こんにちは!杉浦です!

リペアマンも驚いた事例をご紹介する、こんなこともあるのかシリーズ。
半年ぶりの登場です!
皆さん覚えていらっしゃいますか?!

前回の記事はこちら
こんなこともあるのか~金管楽器編~

変な音がする

それはある日の午後でした。
クラリネット吹きさんがご来店。

「音程が合わないんです」

本番が差し迫り、あれこれ試してもどうしても合わない...
涙ながらに相談しにいらっしゃいました。

原因を探す

どこの音が合わないのか、
どの位音程がズレるのか、
実際に吹いて頂き、音を聞ききながら原因を探ると...

うーん、上管の口に近いあたり。
この辺りに原因がありそうです。
キィを持ち上げても普通に見えますが...

キィを分解してみる

キィを持ち上げてもよく見えなかったので、分解してみました。
(ご自身での分解は危険ですのでおやめ下さい)

そこには驚きの光景が!!!

穴の中に!!!!!

音孔(管体にあいている穴)の中に、灰色の何かが見えます...
しかも穴が半分無くなってるほど!!!
ひとつ下の音孔にはありません。

これ、汚れです!!!
うそーーーーーー!!!!

汚れが穴をふさいでいたので、息が抜けなかったのです。
リコーダーで言うと、指が穴からズレて、半分開いている状態です。
当然、正しい音は出ませんね。

汚れはどこに?

では、どうして汚れが見えなかったのでしょう?
これは、あるクラリネットです。

角度を変えて見ると...


管体がまっぷたつ!
クラリネットの模型です。
(お客様の楽器ではありません)


丸で囲った、中央でカットされた音孔を横から見ると


ほー。
表から見える丸い部分は、煙突のようになっているのですね。
この側面に汚れが着いていたのです。
だからさっきの楽器も汚れが見えなかったのか!

これをふまえて、お客様の楽器をお掃除すると

こんなに汚れが!!!
信じたくない気持ち、分かりますよ~。

ひとまずここだけお掃除し、キィを組み立ててから音出ししてみると...

「狙った音が出る!」

音が出せたようです!
1番の原因はここだったのですね。
音孔の位置や大きさは、精密に計算されています。
汚れが残っていると音程や音色に大きく影響します。

解決かと思われたが...

お客さんが気にされている音は、出るようになりました。
しかし、こういう場合、他の部分も汚れが溜まっています。


指があたる下管の音孔や


上管にもこのとおり。


試しに内側から光を通してみたところ、他の音孔にもモサモサとしたアイツが発見されました。


私「他にも汚れ溜まっていますけど、どうされますか?」

「入院でもいいので、全部キレイにして下さい!!!!!」
(食い気味に即答)


本番間近とのことでしたが、お客様のご希望でお掃除することになりました。

お掃除する

前回のトランペットもそうでしたが、汚れが息の流れを遮ると、正しい音が出なくなるので、きっちりお掃除します。
メーカーさんも、お掃除にかなりの時間をかけて行っているそうですよ。

お掃除を行えば、先ほどの音孔も

きれいさっぱり、汚れのない楽器となりました!
すべての調整を終え、お客様に最終確認をして頂くと...

「狙った音がちゃんと出る」
「どの音もスムーズに出せる」
「キレイな楽器だと気持ちが上がる!」

楽器全体の汚れが落ちたことで、吹きづらい音はより出しやすく、気にならなかった音にも良い変化が出たようです。

楽器のお渡しも、本番前にすべりこみセーフ!!!!

他の木管楽器でも

クラリネットだけでなく、他の木管楽器でも同じことがおこります。

ソプラノサックス

ソプラノサックスのネックの音孔です。
近寄ってみると


汚れが詰まってます。
ただでさえ小さい音孔が、ほぼ無くなっています。
このままだと、高音域が全く出せません。
これをお掃除すると...


はい、キレイになりました。

アルトサックス

なにかが垂れた(?)跡があります。
この汚れのせいで雑音が聞こえ、タンポに汚れが着いていました。
お掃除すると...

はい、キレイになりました♪

毎日の積み重ね

今回のクラリネットの調整は、管体のクリーニング・汚れたタンポの交換・全体調整でした。

修理・調整代 15,920円(税込・送料別)

汚れがたまっていると、演奏に直結する不調が出やすいです。
まずは、ご自身で毎日のお手入れを行い、汚れがたまらないようにしましょう!

そしてさらにリペアマンによる細かいメンテナンスも、半年~1年のペースで行うのが理想的ですよ。


修理についてお伝えしているのはこちら
定期調整の大切さ~題材はフルートです!~


※修理費用は同じ症例でも楽器の種類や形状・仕様によって異なる場合があります。
ご不明な点はお近くの島村楽器にぜひともご相談ください。

楽器調整をしましょう!

楽器は生き物!季節や気候の移り変わりで敏感に変化し続けます。
まずは軽く、楽器の健康診断なんていかがでしょうか?
楽器の主治医である技術スタッフが現在の状態をお伝えいたします。
健康診断及びお見積もりは無料ですのでお気軽にお越しくださいませ。

事前にお電話で楽器の種類・メーカー・型番・依頼内容やお困りな事などお知らせ下さい。
急なご来店でも勿論大歓迎です。ご来店お待ちしております。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

管リペアセンター杉浦

中高6年間をトランペットとコルネットの二刀流で部活漬けの毎日を過ごしてきました!全国の皆様からのご依頼、心よりお待ちしております!

管リペアセンターの店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

頭部管とお掃除棒

【管楽器メンテナンス塾】#2ワインとフルートの共通点?!

管リペアセンター神戸

定期調整の大切さ~題材はフルートです!~

管リペアセンター富田

【2月22日更新】管楽器リペアブログ 2月号

川崎ルフロン店平井

修理用パーツ

修理用交換パーツが大量入荷!

管リペアセンター杉浦

管楽器リペアスタッフ近田の日常の風景 Vol.3 コルクが欠けちゃった…

横浜みなとみらい店近田

夏だ!海だ!洗浄だ?

管リペアセンター杉浦

見えない所に潜む緑の物体

管リペアセンター富田

ホルンを拭く様子

ホルンも拭き(吹き)上手になろう!

その他スタッフ・アーカイブ

キィが動かない!音が切り替わらない!

管リペアセンター杉浦

年末に向けて大掃除!キィを分解してお手入れしました

その他スタッフ・アーカイブ