合わせて、多彩なフィルター効果を発揮します。かつ、今回新たに実装された、カットオフとフィルター・フィードバックにはCV入力が付いており、外部からのコントロールが可能になっています。

8つのアルゴリズムからセレクトが可能

あらかじめ組み込まれている8つのアルゴリズム(パターン)からセレクトをし、エディットをすることができます。フィルターはエンベロープか、LFO(サイン波)でモジュレートをすることが可能です。

サウンドをよりリッチにするエフェクター

フィルター以外にもコーラス、フランジャー、ディレイ、リバーブといったエフェクターが搭載されています。フィルターとエフェクターを併用することで、サウンドをよりリッチにすることができます。エフェクトは専用の「Para1,2」ツマミでコントロールをすることができます。

Side

独立したテープエコーでサウンドに深みを

カットオフの後段に搭載されたテープエコーシミュレーターでサウンドに深みを持たせることができます。テープエコー独特のフィードバックサウンドによって単なるフィルターにはとどまらない、独特の質感を得ることができます。

Hi-Z入力にも対応

Hi-Z入力も兼ね揃えていますので、ギターなどを直接入力し、フィルター効果を得ることができます。

発売日

未定

販売価格

未定

「プロセッサー&エフェクター」タグの関連記事

「the-namm-show-2015」タグの関連記事




↑ページトップ