こんにちは! 前回に続き、弦楽器を今から始める初心者の方や、しばらく弦楽器を弾いているけど楽器のメンテナンスは先生にお任せしているという方に向けて、できるだけ簡単に弦楽器の扱い方をご紹介しようと思います。
前回ご紹介した日常メンテナンスと弦交換ができれば、とりあえず楽器の練習を続けていくのに大きな支障はないはずですので、何とかここまでできるようになっていただければと思います!

弦を交換するとき・巻きなおすとき

弦が切れてしまったとき、弦の巻き線がほつれてきた(= 弦が切れそうな)とき、音に張りがなくなってきたとき、劣化して変色した(錆びた)ときは交換が必要です。また、気候の変化等の影響でペグが大きく緩んでしまったときにも弦を巻きなおしたほうが良い場合があります。


上の画像では、〇で囲んだ部分がほつれかけています。このまま使い続けていると、近いうちに弦が切れます。

基本的な巻き方

交換する弦を1本だけ外し、新しい弦を張ります。ただ、一度に複数(または全ての)の弦を外してしまうと、駒・魂柱の位置がずれてしまう可能性がありますので、全ての弦を交換する場合は必ず「一本外しては新しい弦を張る」を4回繰り返してください。
また、このときペグが一度外れた状態になるので、ペグの調子がイマイチな方はペグ調整を行う良い機会です。余裕のある方はペグコンポジションを塗ったり、上ナットの弦が通る部分に鉛筆を塗ったりすると状態が良くなります。それでは、弦交換を行ってみましょう。


①弦を1本はずす

机の上に置いたり、両足の間に挟んだりして楽器を安定した場所に置きます。弦交換を行う際は万が一駒が倒れてしまったときのために、ハンカチやタオルなどをテールピースの下に挟んでください。それからペグをゆっくり緩めて、弦を1本取り外します。今回は例として左から2本目の弦を交換してみます(← このとき、余裕があればペグコンポジション等でペグの調整を行うと良いです)。
⇒ ペグ調整ついて詳しく知りたい方はこちら( ← 「ペグコンポジションの使い方」参照)


②新しい弦をペグの弦穴に通す。

新しい弦をペグの弦穴に通したら、先を 1~2mm出して巻き始めます。その理由は、先を少し出しておくことで弦が外れにくくなりますし、これくらいの出し方なら(たまに例外もありますが)、弦の先がペグボックスの内側を傷つけることもないからです。


③弦を巻いていく

テールピース側にも弦がしっかり引っかかっていることを確認して弦を巻いていきます。a のようにそのままペグ先から持ち手(= ドロップ)に向かってそのまま巻いていっても良いですし、b のように一度ペグ先側へ一巻きしてからクロスさせるようにして巻いていくのも良いです。
ただ、a の巻き方は、弦や弦穴の大きさによっては滑って止まりづらいものがあるので、私は b の巻き方をすることが多いです。

a )

b )


④大体の調弦をする

ペグに弦が巻けたら、大体の調弦を行ってください。この時、駒が傾いていたり・位置がずれていたり・駒足が浮いているようなら、修正してから次の弦の張り替えを行ってください。とりあえずは、
① 駒足(駒の表板に接している部分)が表板にぴったりついているか
② 駒が大体楽器の真ん中あたりにあるか
の2点をご確認ください。
⇒ 駒の立ち方について詳しく知りたい方はこちら( ← ⑥目安位置に駒を移動させる 以降参照)


弦交換が終わったら、改めて全体の調弦を

交換したい弦を全て張り替えたら、最後に普段通りの調弦を行って完成です。張り替えたばかりの弦は弦が少し伸びるため、しばらく音程が安定しません。数日後には音程も安定してきますので、こまめに調弦を繰り返していただく必要があります。


おわりに

いかがでしたか? 楽器によっては様々な理由で今回の説明通りに弦が巻かれていない場合もありますが、大体は上記の方法でうまく機能するはずです。日常メンテナンスができるようになれば、あとは1年単位で毛替えや全体点検などに出していただくのみです。メンテナンスができるようになるころには、きっと演奏のほうも上達されていることと思いますよ!

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

グランフロント大阪店吉村

クレモナ国際バイオリン制作学校卒業後、島村楽器に入社し修理を担当。弦楽器を楽しむ皆様を技術面からサポートいたします!何でもお気軽にご相談ください!

グランフロント大阪店の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

【7月19日更新】弦楽器リペアだより 7月号

シマムラストリングス秋葉原髙田

弓の反り直し 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

【マイスター工房通信】指板調整のお話

シマムラストリングス秋葉原石川

あご当てとテールピースの接触~コルク交換~ 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

ペグボックス割れ

【マイスター工房通信】ペグボックス割れ修理

シマムラストリングス秋葉原髙田

【マイスター工房通信】エンドピンについて

マークイズ福岡ももち店高瀬

ペグ交換 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

剥がれ修理 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

【3月23日更新】弦楽器リペアだより 3月号

シマムラストリングス秋葉原髙田

毛替え . 5 (プレイングサイドの張り具合) 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬