M-AUDIO が 3 ウェイスタジオモニタ「M3-6」 と ヘッドフォン「HDH50」を発表

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

こちらの製品はすべて生産終了となりました

M3-6_hero_1200x750

M-Audio は新たに M3-6(3 ウェイスタジオモニタ)と高品質なスタジオ用モニタリングヘッドフォン HDH50 を発表します。

「M3-6」

M3-6 は、M-Audio の新しい 3 ウェイ・アクティブスピーカです。中域ドライバと高域ドライバを同軸(コアキシャル)に配することで、標準的な2ウェイ・モニタと同じサイズで、3ウェイ・モニタだけが提供できる忠実度の高い優れた音質、広いスイートスポットを実現したスタジオ・リファレンス・モニタです。特にリッチなミドルレンジがボーカルの倍音成分をきっちり再現するので、歌もの制作や、声優様の録音&MAにと幅広く活用できるスタジオモニターです。また木目のデザインが、暖かな雰囲気をスタジオに作りだします。

M-Audio_M3-6_back

「M3-6」主な特徴>

  • 3 つの独立したアンプドライバ
  • 中域・高域ドライバにより、世界クラスの音がコンパクトサイズに
  • 弾性 Kevlar ドライバ (6″ 低 / 5″ 中); 1” シルクドームツイータ
  • トリアンプクラス A/B パワー, トータル 160W
  • XLR 端子 と 1/4” バランス出力; RCA 端子アンバランス出力
  • 3-バンド EQ バイパスがどんなミキシング環境にも適応

発売日

2014年2月28日

販売価格

「M3-6」(MA-MON-006):(税抜)¥39,630 (税込 ¥42,800)1本売り

EANコード:0694318014714


HDH50

HDH50は音楽制作現場で、それぞれのトラックや、波形成分が明瞭に認識できる様に、低音を強調しないフラットな音質で開発されたスタジオモニタリングヘッドフォンです。

イヤーカップは耳を包み込むタイプになっており、革素材を使用したクッションは、耳への負担を軽減させてくれています。また音漏れを起こさず、効率よくモニタリングすることが可能です。

ボディはシックなブラックカラーデザインとメメタル仕様。スタジオだけでなく、日常生活でのリスニング用にも最適なヘッドフォンです。

HDH50_hero_1200x750

<HDH50主な特徴>

  • 高品質のチューニングと周波数特性12Hz-24kHzのレスポンス
  • ネオジウム磁石を採用したパワフルな 50mm ドライバ
  • 強固なガンメタルアルミニウムとスチール素材
  • 耳への負担を軽減させる革素材を使用したクッションのover-earデザイン
  • ノイズを遮断する密閉感
  • 1/4"変換アダプタ付属、ステレオミニジャックにもステレオ標準ジャックにも対応
  • マイク内蔵コミュニケーション・ケーブル付属
  • 左右両側よりコード取り付け可能
  • 本体重量:約 384g

<付属品>

  • キャリングケース
  • 1/4インチ(6.3mm)アダプタ付属オーディオケーブル
  • マイク内蔵コミュニケーション・ケーブル
  • マニュアル

<技術仕様>

  • 周波数特性レスポンス:12Hz-24kHz
  • 最大 SPL:115dB@1kHz
  • インピーダンス:16Ω
  • ケーブル:1/8 インチ(3.5mm)コネクタによる 6.8 フィート(2.1m)

発売日:2014年5月17日

価格:(税抜)¥22,962 (税込 ¥24,798)

型名:MA-HPH-002

JANコード:0694318014950

「ヘッドホン」タグの関連記事

↑ページトップ