モデルチェンジしたヤマハの定番ミキサー『MGシリーズ』(第3世代)レビュー

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

3rdMG_01

2003年に発売され小型ミキサーから中規模ミキサーまで幅広いラインアップを揃えているヤマハ社のミキサーといえば『MGシリーズ』。

その定評あるMGシリーズが今回モデルチェンジしました。

新MGシリーズは大きく分けると、エフェクター、USBオーディオ・インターフェースが搭載されたモデル(X/XUモデル)と、通常のシンプルなミキサーの2種類。

また、コンパクトな6チャンネルモデルが新たにラインナップに追加されております。

では、種類ごとに、どの辺りが旧モデルに比べ良くなったか見てみます。

通常のスタンダードタイプのMGシリーズミキサー

3rdMG_02

まずは通常のシンプルなスタンダードタイプのミキサーからみていきます。

エフェクトやUSB端子がないモデルは以下の5モデル。

  • 20チャンネルミキシングコンソール「MG20」
  • 16チャンネルミキシングコンソール「MG16」
  • 12チャンネルミキシングコンソール「MG12」
  • 10チャンネルミキシングコンソール「MG10」
  • 6チャンネルミキシングコンソール「MG06」

コンパクトなモデルから中規模のライブまで対応するモデルまで豊富なラインナップです。

旧MGシリーズとどこが違うの?

旧シリーズに比べ新シリーズ(第3世代)の新しく改良された主な箇所は全部で6つ。

  • プリアンプが改良
  • PADボタン搭載
  • ノイトリック社製コンボジャック
  • メタルシャーシ
  • メインアウトにXLR端子とフォーン端子
  • ACインレットタイプの内蔵電源(MG06,MG10以外)

プリアンプ

3rdMG_03

一番大きく変わったのがプリアンプ部分。ヤマハのMGPシリーズやオーディオ・インターフェースで使用されている「D-PRE」を採用しております。

「D-PRE」はディスクリート方式のClass-Aマイクプリアンプで高級オーディオアンプで使用されているインバーテッドダーリントン回路を採用。インバーテッドダーリントン回路は歪発生の原因となる増幅素子固有の非線形特性を解消し、歪の発生を抑制した増幅方式で、豊かな低音と、伸びやかな高音、そして音楽的な位相特性を実現するというもの。実際に「D-PRE」が採用されているハードウェアをお持ちの方なら分かるかと思いますが、クリアな高音域と艶やかな腰のある低音がほんとに素晴らしい。

3rdMG_04

新MGシリーズはさらに回路に使われているオペアンプにも拘りをみせており、音質に重点を置いたカスタムメイドオペアンプ"MG01"を開発。

マイクを繋ぎ試してみましたが、はっきり言ってこの価格帯とは思えないクオリティ。以前のモデルではレコーディングとなると違うプリアンプ用意していた方も多いと思いますが、新MGシリーズはそんなノイズにシビアな場面でも活躍できます。

PADボタン

3rdMG_05

PADボタンは入力信号のレベルを減衰させることが可能で、ラインレベルなどの音量レベルの高いソースでも歪みのない適正な入力レベルに設定することができます。

オンの状態ではモノラル入力チャンネル端子からの入力信号を26 dB減衰します。

以前までのモデルはXLR端子とライン端子が別でしたが、コンボジャックの採用とPADスイッチを採用したことで、端子を変えることなくワンタッチでレベル調整することができるのがいいですね。

ノイトリック社製コンボジャック

3rdMG_06

モノラル入力チャンネルにはノイトリック社製コンボジャックを装備しております。コンボジャックとはXLRジャックと標準ジャック(フォンジャック/6.3mm)の双方の接続できる端子で、キャノンケーブル用いたマイクやアウトボードでも、シールドケーブルを使ったキーボードや音源でも接続することが可能。

端子が一つになることで筐体が小さくなってますね。

メタルシャーシ

3rdMG_07

新MGシリーズは、パウダーコーティングされたメタルシャーシを採用することで耐衝撃性を高め、これまでにない耐久性を実現しているとなっております。

ライブやツアーなどの過酷な環境で使用するのであれば故障の原因となるので耐久性にも注目しなければならない点ですが、なかなかそんな環境下で使用されるという方は少ないですよね。でも、筐体の材質や内部機構は音質面でも非常に重要になっております。

電気機器は使用すると熱をもちますがそれを放散する仕組みや、また、必ず発生する外部からの振動伝達による影響があり、筐体全体の剛性を高めることで高域のにじみの低減に繋がり、ノイズを抑制することができます。

簡単にいえば、筐体はデザインをかっこよくするだけでなく、音質にも影響を与えるわけですが、ここまでこだわっているところを見ると、この音質の良さはプリアンプだけの力ではなさそうですね。また、この価格帯で金属シャーシの曲線も珍しい。フランス人デザイナーを起用しているとのことですが、そういったところもヤマハの新シリーズのミキサーにかけた思いが伺えます。

メインアウトにXLR端子とフォーン端子

3rdMG_08

全モデルでメインアウトにXLR端子とフォーン端子の両方が装備されております。プロオーディオで標準規格のXLRアウトを採用したことにより、プロオーディオ機器との配線がしやすくなります。モニタースピーカーではXLR入力のみのモデルもあるのでそういったときにも安心ですよね。

また、しっかり接続が行えるので。接触ノイズ防止や万が一ケーブルを引っ張ってしまった場合でも抜けにくくなる予防になります。

ACインレットタイプの内蔵電源(MG06,MG10除く)

3rdMG_09

本体内に内蔵電源を採用しているのでACアダプターが不要になります。購入する際はあまり気にならない点かもしれませんが、結構これ、実用的です。

音楽製品に限らず自宅の電気製品でもアダプターの存在が鬱陶しいと思ったことはありませんか?しかも、大きいものだとコンセント2口分を使う羽目になってしまったりしてとても邪魔だったり…

アダプターではなく電源コードになったので、スッキリしますし持ち運びなどにも便利になってます。

※けっしてコンセントが必要なくなった意味ではありません


続きを読む: 1 2

↑ページトップ