イコライザー 、フィルター とは?【今さら聞けない用語シリーズ】

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

フィルター

特定の周波数成分をカットするのがフィルター。

フィルターの種類には

  • ローパス・フィルター(LPF)
  • ハイパス・フィルター(HPF)
  • バンドパス・フィルター(BPF)

などがあります(他にも色々あるのですが今回は割愛)それぞれの特徴についてご紹介しましょう。

ローパス・フィルター(LPF)

周波数の低い方(ロー)を通す(パス)フィルター。つまり周波数の高い方をカットします。大部分のシンセサイザーには必需品といってよいでしょう。一番おなじみなのがこのローパス・フィルターだと思います。

ローパス

例)Daft Punk (祝グラミー受賞)- Around The World:イントロ部分

最初はこもった感じ(ハイをカット)から徐々にフィルターが開いていく「特殊な効果」がわかりますね。

レゾナンス(ピーク)

カットする帯域付近を持ち上げるのがレゾナンス(resonance)。シンセなどではくせのある「ビュワーン」「ビューン」といった音を作るのには必要不可欠なパラメータです。

reso

ハイパス・フィルター(HPF)

周波数の高い方(ハイ)を通す(パス)フィルター。今度は周波数の低い方をカットするわけですね。

ハイパス

ボーカルやアコースティック・ギター等の録音では「ローカット」が良く使われますね。

バンドパス・フィルター(BPF)

必要な周波数帯域(バンド)のみを通す(パス)、他の周波数は通さない(カット)するフィルター。逆はバンドストップフィルタ(ノッチ・フィルター)などと呼ばれます。

バンドパス

以上、実際にDAW(DP8)でフィルター・プラグイン(DP8付属)をかけ、iZotope Ozone5のスペクトル・アナライザー(周波数の出力分布測定器)で表示させてみました。

なんとなく個々のフィルターの雰囲気がわかっていただければよいかと思います。音色の補正がEQの主な目的だとして、フィルターは「音色に変化を与えてサウンド表現する」といった使い方が多いです。

エキサイター(≒エンハンサー)

ハーモニックとフェイズの二種類が主流。ハーモニック・エキサイターは、音を歪ませることによって生まれた倍音(の高域成分)を原音に付加しキラキラ感を出すもの。フェイズ・エキサイターは位相のズレを利用したもの。どちらも効果としては「音にメリハリ感を加える」という効果があります。

ワウ(WAH-WAH)

バンドパスフィルターの帯域をずらすことによって「ワウワウ」といった音色変化を与えることができます。ギタリストにはおなじみのエフェクターです(どうしても釣られて口が動くんですよね・・)

ジミヘン

ギタリストの場合、多くはペダルを足で踏み込んで「ワウワウ」いわせる訳です。キーボーディストの場合「ミシン掛け」(昭和生まれしか知らないと思います)してるみたいで少々・・・・

参考:アンティーク足踏みミシン

ワウペダルの定番「Cry Baby」


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

入力に応じて自動にワウをかけるタイプ、周期的なワウ効果をかけるタイプなどがあります。これは俗に「オートワウ」などと呼ばれています。

おまけ:マイケル・ウィンスローの「口ギター」凄いです!ぜひ最後までご覧ください「口ワウワウ」もやってます

というわけでではまたー



「プロセッサー&エフェクター」タグの関連記事

続きを読む: 1 2

↑ページトップ

DTM安心サポート