みなさんこんにちは!シマムラストリングス秋葉原のカギヌシです。

弦楽器の修理・調整工具をご紹介していくシリーズもいよいよ第3弾です。

前回第2弾ではカラークランプをご紹介しましたが、まだまだ用途によってたくさんの種類のクランプを使いますので、ご紹介したいと思います。

クランプは用途によって形もいろいろ

f:id:shimamura-music:20151017142112p:plain

クランプは剥がれや割れを接着する時に使います。しかし、弦楽器はほとんどが木でできているため思わぬところに割れが発生したり、剥がれたりします。

弦楽器は複雑な作りになっているところもありますし、全体的に丸みを帯びていますので、なかなかひとつのクランプで全ての修理をする事はできません。

そこで、ポイントポイントにぴったりのクランプが必要になります!

横板剥がれ用クランプ

f:id:shimamura-music:20151017142151p:plain

これはエンドピン付近の横板の剥がれを接着するためのクランプです。

横板はエンドピンを境に左右に分かれていて、そこから横板が剥がれてしまうトラブルがよくあります。

f:id:shimamura-music:20151017142217p:plain

f:id:shimamura-music:20151017142224p:plain

軸となる棒の先端が回転する仕組みになっています。

これをまずは真っ直ぐな状態でエンドピンの穴からそっと入れます。

f:id:shimamura-music:20151017142306p:plain

そして中で先端を回転させることにより軸を引っ掛けることが出来ます。

後は楽器が傷付かないよう当て木をしてネジを締めます。

f:id:shimamura-music:20151017142331p:plain

注:写真は分かりやすい様に表板を剥がした楽器を使っていますが、本来は表板が付いた状態で使用するためのものです。

響板割れ用クランプ

f:id:shimamura-music:20151017142406p:plain

これは主に表板の割れ修理に使います。

表板は木目に沿って縦方向に割れやすくなっています。

f:id:shimamura-music:20151017142427p:plain

f:id:shimamura-music:20151017142441p:plain

割れを挟むようにしてクランプをセット。

後はネジを回して締めることにより割れを接着します。

もう一つこのクランプの大事なポイントは上下につけられたネジです。

このネジを微調整して左右の高さを変化させる事で、接着部分の段差をなくすことが出来ます。

Gクランプ

f:id:shimamura-music:20151017142508p:plain

これも響板割れに使うものですが、より大きな割れに使う場合が多いです。

響板の裏側に割れに沿って、左右に小さなブロックを接着していきます。

そのブロックを締めることで割れを接着します。

f:id:shimamura-music:20151017142531p:plain

響板は丸く自然なふくらみをしていますが、

割れを接着した後はその部分だけへこんでしまいがちです。

Gクランプはネジの締め具合によって響板の自然なふくらみを再現し、精度の高い接着をする事が出来ます。

f字孔割れ用クランプ

f:id:shimamura-music:20151017142546p:plain

表板f字孔の下の穴付近はとても薄く幅も狭いため、少し力が加わっただけでも簡単に割れてしまいます。

この時使うのがf字孔割れ用クランプです。

このクランプの特徴は表板を剥がすことなく横板に接着したままでも使える点です。

f:id:shimamura-music:20151017142604p:plain

3つの爪が付いていて、1つをf字孔に、残りの2つを表板の縁に引っ掛ける事によって接着します。

ハタガネ

f:id:shimamura-music:20151017142626p:plain

ハタガネは響板中心部分の接着面(ハギ)の割れによく使います。

f:id:shimamura-music:20151017142639p:plain

f:id:shimamura-music:20151017142738p:plain

縁と縁を豪快につないで接着します。

楽器の幅に合わせて長さを微調整し、全体に力が均一にかかるようにして締め上げます。

日々様々な工具を使って皆さまの大切な楽器を修理・調整しています。何か疑問に感じた事、聞いてみたいことなどございましたら、お気軽にお問合せくださいね!

シマムラストリングス秋葉原のカギヌシでした。

シマムラストリングス秋葉原のご案内

シマムラストリングス秋葉原は、お客様それぞれの音楽への想いをカタチにするため、弦楽器の修理・調整ができるバイオリンリペア工房を併設し、その他にも音楽レッスン、コンサート、演奏家や楽器職人との交流会イベントなど弦楽器を総合的に楽しんでいただける専門店です。

マイスター茂木が本場ヨーロッパで体験した理想的な音楽とお客様の関係の実現を目指し、ビギナーからプロ奏者までが音楽との緻密な関係を生み出せる新たな聖地となるでしょう。

皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

www.shimamura.co.jp

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

シマムラストリングス秋葉原鍵主

ちょっとした調整でかなり弾きやすくなることもあります。今まで一度も点検に出したことが無い方もお気軽にご相談ください!

シマムラストリングス秋葉原の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

バイオリンの魂柱はこう立てる!弦楽器の修理・調整工具を大公開! vol.1

シマムラストリングス秋葉原鍵主

【2月21日更新】弦楽器リペアだより 2月号

シマムラストリングス秋葉原髙田

継ぎネック

弦楽器リペア紹介~継ぎネック編~

シマムラストリングス秋葉原石川

色んなパーツのグラつきを修正!弦楽器の修理・調整工具を大公開! vol.4

シマムラストリングス秋葉原鍵主

【マイスター工房通信】表板の割れ修理について

シマムラストリングス秋葉原鍵主

弓の革巻き画像

【マイスター工房通信】弓の革巻きについて

シマムラストリングス秋葉原森貝

弓 フロッグ修理~内部の亀裂接着~ 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

ヴァイオリンのナット

弦楽器リペア便りVol.6 ~楽器をより弾きやすくするには~

グランフロント大阪店吉村

【マイスター工房通信】上ナットについて

シマムラストリングス秋葉原森貝

1日で出来る音の変え方 5つのこと ~弦による変化編~ 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬