【FAQ】オーディオ・インターフェース選びのポイント

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

vol1_img1

オーディオ・インターフェース選びは以下を参考に

  • 入力数:何の楽器を何種類同時に録音するかで決まる
  • 出力数:2ch以外にマルチアウトがあれば「モニターにボーカルだけを送る」などできる
  • ボーカルだけであれば基本2ch入力で問題ない。
  • 音質は値段に比例(マイクプリの品質など)
  • サンプリング周波数(例:96kHz)、ビットレート(例:24bit)がどこまで対応しているか

入出力数、パーツの品質で価格が決まる。

【関連記事】

⇒FAQ:オーディオ・インターフェースに戻る

⇒FAQ:トップページに戻る

The NAMM Show 2020

↑ページトップ