Mackie XR824 XR624 発表!HRシリーズの技術を継承したスタジオモニタースピーカー

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

MACKIE_xr_series_top

MACKIE ( マッキー ) は、国際放送機器展(InterBEE2016)にて日本国内初展示したスタジオモニターXRシリーズ「XR624」「XR824」を正式に発表いたしました。

Mackieはお手ごろ価格のCRシリーズからプロミュージシャンやプロフェッショナルレコーディングスタジオで愛用されているHRシリーズまで、用途やご予算に応じて幅広いラインナップを用意しています。今回、新たにラインナップに追加される「XRシリーズ」は、プロフェッショナルなクオリティーにもかかわらず、価格を抑えた2wayパワードスタジオモニターです。

「XRシリーズ」は、8インチモデルの「XR824」、6.5インチモデルの「XR624」と2つのモデルから用途に合わせて選択可能です。

XRシリーズ 主な特徴

対数関数計算設計ウェーブガイド
プロの現場に多数導入実績のあるハイエンドモデルMackie「HRシリーズ」の技術を継承し、XRシリーズに採用した対数関数計算設計のウェーブガイドを高域ツイーターユニットに搭載。クリアな高域と深みのあるバランスの取れた中域再生が実現されています。
MACKIE_xr_series_3

Kevlar ウーファー
「XR824」と「XR624」両モデルとも160W高出力パワーアンプと立ち上がりの早いKevlar®低域ウーファーユニットを搭載し、無駄な低域を排除し明瞭度の高いサウンド。
MACKIE_xr824_kevlar

ELPバスレフ・システム
Mackie独自の新しいELP™低域反射システムを開発し、優れた低音再生能力と高出力を実現しました。ELP™低域反射システムは今までにないような長いスロートを採用しバスレフからの気流を抑えハイパワーかつ明瞭度の高い低域の伸びが実現しています。
MACKIE_xr624_elp_jport_wireframe

部屋に合わせて最適化
設置条件に合わせ、フラットな周波数特性を実現する3パターンの音響調整可能なフィルターを搭載。さまざまな環境に応じ、最適なサウンドを再生することが可能です。設置環境・部屋の音響特性に応じてブースト、カット可能な高域フィルターとブースト、カット可能な低域フィルターも装備し、いかなる環境下においても原音に忠実なサウンドや音楽にあったミキシングを実現することが可能です。
MACKIE_xr_series_4

電源オートON/OFF
環境に配慮した自動電源ON/OFF機能も搭載。付属アクセサリーとして不要な共鳴を低減し低域周波数特性を向上させることのできるカスタムアコースティックアイソレーションパッドも同梱。購入したその日から最適で明瞭度の高いサウンドをお楽しみいただくことができます。
MACKIE_xr_series_5

XRシリーズ 主な仕様

XR624 XR824
周波数特性 45Hz – 22kHz 36Hz – 22kHz
クロスオーバー周波数 2.5kHz 2kHz
パワーアンプ バイアンプ Class D
出力 160W (低域:100W/高域:60W)
コンプレッションドライバー 1インチアルマイトアルミニウムツイーター
ウーファーユニット 6.5インチ(Kevlar) 8インチ(Kevlar)
入力端子 XLRバランス
フォン TRS(バランス/アンバランス)
エンクロージャーデザイン 内部補強精密度の高い内部断熱を施した木製
黒色木目仕上塗装、対数関数計算されたウェーブガイド
ELP™低域反射システム、頑丈な金属製トグルスイッチ
コントロール パワーモード
入力感度
3パターンの音響調整可能なフィルター
高域:ブースト/カット
低域:ブースト/カット
電源 100–120VAC もしくは220–240VAC (切替可)
寸法(W×H×D) 219 × 333 × 320 mm 274 × 427 × 351 mm
重量 10.6 kg 15.7 kg
付属 カスタムアコースティックアイソレーションパッド

XR624

MACKIE_xr624_1

XR824

MACKIE_xr824_1

よくある質問

設置場所に合わせて最適化するフィルターとはどんな機能ですか?

XR シリーズにはスタジオモニターの設置場所に合わせて選択可能な 3つのMackie Acoustic Space ControlsプリセットEQを装備しております。このプリセットEQを適切に選択することにより明瞭度の高い低域を再生いたします。 背面にあるスイッチで下記の条件に合わせて最適なプリセットを切り替えてください。

  • Whole Space (壁から離れた場所に設置する場合)
  • Half Space (壁が後ろにある場所に設置する場合)
  • Quarter Space (壁が後ろにあるコーナーに設置する場合)

自動電源機能を切ることは可能ですか?

はい。この機能はスイッチ一つで有効/無効の選択が可能です。
自動電源機能がオンの状態では無音時間が15分を超えるとアンプがスタンバイモードになります。また最小入力信号レベルが入るとスタンバイモードが自動的に解除され音楽を再生します。

付属アクセサリーの「プロフェッショナルグレードアイソレーションパッド」とはなんですか?

XRシリーズモニター には両モデル共に本体サイズに合わせたラージフォームのアイソレーションパッドが付属しています。
こちらを使用することにより不要な共鳴を低減し低域周波数特性を向上します。また、モニタースピーカーを適切なリスニング角度に設置できるようにテーパーがついており、さらに設置場所からずれ落ちないような加工が施されています。余計な出費を抑えられ、かつ最適なサウンドを買った瞬間から楽しめます。

発売日

2017年4月27日(木)

販売価格

XR624
(税抜)¥46,000 (税込 ¥49,680)
JANコード:0663961049343

XR824
(税抜)¥58,000 (税込 ¥62,640)
JANコード:0663961049404

「スピーカー」タグの関連記事

↑ページトップ