RANE TWELVEのレコードを自分好みのものに交換してみた。

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

好みのデザインや手触りのレコードに交換しよう。

こんにちは、機材チューンナップ系担当のハギオです。RANEのTWELVEですが、マニュアルにも他のレコードに交換する方法が書かれていましたので、実際にやってみました。(レコードは破損しても問題ないものでお試しください)

レコードを取り外し

こちらが初期状態のTWELVEです。付属のレコードには、「ピー」という音が入っていましたので、Seratoのコントロールトーンかと思いまいしたが、実際にSeratoにつないでやってみると動きませんでした。

実際のSerato コントロールバイナルの音よりもかなり小さい音で「ピー」音が収録されていました。表面がちょっとカサカサしてて、ハギオ的にはちょっと苦手でした( ̄ー ̄;

付属の六角レンチで真ん中のネジを外してレコードを取り外します。

裏面はこんな感じなんですが、この溝はダミーみたいで、音は入っていませんでした。

ここのネジを取り外します。

取り外すとこんな感じです。

新しいレコードに穴をあける。

では、取り替えるレコードに穴をあけていきます。

とりあえず、ハギオ的には手触りを改善したかったので、普通のレコードに取り替えますが、カラーバイナルやピクチャーバイナルなどなど、自分好みのレコードに取り替えてカスタムするのも面白いと思います。

普通のレコードと、元々TWELVEについていたレコードを重ねてTWELVEに置いてみます。

3つの穴にマジックなどでしるしをつけます。

普通のレコードのしるしをつけたところを、100均などで売っているハンドドリルで下穴をあけます。

下穴をあけた状態がこちら。

この下穴を、ドリルなどを使って、6mmの穴をあけます。

穴が開いたら、TWELVEのパーツを使って取り付けます。

手触りが改善。マスキングテープでマーカーも追加

左が元々TWELVEについていたレコード。右が取り替えた普通のレコードです。右のレコードの方がしっとりした感じが分かると思います。

せっかくなので、視認性を良くするためにマーカーを取り付けたいんですが、その時にオススメなのが最近少し人気らしいマスキングテープです。(普通のターンテーブルでの頭出しマーカー等にはもう少し固めのテープを使ってくださいね。)

今回使ったのは、島村楽器限定のまつだひかりマスキングテープです。


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

これで完成です!!

これで手触りが劇的に改善されました!!

TWELVEを買ったけど、何か手触りがしっくりこない方にはオススメです。

TWELVEについての紹介はこちらをご覧ください。


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

DJ Jiro

この記事を書いた人
DJ HAGI a.k.a DRAGON
神戸三宮店 DJ.デジタル楽器アドバイザー 萩尾(はぎお)
2001年のDMCのビデオ映像に衝撃を受け、バトルDJに憧れる。その後すぐにDJバトルを企画し、10年以上定期的に草DJバトルをプロデュース。機器のチューンナップや修理が趣味。


DJ HAGI a.k.a DRAGON の記事を見る
神戸三宮店 ホームページ

 

「dj-hagi-a-k-a-dragon」タグの関連記事

↑ページトップ