Prominy SR5 Rock Bass 2 | ロック, メタル, プログレなどに適したベース音源

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Prominy ( プロミニー ) より、リアルなエレキベースを再現するヴァーチャル・インストゥルメント「SR5 Rock Bass 2」が発売されます。

「SR5 Rock Bass 2」は、MUSICMAN「StingRay 5」をモデリングしたベース音源です。
旧製品「 SR5 Rock Bass 」(ver.1) のすべての機能を搭載しながらも使いやすさを向上。さらに新しくサンプリングした音源を追加し、約26GBにおよぶ容量となっています。

そのほか、ポリフォニック演奏の強化、 エフェクトやアンプ・シミュレーターの搭載、NKS対応、ナチュラル・ハーモニクスが全弦、全フレットで演奏可能など、ほかにも多くの機能がアップグレードされています。

新機能

  • 信じられないほどのリアルタイムな演奏を実現する「SR5 SPI」(スーパーパフォーマンスインストゥルメント)
  • エフェクトとアンプシミュレーターを内蔵
  • Heavy buzz sustain(非常に強くピッキングして敢えて「ビビり」を強調させたサスティン音)
  • Heavy hammer-on(非常に強くハンマリングして弦がフレットに当たる音を強調したハンマリング音)
  • 全フレット/全弦のナチュラル・ハーモニクス
  • ノイズ/ FX のサンプルを追加
  • ポリフォニック演奏の改善
  • バリエーション豊富なコード・プリセット
  • ユーザー・コード(独自のコードを作成可能)
  • カスタマイズ可能なストラムキー
  • アルペジオ・キー
  • リアルなダウンチューニング・サンプルを収録
  • コード認識機能を備えたインテリジェント・インストゥルメント・キースイッチ
  • NKS(Native Kontrol Standard)対応

そのほか主な機能

  • 単一ベース音源としては世界でもっとも大きなヴァーチャル・インストゥルメント
  • 最適な弦やポジションを自動的に選択しフレットボードモニターに表示
  • ベース・ギターからダイレクトにレコーディングされたStingRay5そのままの音
  • ストローク自動検出機能 (Auto Stroke Detection )
  • すべての弦のフレットポジションをサンプリングした完璧なサウンド
  • ピッキングノイズおよびその他のノイズもすべての弦、すべてのフレットを収録

SR5 SPI

SR5 SPI(Super Performance Instrument)を使用することで、リアルなベースサウンドをリアルタイムに提供。演奏を止めることなくさまざまな演奏テクニック(以下参照)にすぐにアクセス可能で、納得のいくベーストラックを素早く作成できます。

  • リアルタイム・レガート・スライド
  • リアルタイム・ハンマリング&プリング
  • リアルタイム・トリル
  • リアルタイム。ピッキング・トレモロ
  • ミュートおよびピッキングノイズ
  • グリス・ダウン
  • ナチュラル・ハーモニクス
  • フレット・ノイズ
  • タッピング・ノイズ
  • ピック・ストップ・ノイズ
  • ブリッジ・ミュート・ノイズ
  • リリース・ノイズ
  • ポジション・チェンジ・ノイズ
  • パット・ストップ・ノイズ
  • ストラム・ノイズ
  • 特殊 効果音、その他様々なノイズ
  • バリエーション豊富なプリセット・コード
  • ユーザーコード(ユーザー・コード・エディターで独自のコードが作成可能)

etc.

フレットボード・モニター

状況に応じて、SR5 SPIは自動的に適切な弦/フレット位置を選択します。キースイッチを使用することで弦をマニュアルで変更することもできます。フレットボードモニターはあなたが演奏している現在の指板ポジション/演奏テクニックを視覚化します。

エフェクト&アンプ・シミュレーター

コンプレッサーやオーバードライブ、コーラスやフェイザーなどのエフェクターや3つのベースア​​ンプモデリングが内蔵。制作したい音楽ジャンルに合うようにベースサウンドを作ることができます。もちろん、オフにして、好みのアンプシミュレーターを使用することもできます。

ヘビーバズサステイン

弦をかなり強くピッキングし意図的に「ビビリ」を加えたサスティン音「ヘビーバズサステイン」を収録。弦が暴れる感じを出して生々しい、ワイルド感溢れるリアルな演奏表現が可能です。

ヘビーハンマーオン

前バージョンの「SR5 Rock Bass(ver.1)」にはすでにハンマリング・オンのサンプルが収録されていますが、「SR5 Rock Bass 2」には強めにハンマリングして弦がフレットに当たる金属ノイズを強調したハンマリング音が追加されています。レガートの奏法的に繰り出す通常のハンマーオンの音に対して、このヘビーハンマーオンの音は、たとえば、開放弦を鳴らした直後に強くハンマリングしてアクセントを付けた「バチン」という感じの音を再現するため、スラップベースのようなアクセントのあるサウンドに適しています。

全フレット/全弦のナチュラル・ハーモニクス

前バージョンの「SR5 Rock Bass(ver.1)」では奇数フレットおよび12フレットのみの収録でしたが、全弦、全フレットのナチュラル・ハーモニクスの音を収録し、より表現力豊かな演奏が可能になりました。この機能をフル活用したデモ曲を是非お聴きください。

リアルなダウンチューニングのサンプル付属

ベーシストにとって最も人気のある5弦ベースの一つ「StingRay 5」は、5弦ベースのため通常チューニングで低いBまで演奏可能で、前バージョンの「SR5 Rock Bass(ver.1)」ではサンプルをピッチ変換することでGまでのダウン・チューニングの音を再現できました。「SR5 Rock Bass 2」はこれらの音域の本物のサンプルを新たに収録。さらにリアルな低音域の再現が可能になりました。

リアルタイムレガートスライド/リアルタイムハンマーオン&プルオフ

実際のベースのレガートサンプルを使用したSR5のリアルタイムレガートスライド機能では、他社製品に見られるピッチ変換(ポルタメント)による擬似レガートスライドでは再現することができない"人間の指の"レガートスライドをリアルタイム演奏可能。さらにハンマリングオン&プリングオフも実際に録音されたサンプルを採用し、ベース固有の演奏表現をリアルに再現できます。またこれらは、FXインストゥルメントを除くすべてのインストゥルメント(コード・インストゥルメントも含む)で演奏可能です。

コードプリセット

多数のコードプリセットおよび各コードごとのコードシェープのバリエーションを使用できます。独自のユニークな録音/プログラミングにより、実際に演奏されたコード・サンプルに匹敵するリアルなコードサウンドを実現しています。

minor 2nd-dyad , maj2nd-dyad, minor 3rd-dyad, major 3rd-dyad, 4th-dyad, flat 5th-dyad, 5th-dyad, #5th-dyad, 6th-dyad, 7th-dyad, maj7th-dyad, octave-dyad, major, minor, 7th, m7, maj7, add9, sus4, 7sus4, 9th, #9, m7(9), maj7(9), dim, dim7, m7(b5), aug, open / low chords, etc.

ユーザーコード

ユーザーコード・エディターを使用すると、独自のコードを作成できます。各弦はカスタマイズ可能で、たとえば、通常のサステイン、ミュート、ピッキングノイズ、フレットの位置にかかわらず常に開放弦を弾く、その弦を弾くまたは弾かないなどを弦ごとに設定することができます。

ノイズ/ FXサンプル

実際のベースは、弦に手やピックがギターに触れるとノイズが発生します。リアルなベース音を求めるならこのノイズ音を省くことは不自然です。前バージョンの「SR5 Rock Bass(ver.1)」においてもPlayKeyで演奏できましたが、「SR5 Rock Bass 2」ではポジション・チェンジ・ノイズ、パット・ステップ・ノイズなど多数のノイズ・サンプルが新たに追加されました。また、FX(効果音系)インストゥルメントにおいてもノイズや効果音系の音が多数追加。ソフトウェアの打ち込みでも、より自然なベースサウンドを作り上げることができます。

ベースギターからのダイレクト信号

SR5に内蔵のアンプシミュレータまたはお持ちのアンプシミュレータを通して好みのサウンドを作り様々な音楽ジャンルへの対応、幅広い音作りが可能です。

コード認識機能を備えたキースイッチ

インストゥルメント・キー・スイッチを使用して、音源(アーティキュレーション)の切り替えを瞬時に行うことが可能です。すべてのインストゥルメントは任意にキー・スイッチを割り当てることができます。頻繁に使用する奏法を一番押しやすいキーに割り当てるなど、様々な状況に合わせた最適なセッティングを作ることができます。

またインストゥルメント・キー・スイッチにはコード認識機能が備わっています。キースイッチを押してそのキースイッチに割り当てられたインストゥルメントを選択する、といった一般的な機能だけでなく、インストゥルメント・キー・スイッチの範囲内でコードの構成音を押さえると、そのコード・インストゥルメントが選択されます。
つまり、コード・インストゥルメントのキースイッチを覚えておく必要はありません。

自動ストローク検出

SPIの自動ストローク検出機能を使用すると、テンポおよび現在の拍子位置を自動的に検出し、自動的に最適なストローク方向(ダウン・ストロークまたはアップ・ストローク)を識別します。

いくつかのストローク検出モードがあり、強制オルタネート、強制ダウン・ストローク、強制アップ・ストロークなどのモードも選択可能です。MIDIコントロールチェンジによりモードを曲の途中で変更することも可能です。

NKS(Native Kontrol Standard®)対応

ハードウェアと直感的でシームレスな操作を可能にする Native Kontrol Standard (NKS)を公式サポート。KOMPLETE KONTROL シリーズのキーボード、Maschineハードウェアとソフトウェアを通して主要なパラメーターをコントロールすることができます。

「KOMPLETE KONTROL S」であればライトガイドに使用可能なキースイッチ、演奏可能なキー範囲が表示されます。

発売日

2019年3月15日(金)

販売価格

発売前予約キャンペーン実施中
~2019年3月13日(水)午前まで

PVI013-SR5-SP
通常販売価格:(税抜)¥14,900 (税込 ¥16,092)
限定販売価格:(税抜)¥10,430 (税込 ¥11,264)
JANコード:4562203910723

(税抜)¥14,900 (税込 ¥16,092)
JANコード:4562203910655

ソフトシンセ新製品一覧は ⇒ こちら

「dtm」タグの関連記事

↑ページトップ