MOTU DP8.06 Windows版日本語対応のお知らせ

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

dp8_win

MOTU社はDP8(DigitalPerformer8)のDP8.06をリリースしました。Windows環境においてメニューが日本語に対応いたしました。

DP806

8.06の改良点の一例

  • Windows環境の日本語対応。
  • OMF/AAFファイルのクロスフェード読み込みを改善。
  • Windows環境のドラッグ&ドロップ、ウインドウフォーカス、インストルメントaux設定機能、及びムービーウインドウを改善。
  • チャンク複製時のバーチャルインストルメントのaux設定を保持。
  • MOTUビデオ機器、及びDVアウトプット使用時のビデオアウトプットオフセット機能を改善。(外部タイムベースへの同期時も含む)
  • Windows環境のUADプラグイン対応を改善。
  • 同じV-Rackを含んだドキュメントから読み込んだMIDIトラックのV-Rackバーチャルインストルメントアウトプット設定を保持。
  • Mac OS X 10.9環境でプラグインのアイコンメニュー問題を解決。

最新アップデート8.06版はこちらからダウンロード(ダウンロードにはログインが必要です)

アカウント登録されていない方、ダウンロードのやり方などはこちら

「digitalperformer」タグの関連記事

「motu」タグの関連記事

↑ページトップ