【マイクプリ】カッコよすぎる!赤い筐体Golden Age Project『PRE-73MKⅢ』の性能を検証してみた!

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

こんにちは。梅田ロフト店スタッフの南です。

ついについに!入荷しました!

Golden Age Project 『PRE-73MKⅢ』

今回はこの機材を使っていろいろレビューをしていきたいと思います。

PRE-73MK3_箱

ジャーン!!箱から既にVintage感が漂っていますね。このあたりからもメーカーのこだわりが感じられます!

PRE-73MKⅢ前面

PRE-73MK3_前面

PRE-73MKⅢ背面

PRE-73MK3背面

早速空けてみました!一目を弾くほど真っ赤で鈍い輝きをはなつ『PRE-73MKⅢ』

安っぽさを感じさせないデザインが素敵ですね。

これで価格が50000円を切るというのですからビックリです。

PRE-73MK3つまみ

オススメポイントはこのGainツマミ!カチカチできるのがなんともたまりません!やはりNEVE1073をリスペクトしているからこそのこだわりなのでしょうか。

試奏

使用機材

FractalAudio『AXE-FXⅡ-XL』

VINTECHAUDIO『X73』

Steinberg 『UR242』

機材

使用ギター:KAMINARIxHISTORY 『KH-CYGNET』

kh_cygnet_vbs

今回はFractalAudioのAXE-FXⅡ-XLの音を使用し、PRE-73MKⅢと同じクラシックNEVE1073を再現した有名マイクプリ、VintechAudio『X73』との比較をしました。

試聴音源

『クリーントーン』

AXE-FXⅡXL

Vintech Audio X73

GoldenAgeProject PRE-73mkⅢ

『オーバードライブ』

AXE-FXⅡ XL

Vintech Audio X73

GoldenAgeProject PRE-73mkⅢ

皆様、違いがおわかりになったでしょうか?実際に出ている音を聴いていただいたほうがその違いが分かりやすいのですが、AXE FXⅡ単体と比較すると高音の角が取れた音になり、更にギターの音が前にでてきたようなサウンドになりました。

X73と比較してみると、PRE-73のほうがガッツのある派手な音の気がします。

X73はPRE-73と比べ派手ではないのでもの足りなさを感じるかもしれませんが、1音1音が綺麗にしっかりと録れていて、ザラザラとした粗さを感じさせないというところで,ダントツでいい音がします。

人によっては好みが分かれるかもしれません。マイクプリの特性も多種多様なので、自分が求める音に合ったものを選ぶことが大事だと思います。

ですが、このGolden Age ProjectのPRE-73mkⅢ,このクオリティでこの価格なら宅録でも気軽に導入できるのではないでしょうか。

オーディオインターフェースを買い換えたとしても、たまには違うテイストの音を録りたい!と思ったときは気軽に使えますし、もちろんコンデンサーマイクも繋げますし、なんとDIもついています!

マイクプリGoldenAgeProject 『PRE-73MKⅢ』はお店でいつでも試すことができますので興味を持った方は梅田ロフト店に是非お越し下さい。

GoldenAgeProject『PRE-73mkⅢ』

(税抜)¥46,000 (税込 ¥50,600)

この商品をオンラインストアで購入する

梅田ロフト店デジタル担当 南(みなみ)
この記事を書いた人
梅田ロフト店デジタル担当 南(みなみ)

現役ボカロPとしても活動している南です。ボカロ、作曲に関することならお任せ下さい。
DTMを始めるにあたって、あなたに合う作業環境の構築を全面的にバックアップ致します!

梅田ロフト店
梅田ロフト店

大阪府大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフト8F

電話番号:06-6292-7905

営業時間:10:30~21:00

HP:http://www.shimamura.co.jp/umeda/

「digiland-shop-umeda」タグの関連記事

「アウトボード」タグの関連記事

↑ページトップ