Synchro Arts Revoice Pro 4 | 歌声や楽器のタイミング&音程を整合する補正ソフト

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Synchro Arts ( シンクロアーツ ) は、ボーカル補正用ソフトウェア「Revoice Pro 4」を発表いたしました。

「Revoice Pro 4」は、指定したオーディオトラックの表現要素(タイミング、ピッチ、レベル)を別のトラックにコピーすることができる APT プロセス技術が特徴のピッチ&タイミング修正ソフトです。

コピー元となるオーディオトラック(ガイド)の要素を解析し、コピーしたいトラック(ダビング)にその要素を自動で持ち込むことが可能で、ダブルトラックやハーモニー、ハモリのタイミング補正などを瞬時に制作することができます。

今回のメジャー・バージョンアップでは、マニュアルでオーディオのタイミングとピッチを調整するツールセットを新たに搭載。さらに、より音楽的に、より自然な再現をするサウンド・プロセッシングが実現されています。

新機能

APT Music モード を搭載
ADRエンジニアが映像作品のシンクで用いる対話編集に特化した"APT Dialog mode"のほか音楽向けの"APT Music mode"を追加。機械的ではなく個性ある音楽的なフィールをそのままに保ち、より魅力的でより音楽的に処理することが可能になりました。また、表示機能の改善やガイドとダビングのピッチ比較、ピッチクロスフェードなども追加されております。

高度なビブラート編集
自然なビブラートは人間の声の宝の一つです。 Revoice Pro 4を使用すると、スピードに影響を与えずにタイムストレッチや自然な圧縮が可能です。これはボーカルの編集ソフトウェアの中で初めてシンガーのオリジナルのトーン特性を維持します。歌手のビブラートを自然な表現のまま伸縮することができます。

ARA 2 対応
ARA 2 (Audio Random Access 2) 互換により、「Studio One」などのARA 2対応のDAWとの連携性が高まり高速なワークフローが実現します。

iLOKクラウド 対応
クラウドベースのライセンス管理”iLOKクラウド”を利用できるようになりました。 これにより、インターネット接続(USBドングルは不要)でどこでも Revoice Pro 4を使用できます。

その他、より高速になった処理エンジン、カスタマイズ・キーボードショートカット、最近使用されたプリセット項目など、他にも多くの機能が変更されております。

機能比較

「Revoice Pro 4」と「VocALign Pro 4」の比較です。

VocALign Pro 4 Revoice Pro 4
自動タイムアライメント 第2世代アルゴリズム 第3世代アルゴリズム
タイムライン保護
シンク/ポイント -
ワープポイント -
Enhanced TimeMod
ピッチプロファイル -
自動ピッチアライメント -
トランジェント保護 -
タイム&ピッチ反映調整 -
自然なダブラー -
タイム&ピッチ手動編集ツール -
ビブラート編集 -
歯擦音の編集 -
スタンドアロン -
アライメント最大時間 300秒 無制限
ボーカル / 楽器

発売日

2018年10月6日(土)

販売価格

(税抜)¥60,000 (税込 ¥66,000)
JANコード:4560263765253

「プラグイン・ソフト」タグの関連記事

↑ページトップ