ペルーの奇才Alfredoが設計するブティック・アナログ・シンセサイザー
「Koe Desktop」

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

こちらの製品は生産終了となりました
※在庫がある場合のみ取扱い可能です

atomosynth-koe-800

アンブレラカンパニーがアナログシンセサイザーの入門機としても最適なオーガニックサウンドのモジュラーシンセサイザーAtomoSynth「Koe Desktop」を発売します。

アナログシンセサーザーの入門機としても!最高のアナログシンセサウンドを楽しめるオーガニックモジュラーシンセ

Koe Desktop はAtomosynthのベストセラーであるユーロラック互換アナログモジューラーKoe(シンセサイザー)とKi(CVモジュール)が、パワーサプライを 内蔵した美しいウッドケースに収められたパッケージ製品です。

3本のパッチコードとオーディオ出力用ケーブルも同梱されています。

Koe モジュールについて

AtomoSynth-koe-mudule-01

Koeは日本語の「声」から名づけられたユーロラック互換のアナログ・シンセサイザー・モジュールです。アナログモジュラーシンセの基本になる要素がユーロ ラック36 HPのスペースに詰め込まれており、これからモジュラーの世界に入りたい初心者の方にも最適な仕様に仕上げられています。

2基のVCOは矩形波とランプ波の2タイプから選択でき、それぞれにDEPTHとTUNEコントロールがあります。TUNEコントロールは10ターンのポ テンショメータ(回しきるまでに10回ぐるぐる回る)が採用されているのでオシレーターのピッチチューニングがしやすく、特に2基のオシレーターのファイ ンチューニングなどが正確に容易に行えます。

オシレーターセクションには2つのCV入力が装備。両方のオシレーターに送られるVCO1+2と、オシレーター2のみに送られるVCO2です。またVCO2にプラグがパッチされたときには、VCO1+2はオシレーター1のみに送られます。

ノイズソースはon/offスイッチとレベルが調整でき、さらにNoiseのみのパッチ出力も可能です。

AtomoSynth-koe-mudule-02

LFOセクションは矩形波と三角波の波形が選択でき、スイッチングでVCOフリーケンシーまたはフィルター・カットオフ(VCF)に送ることができます。またCVインプットも備えています。

ハイパス&ローパスフィルターは Vactrolベースのフィルターで、カットオフ周波数とピークを調整することができます。

2つのエンベロープジェネレーターはEG1がフィルターのカットオフフリーケンシーに対するDecayとDepthをコントロールし、そのEG1のパッチ 出力も用意されています。EG2はボリュームに対してアタックとリリースタイムを設定できます。パッチ出力と入力が用意されておりゲート信号を入力するこ とができます

またオーディオ入力が装備されており外部のオーディオ信号に対してフィルターやエンベロープを使用することができます。

フェイスプレートには3mmのダークグレイのレザーカットされたアクリルが使用されたスケルトン仕様です。ユーロラック専用ラックから電源供給してご使用ください(KOE Desktopでは専用の木製電源ラックケースから電源供給されます)

Ki モジュールについて

AtomoSynth-ki-mudule-01

MIDI信号をCV(1volt/per oct) に変換できる12HP幅のユーロラックモジュールです。

CV1 PITCH出力は0 から +4.8Voltレンジ (57 notes) で精巧な12bit解像度(4096ステップ)のDAコンバーターで制御されています。入力されたMIDIノートを正確に確実にコントロール・ボ ルテージに変換し、アナログ・シンセサイザーに入力できます。またピッチベンド、ピッチホイールコントロールにも対応が可能です。

CV1 PITCH出力にはGlide効果をプラスすることも可能です。

Gate出力は0または+5vの設計で赤のLEDがアクティブなゲート信号を表します。

AtomoSynth-ki-mudule-02

CV2出力は0 から +5Voltレンジで7bit解像度 (128 notes) のDAコンバーターで制御されています。ベロシティやMIDI機器からのコントローラーCCを簡単にセットすることができます。

PROGRAMボタンはMIDIチャンネルの設定で使用します。ボタンを押してからMIDIキーボードの対応するキーを押すとMIDIチャンネルが自動的 にセットされ保存されます。またCV2のコントローラーCCを設定する場合には、PROGRAMボタンを押してからMIDI機器のコントローラーを動かし てみてください。自動的にMIDI音とローラーがセットアップされるはずです。

またMIDI入力に加えて、MIDIスルーを搭載しているので他のMIDI機器とのチェーンをセットアップすることも可能です。+/- 12V, +5V のユーロラック専用ラックから電源供給してご使用ください(KOE Desktopでは専用の木製電源ラックケースから電源供給されます)

・・・とアナログシンセ入門に最適な製品ですね。

KOE DESKTOP(Analog Synth & MIDI/CV Module + Power Supply)

(税抜)¥62,000 (税込 ¥68,200)

JANコード:4560482823987

製品サイト

link_shop

「アナログシンセ」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ