MACKIE 「VLZ4シリーズ」コンパクトミキサー6機種発表!

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

402VLZ4_CompactS

MACKIE(マッキー)はスタジオ&ライブで高品位ミキサーとして定評あるVLZシリーズがメジャーバージョンアップを発表いたしました!

「VLZ4 シリーズ」はMackieのフラッグシップモデル Onyxマイクプリアンプを搭載したモデル。デザインは斬新なブラックパウダーコート仕上げ、最新の航空機のコックピットをイメージしたコントロールとコントラストの強いノブを採用することにより、薄暗いライブハウスやレコーディングスタジオでも容易にセッティングが可能。

25年以上もライブサウンドとレコーディング業界で定番であり続けた“戦車級に頑丈な”Mackie による設計は新たな次元へと進化されました。

国内での発売は2013年秋頃を予定しております。

VLZ4コンパクトミキサーシリーズの主な特徴(共通)

  • 高級機にも匹敵する Onyx マイクプリアンプ
  • 超ワイド入力ゲインレンジ(60db)
  • 128.5db ダイナミックレンジ
  • +22dBu ラインインプット
  • 拡張された低周波数レスポンス
  • 0.0007%以下のディストーション(20Hz-50kHz)
  • 高周波プロテクト
  • コンデンサーマイク用+48v ファンタム電源搭載

VLZ4コンパクトミキサーシリーズの主な特徴(各モデルに異なります)

  • AUX センド/レベル/PAN/PFL ソロ/MUTE
  • 60mm ロングテーパーフェーダー
  • 3 バンド EQ(80Hz、2.5kHz、12kHz)
  • 3 バンド EQ/ミッドスイープ
  • ステレオチャンネルには 4 バンド EQ
  • マイクチャンネルにはローカットフィルター(100Hz)
  • ALT3/4 ステレオバスを自由にルーティング
  • ステレオリターン/ダイレクト/グループ/BUS アウト
  • コントロールルーム/ヘッドホンアウトにさまざまなソースをルーティング
  • 高解像度の 12 セグメントメーター
  • 防塵性に優れた密閉型ロータリーポット
  • “戦車級に頑丈な“スチール製の筐体
  • 丈夫なパウダーコートフィニッシュ
  • 視認性にすぐれたコントラストの強いノブを採用
  • VLZ3と共通のオプションが使用可能

発売日

402-VLZ4:2013年10月2日(水)

802-VLZ4:2013年10月2日(水)

1202-VLZ4:2013年10月2日(水)

1402-VLZ4:2013年10月2日(水)

1642-VLZ4:2013年10月13日(日)

1604-VLZ4:2013年10月13日(日)

販売価格

402-VLZ4:(税抜)¥12,800 (税込 ¥14,080)

UPCコード:0663961039955


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

802-VLZ4:(税抜)¥22,800 (税込 ¥25,080)

UPCコード:0663961039931


この商品をオンラインストアで購入する

1202-VLZ4:(税抜)¥29,800 (税込 ¥32,780)

UPCコード:0663961039788


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

1402-VLZ4:(税抜)¥45,800 (税込 ¥50,380)

UPCコード:0663961039801


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

1642-VLZ4:(税抜)¥79,800 (税込 ¥87,780)

UPCコード:0663961039733


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

1604-VLZ4:(税抜)¥99,800 (税込 ¥109,780)

UPCコード:0663961039825


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

Mackie「VLZ4シリーズ」よくあるお問い合わせQ&A(9/7追記)

マッキー社よりよくあるお問い合わせが公開されました。

【Q1】:「VLZ4シリーズ」の一番の特徴はなんですか?

【A1】:

新しいMackie VLZ4シリーズコンパクトミキサーはすべての機種のマイクプリアンプに高いヘッドルームと低ノイズで評価の高いOnyxマイクプリアンプを搭載しております。Onyxマイクプリアンプは実績もあり、ユーザーの皆様より高い評価をいただいております。どんな高級機のマイクプリアンプにも引けをとらず優れた高品位なサウンドでを再現させることが出来ます。

【Q2】:「VLZ3シリーズ」と入出力数、およびフェーダー、つまみのレイアウト

の変更はありますか?

【A2】:

新しい「VLZ4シリーズ」はみなさまの使い慣れた「VLZ3シリーズ」と入出力数の変更、フェーダー、つまみのレイアウトの変更はございません。また、各入出力のコネクターの形状もまったく同じですので、既存のVLZ3シリーズとそっくりそのまま入れ替えることが出来ます。

【Q3】:デザインを一新した理由は?

【A3】:

斬新なブラックパウダーコート仕上げ、最新の航空機のコックピットをイメージしたコントロールとコントラストの強いノブを採用することにより、薄暗いライブハウスやレコーディングスタジオでの視認性をアップさせました。また人間工学に基づいて設計された各ツマミやノブはデザインも一新し、操作性もアップされました。

【Q4】:VLZ3のBagを持っています。VLZ4に使うことはできますか?

【A4】:

今お持ちのVLZ3シリーズのオプション類はすべてVLZ4シリーズに使うことが出来ます。ハードケースをお持ちの方もご安心ください。新しいVLZ4シリーズに買い換えた場合でももちろん使うことが出来ます。

【Q5】:Onyxプリアンプを搭載したら価格は上がってしまいますよね?

【A5】:

VLZ3シリーズと価格は同じです。Onyxプリアンプ代金はMackieからのプレゼントです。インフレターゲットが2%ですが、そんなのお構いなし。今までどおりのお値段で、思う存分いい音でミックスしてください!

【関連記事】

Mackie ミッドフォーマットミキサー「VLZ 4-BUS シリーズ」2機種発表

「ミキサー」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ