Steinberg UR28MとUR824ファームウェア/dspMixFxのVer.2アップデータ公開

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

RTEmagicC_Main_Collage_10.png

Steinberg(スタインバーグ)はオーディオインターフェース「UR28M」と「UR824」のファームウェアおよび「TOOLS for UR28M」のVer.2アップデートを開始しました。

USB オーディオインターフェース「UR28M」と「UR824」が、ファームウェアアップデートでさらにパワーアップします。

内蔵 DSP を活用した新しいギターアンプシミュレーターエフェクト、iPad 接続対応、ネット配信に役立つループバックなどさまざまな機能を追加。バンドルソフトウェア Cubase AI も、最新の Cubase AI 7 へとバージョンアップ可能です。

UR28M/UR824のファームウェア・ドライバ(Tools)Ver.2の新機能について

1.DSPエフェクト「Guitar Amp Classics」搭載

Guitar Amp Classicsは、ヤマハがモデリング技術を駆使して開発したギターアンプエフェクトです。

サウンドキャラクター別に4種類のアンプタイプがあります。

モニター信号だけにかけるかモニター信号と録音信号の両方にかけるかを選べます。

※VSTバージョンのプラグイン版も付属されます。

2. iPad 接続を可能にするCCモード(Class Compliantモード)搭載

CCモードは、AppleのiPadで活用するためのモードでです。

Steinberg CubasisなどのようなiOS対応音楽制作アプリケーションと組み合わせて、 高音質なレコーディングをいつでもどこでも、シンプルなセッティングで実現できます。

※iPad Camera Connection Kitが必要です。

3.インターネットライブストリーミングに活躍するループバック機能搭載

ループバック機能はインターネットの動画配信などに便利な機能です。

本体の入力端子に入力されているオーディオ信号(ライン、ギター、マイクなど)と、コンピューター内で使用中のソフトウェアから再生されているオーディオ信号を本機内で2チャンネルにミックスし、コンピューターを通じてインターネットに配信します。

各製品のVer.2 アップデータ

 

注意事項

TOOLS ver.2の対応OSは下記の通りとなります。

  • OS:Mac OS X 10.7.x/Mac OS X 10.8.x
  • OS:Windows 7 SP1 (32ビット版/64ビット版)/Windows 8 (32ビット版/64ビット版)

Cubaseとの連携機能(CubaseからGuitar Amp Classicsエディターを起動する)を使用する場合、下記バージョンのCubaseが必要となります。

  • Cubase 6シリーズ:6.5.5以降
  • Cubase 7.シリーズ:7.0.3以降

よって、UR28M/UR824に付属のCubase AI6について、バージョン6.0.7のため、このファームウェア(ver.2)の仕様条件を満たしておりません。「UR28M」/「UR824」の全ユーザー(既存ユーザー、新規ユーザー) へ無償でCubase AI 7を提供されますので、そちらをご使用くださいませ。尚、Cubase AI 7 のライセンス発行には1週間ほど時間をいただく場合がございます。

 

Ver.2 の新機能

Guitar Amp Classics

Yamaha のモデリングテクノロジーを駆使したギターアンプシミュレーター。特性の異なる4つのアンプ (CLEAN / CRUNCH / DRIVE / LEAD) をモデリングし、UR 824 / 28M の内蔵 DSP で駆動します。モニター信号だけにかけるか、モニター信号と録音信号の両方にかけるかを選べます。

また、DSP 版に加えて VST3 版も含んでいるので、ギタリストの録音作業の選択肢が広がります。たとえば、録音時は DSP 版を使ってレイテンシーを気にすることなく好みのアンプサウンドでプレイし、オーディオトラックにはドライ音を録音します。後に VST3 版を使ってリアンプすれば、録音時のアンプサウンドを再現することも、さらに別の音で仕上げることも可能です。

RTEmagicC_gac_clean_05.png

CLEAN

クリーントーンに最適化したアンプモデル。トランジスターアンプのタイトで輝きのあるサウンドをシミュレートしました。後にマルチエフェクトを適用する場合などにも、かかりのよいベーシックトーンを得ることができます。また、コーラス / ビブラートエフェクトも内蔵しています。

RTEmagicC_gac_crunch_05.png

CRUNCH

軽くオーバードライブしたトーンのアンプモデル。ビンテージチューブアンプをシミュレートし、ブルース、ロック、ソウル、R&B などに活躍します。

RTEmagicC_gac_lead_05.png

LEAD

豊かな倍音を持つハイゲインチューブアンプをシミュレートしたアンプモデル。アンサンブルに絶妙にフィットし、リードギタートーンとしてはもちろん、オブリガードにも効果的です。

RTEmagicC_gac_drive_05.png

DRIVE

さまざまなハイゲインチューブアンプの中から、6種類のディスト―ションサウンドをセレクトしたアンプモデル。甘いオーバードライブからハードロック、ヘヴィメタル、ハードコアサウンドまで、幅広いキャラクターを持ちます。

アンプタイプは左のセレクターで選べます。タイプ1と2はピッキングのニュアンスを残した比較的マイルドなディスト―ション、タイプ3と4ではより倍音を出し、太くソフトな音です。そしてタイプ5と6はタイトなアタックを持ち、ワイルドでアグレッシブなディスト―ションです。偶数タイプは奇数タイプに比べ、よりレンジと存在感を増したサウンドです。

 

iPad に対応した CC モード

RTEmagicC_cc_mode_collage_09.png

Ver.2 アップデートにより、UR824 と UR28M は (Class Compliant) モードに切り替えることができます。このモードでは iPad Camera Connection Kit 経由で、iPad と接続して使用することが可能です。「Cubasis 」などの iPad 対応 DAW アプリと UR を活用することで、高音質なレコーディングをいつでもどこでも、シンプルなセッティングで実現できます。

 

ループバック機能

LoopBack_with_UR28M_sqaure_07

インターネットの動画配信などに便利な機能です。UR の入力端子に入力されているオーディオ信号(ライン、ギター、マイクなど)と、Cubase など DAW ソフトウェアから再生されているオーディオ信号を UR 内部で2チャンネルにミックスし、コンピューターに送り返すことで、ストリーミングソフトウェアなどを通じたインターネット配信が可能です。

 

Basic FX Suite VST3 プラグインバンドル

Basic_FX_Suite_05

UR28M / UR824 の DSP エフェクトの VST3 プラグイン版です。Sweet Spot Morphing Channel Strip (コンプレッサー&EQ)、REV-X (アルゴリズムリバーブ)、そして新しい Guitar Amp Classics を DSP だけでなく VST プラグインとしても適用できるので、録音やミックス作業の幅がひろがります。Windows 、Mac OS X Intel 版共に、32/64-bit に対応しています。

※*UR28M / UR824 Ver.1 のオーナーは、当初付属していた REV-X および SSMCS のライセンスを所有する方のみ Basic FX Suite をお使いになれます。

「steinberg」タグの関連記事

「サポート」カテゴリーの関連記事

↑ページトップ