【特集】これがおすすめ。ショルダー・キーボード(keytar)が今熱い!

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

本記事で紹介している製品の一部はすでに生産を終了しております。ご了承ください。

Super Bowl Halftime Show 2017の Lady GaGa のパフォーマンスより・・Roland AX-SYNTH(生産完了) の改造モデルのようですね

ショルダー・キーボードとは?

こんにちはサカウエです。ショルダーキーボードとは、ギターの様に肩からストラップで吊り下げて演奏するスタイルのキーボードですが、なんとコレ200年以上前からからあったんだそうです

The amazing keytar history from 1800 to 2012 ショルダーキーボードの歴史

最近KORGやALESISなどのメーカーからたてつづけて新製品がリリースされて盛り上がりを見せている「ショルダーキーボード」。英語圏ではショルダーキーボードのことは「keytar(キーター)」と呼ばれているらしいです。日本だと「ショルキー」と呼ぶ方も多いですが、「ショルキー」はヤマハの製品名(登録商標)となっております。

さてそんなショルダーキーボードですが古今東西の名演奏、名プレイヤーは数多くいらっしゃいます。そんな偉大なキーボードプレイヤーの動画を集めてみました。

George Duke ジョージ・デューク

残念ながら昨年亡くなってしまった偉大なキーボード奏者・シンガーであるジョージ・デュークはバリバリのジャズはもちろん、フランク・ザッパなどのロックジャンルでも大活躍したスーパー・エンタテイナー。その温かい人柄にファンも多いです。独特のタッチによるフレージングは唯一無二ですね。

Chick Corea チック・コリア

もはやジャズ・フュージョンの世界では伝説的な存在のチック・コリア大先生。ハービー・ハンコックと並んで昔からエレピを筆頭に、当時としては新しい楽器であるシンセサイザーをいち早くジャズに持ち込んだプレイヤーといってもよいでしょう。この動画で弾いているのはYAMAHAのKX-5(生産完了)ミニ鍵盤で小型軽量が特徴。音源は内蔵していないのでMIDIケーブルでシンセにつなぎ演奏しているわけですね。イニシャル(ベロシティー)/ アフタータッチ対応

0006

ヤマハ KX5 製品ページ

Herbie Hancock ハービー・ハンコック

チックと並んでジャズ界を席巻し続けるもはや神といっても良い存在。チックとほぼ同年代であり古くから親交も深い。この動画は結構最近のものですが、弾いているのはROLAND「AXSynth」のようですね。ベースは今や売れっ子のタル・ウィルケンフェルド嬢、貫禄あります。

Jan Hammer ヤン・ハマー

その外見からは想像できないロック魂溢れるワイルドなプレイで有名なヤンハマーは元々はチェコ出身のジャズピアニスト。70年台あたりからフュージョン、ロックシーンで活躍するようになり、シンセでのギターライクなプレイがトレードマークになりました。動画はジェフ・ベックとのセッション。音だけ聞いてるとギターとシンセの区別が難しいですね。

Polysics

ショルダーキーボード選びのポイント

ショルダーキーボード選びのポイントですが、以下の項目をチェックして選ぶのがよいでしょう

  • 音源搭載の有無:音源が非搭載の場合は別途「シンセ音源」が必要になります。その際はMIDIケーブル、ワイヤレスといった接続方法があります。
  • 重量:長時間の使用の場合は重要なポイントですね
  • 電源:乾電池駆動可能かどうか?⇒電源ケーブルを引き回さなくてOK
  • 鍵盤の数:オクターブシフトキーは装備されているので自分の演奏スタイルにあった数を選ぶ
  • デザイン:コレは好みですね。

それでは現在発売中の主なショルダーキーボード4機種を比較してみましょう。


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗
ALESIS VORTEX WIRELESS ローランド AX-SYNTH ローランド Lucina ルシーナ AX-09 コルグ RK-100S
 鍵盤数  37  49  37  37
 ベロシティー  ○  ○  ○  ○
 アフタータッチ  ○  ○(ノブコントローラー)
音源システム Vortex I(ソフトシンセ) 150 256+スペシャル・トーン8(SuperNATURAL含む) 200(アナログ・モデリング)
重量 約2.9kg 3.9 kg 3.7kg 3.4kg(電池含む)
電源 単三電池4本USBケーブルで接続時バスパワー ニッケル水素電池×8ACアダプター 充電式ニッケル水素電池単3型×8ACアダプター 単3形アルカリ/ニッケル水素電池 x 6本ACアダプター(別売)
出力端子  MIDI OUT

USB(USB MIDI)

VORTEX Wireless

MIDI(IN、OUT)

USB(USB MIDI)

MIDI OUT  MIDI OUT
サイズ   幅(W)約892

奥行き(D)269

高さ(H) 56mm

幅(W) 1142 mm

奥行き(D) 266 mm

高さ(H) 87 mm

幅(W) 832

奥行き(D) 245

高さ(H) 95

幅(W) 830

奥行き(D) 262

高さ(H) 71

価格 (税抜)¥23,888 (税込 ¥25,799) (税抜)¥126,700 (税込 ¥136,836) (税抜)¥47,500 (税込 ¥51,300) (税抜)¥55,000 (税込 ¥59,400)

本格派のシンセサウンド、音色表現を求めるならAX-SYNTH、ショルダーキーボードを手軽に楽しみたいという場合はワイヤレス搭載の VORTEX WIRELESS、カラーバリエーションとシックな質感のRK-100S、最新サウンドも搭載したAX-09も魅力ですね。どれもステージでは目立つことは間違いないでしょう。

というわけで、ショルダーキーボードでステージパフォーマンスをぜひお楽しみいただきたいと思います。

2017年2月追記:ここで紹介している製品にはすでに生産完了となったものがあります。

現時点では、他にもYAMAHAのRefaceシリーズなどがキーターとして使用可能です(別売りアクセサリーが必要)

【関連記事】

【関連記事】

Alesisがショルダー・キーボード・コントローラ「VORTEX WIRELESS」を発表!

【The NAMM Show 2014】30年の時を経てRKが復活!自由な演奏が可能なキーボード KORG「RK-100S KEYTAR」発表

KORG ショルダーキーボード「RK-100S けいおん!スペシャル」発表!

「synthesizer」タグの関連記事

↑ページトップ