【NAMM2017】Universal Audio APOLLO TWIN MKII 発表!Thunderbolt接続でWindows対応!Quad Coreモデル追加

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Universal Audio apollo twin mk2

Universal Audio ( ユニバーサルオーディオ ) は、 デスクトップタイプのDSPシステム搭載オーディオインターフェイス「APOLLO TWIN MKII (アポロツイン・マークツー)」を発表いたしました。

2014年にリリースされたデスクトップタイプの「APOLLO TWINシリーズ」は、そのコンパクトさと美しいデザイン、そしてお求めやすい価格により作曲家やミュージシャン、トラックメーカーに至るまで数々のプロ・アーティストに愛用されています。

ApolloTwinシリーズの特徴の一つが内蔵されたDSPによって、Pro Tools、Cubase、Logic、Ableton LiveなどのDAWソフトで、専用プラグインエフェクト(UADプラグイン)をミキシング/マスタリング時に利用できることです。またこれらはコンピューター側のCPU負荷をほぼかけずにご使用することができます。
さらに、クラシカルなマイクプリアンプのエミュレーション技術”Unisonテクノロジー”により、様々なチューブやソリッドステートのマイクプリのトーンをトラッキング(レコーディング)時でも使用することが可能となりました。
UA Unison

そのAPOLLO TWINシリーズのThunderboltタイプが今回、新モデル「APOLLO TWIN MK2」として生まれ変わります。

「APOLLO TWIN MK2」は、業務用ライナップのAPOLLOラックシリーズと同等のAD/DAコンバーターを搭載、レコーディング時に便利なトークバック機能を追加し、より高品位なレコーディングツールとして確立しています。
また、今までのSOLOコア、DUOコアモデルに加えて、SHARCプロセッサーを4基搭載したQUADコアモデルも新たにラインナップ。UADプラグインを多く使用される方、旧モデルでCPUが足りなかった方にとって嬉しいモデルとなります。

さらに、ThunderboltケーブルでMacintoshと新しくWindowsに対応しています。サンダーボルト接続により高速転送が可能なほか、APOLLOラックモデル(Thunderboltタイプ)とデイジーチェイン接続して、あたかも1台のインターフェイスのように使用できます。(※デイジーチェインのWindowsは2017年中に対応予定)

APOLLO TWIN MKII/QUAD
UA ApolloTwin MkII QUAD

ApolloTwin Thunderbolt の旧モデルとの違い

ブラックパネル
マットブラック仕上げのブラックパネルになりました

クアッドコアモデルが追加
SHARCプロセッサーを4基搭載したQUADコアモデルが追加されました

MacとWindowsの両方のThunderboltに対応
WindowsとMac OSの両方で正式にサポートされているThunderbolt接続をサポート

さらに精度の高いA/D D/Aコンバーターを搭載
APOLLO 8 DUO/QUADなどブラックパネルのAPOLLOラックモデルと同等性能のA/D D/Aコンバーターを搭載

モニター機能全般をアップデート
旧モデルと同じ8ボタンレイアウトですが、モノ、ミュート、DIM、オルタネートモニターコントロールなどがアップデートされています。

トークバックマイクを内蔵
ボーカルやプレイヤーなどのスムーズなやり取りのためのトークバックが可能に

UA_apollo_twin_mk2

UA APOLLO TWIN MKIIの主な特徴

  • 【NEW】 デスクトップスタイル、アナログ2イン/6アウトのMacintosh/Windowsに対応したThunderboltオーディオインターフェイス
  • 【NEW】 ブラックパネルのAPOLLOラックモデルと同等性能のA/D D/Aコンバーター搭載による24ビット/192 kHz変換
  • 【NEW】 DSPの搭載数によって、SOLOコア、DUOコア、QUADコアの3モデルをラインアップ
  • トラッキング(レコーディング)時のほぼゼロレーテンシー(2ms以下)によるリアルタイムUADプロセッシング
  • クラシックチューブやトランスフォーマーベースのマイクプリアンプの完全なモデリングを可能にするUnisonテクノロジー搭載
  • 【NEW】 エンジニアとプレイヤーとの間のコミュニケーションに便利なトークバックマイクを内蔵
  • 【NEW】 モニターリモート機能、モノ、ミュート、DIM、オルタネートモニターコントロールなどのモニター機能全般をより使いやすくアップデート
  • 2つの高性能マイク/ラインプリアンプ(Unison機能搭載)、2つのラインアウト、フロントネルに搭載されたHi-Zインストルメントインプットとヘッドフォンアウト
  • いかなる音量レベルでも常に最大の解像度を実現する2つのデジタルコントロールアナログモニターアウト
  • 最大8チャンネルのデジタルインプット(オプティカル接続)
  • はじめからすぐに使える“Realtime Analog Classics”UADプラグインバンドルが付属
  • UADプラグインは多くの主要DAWで、Audio Units、VST、RTAS、AAX 64といった各プラグインフォーマットで動作
  • 慎重に設計されたアナログ回路、選びぬかれた部品、そして高いレベルの品質

APOLLO TWIN MK2 主な仕様

(特に表記のない場合、48 kHzインターナルサンプルレイト、24ビット、20kHzバンド幅、入出力はバランス接続です)

A/D D/A変換

  • 対応サンプルレイト(kHz):44.1、48、88.2、96、176.4、192
  • Bitレイト:24
  • A/D変換チャンネル:2D/A変換チャンネル:6
  • アナログ信号往復レーテンシー:1.1 mSec @96 kHzサンプリングレイト
  • アナログ信号往復レーテンシー(Consoleアプリケーションで4つのUADプラグインを直列挿入):1.1 mSec @96 kHzサンプルレイト

アナログ入力:

  • ラインイン 1 & 2(コンボジャック、1/4”メスTRSバランス)
  • ダイナミックレンジ:117.5 dB(A-Weighting)
  • S/N比:117.5 dB(A-Weighting)
  • THD + N:-109 dBFS
  • 入力インピーダンス:10 kΩ
  • ゲインレンジ:+10 dB ~ +65 dB
  • 基準入力レベル:+4 dBu
  • 最大入力レベル:+20.2 dBu

マイクイン 1 & 2(コンボジャック、XLRメスバランス、2ピンホット)

  • ファンタム電源:+48 V(マイク入力ごとにオン/オフ可能)
  • ダイナミックレンジ:118 dB(A-Weighting)
  • S/N比:118 dB(A-Weighting)
  • THD + N:-111 dBFS
  • 等価入力ノイズ:-127 dBu
  • 同相信号除去比(CMRR):70 dB以上(10’ケーブル使用時)
  • 入力インピーダンス初期値:5.4 kΩ(Unisonプラグインにより可変)
  • ゲインレンジ:+10 dB ~ +65 dB
  • Padアッテネーション(マイク入力ごとにオン/オフ可能):20 dB(Unison仕様により可変)
  • 最大入力レベル(最小ゲイン時、Padオン):+25 dBu

Hi-Zイン(1/4”メスTSアンバランス)

  • ダイナミックレンジ:117 dB(A-Weighting)
  • S/N比:117 dB(A-Weighting)
  • THD + N:-101 dBFS
  • 入力インピーダンス:1 MΩ(Unison仕様により可変)
  • ゲインレンジ:+10 dB ~ +65 dB
  • 最大入力レベル:+12.2 dBu

アナログ出力:

  • ラインアウト 3 & 4(1/4”メスTRSバランス)
  • ダイナミックレンジ:121 dB(A-Weighting)
  • S/N比:121 dB(A-Weighting)
  • THD + N:-110 dBFS
  • ステレオレベルバランス:±0.05 dB
  • 出力インピーダンス:600 Ω
  • 最大出力レベル:+20.2 dBu

モニターアウト 1 & 2(1/4”メスTRSバランス)

  • ダイナミックレンジ:115 dB(A-Weighting)
  • S/N比:115 dB(A-Weighting)
  • THD + N:-105 dBFS
  • ステレオレベルバランス:±0.05 dB
  • 出力インピーダンス:600 Ω
  • 最大出力レベル:+20.2 dBu
  • 動作基準レベル:+14 dBu/+20 dBu(選択式)

ステレオヘッドホンアウト(1/4”メスTRSステレオ)

  • ダイナミックレンジ:113 dB(A-Weighting)
  • S/N比:113 dB(A-Weighting)
  • THD + N:-105 dBFS
  • 最大出力:80 mW(600 Ω負荷時)

デジタルイン:

  • S/PDIF(オプティカルTOSLINK、ADATと共有)
  • フォーマット:IEC958
  • 対応サンプルレイト(kHz):44.1、48、88.2、96
  • チャンネル数:2(ステレオL/R)

ADAT(オプティカルTOSLINK、S/PDIFと共有)

  • フォーマット:ADATライトパイプ(S/MUXサポート)
  • 対応サンプルレイト(kHz):44.1、48、88.2、96、176.4、192
  • チャンネル数 @44.1 kHz、48 kHz:1 ~ 8
  • チャンネル数 @88.2 kHz、96 kHz:1 ~ 4(S/MUX)
  • チャンネル数 @176.4 kHz、192 kHz:1 ~ 2(S/MUX)

クロックソース:インターナル、 S/PDIF、ADAT

(外部クロック同期は接続されているソースによって選択します)

電源:専用パワーサプライ付属(入力:100 ~ 240V AC、50/60 Hz 出力:12VDC)

最大消費電力:12 W

外形寸法:158.4 × 65.3 × 147 mm(W×H×D) *突起部含まず

本体重量:1.05 kg

※Thunderboltケーブルは別売りです。

付属するUADプラグインバンドル内容

  • UA 610-B Tube Preamp & EQ
  • UA 1176LN Limiting Amplifier (Legacyバージョン)
  • UA 1176SE Limiting Amplifier (Legacyバージョン)
  • Pultec EQP-1A EQ (Legacyバージョン)
  • Pultec Pro EQ (Legacyバージョン)
  • Teletronix LA-2A Leveling Amplifier (Legacyバージョン)
  • Raw Distortion
  • Softube Amp Room Half-Stack(Softube Amp Room Essentials)
  • Softube Bass Amp Room 8×10(Softube Amp Room Essentials)
  • Precision Channel Strip (Precision Mix Rack Collection)
  • Precision Reflection Engine (Precision Mix Rack Collection)
  • Precision Delay Mod (Precision Mix Rack Collection)
  • Precision Delay Mod L (Precision Mix Rack Collection)
  • RealVerb Pro Custom Room Modeler

UA_apollo_twin_mkii_top

UA_Apollo-Twin-MkII-back

namm2017にて

UA_Apollo_Twin_mk2_namm1

発売日

2017年1月20日(金)

販売価格

APOLLO TWIN MKII/SOLO
(税抜)¥79,000 (税込 ¥85,320)
JANコード: 4530027171200


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

APOLLO TWIN MKII/DUO
(税抜)¥102,000 (税込 ¥110,160)
JANコード: 4530027171217


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

APOLLO TWIN MKII/QUAD
(税抜)¥148,000 (税込 ¥159,840)
JANコード:4530027171224


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「オーディオ・インターフェース」タグの関連記事

↑ページトップ