歴史的名機 H3000 をさらに進化させたマルチエフェクター Eventide Eclipse V4

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

eclipsev4_2

Eventide ( イーブンタイド ) から、ライブパフォーマンス、サウンドエンジニアリング、スタジオクオリティプロセッシングといったプロフェッショナルな現場に対応するエフェクター「 Eclipse V4 ( エクリプス )」が発売されました。

「 Eventide Eclipse V4 」は、歴史的な名機とも言える Eventide H3000 をさらに大きく進化させた1Uラックのハード・マルチエフェクターです。デュアルDSPを搭載したことによりEventideのテクノロジーが織りなす圧巻のサウンドを強力なパワーで出力します。さらに、アナログ、デジタルインプット/アウトプット、MIDIやシリアルポートを備え、多くの接続にも対応します。
ボーカルやギター、シンセサイザーに繋げることでライブで使うことができますし、スタジオのアウトボードとしても活用できます。

eclipsev4_1

デュアルエフェクトブロックアーキテクチャ
24bit / 96kHzのデジタルコンバージョンの高音質を実現するエフェクトプロセッサーです。100種類以上の基本となるエフェクトアルゴリズムが収録されています。このアルゴリズムにはディレイやサンプリングルーパー、コンプレッサーやノイズゲート、トレモロ、EQ、フィルター、ボコーダー、ワウ、ワーミー、ピッチシフターなどのエフェクトをはじめ、8つのディレイを組み合わせたり、16ラインリバーブやリバースピッチシフターなどの複雑なエフェクト、さらに上質な歪みを作ることのできるプリアンプアルゴリズム、そしてEventide TimeFactor や ModFactor のアルゴリズムなどが含まれています。
そして、Eclipse V4はこれらの多彩なアルゴリズムを同時に2種類まで、多彩なルーティング設定で組み合わせてプログラムを制作することが出来ます。インプット/アウトプットはステレオ/モノラルに対応し,、また、V4からはプログラム中に保存された2つのエフェクトアルゴリズムはMIDIコントロールによって個別にON/OFFすることも可能となりました。

クラシックEventideエフェクト
ボーカリストやFOHエンジニアにとって最適な、シームレスで素早いピッチシフトを行うマイクロピッチシフトを初め、DSP7000シリーズ用に開発された高品質スタジオクオリティのリバーブフェクトはEclipseにも移植されています。全てのリバーブはトゥルーステレオイン/アウトに対応しています。
ディレイエフェクトを見てみると、バンドディレイ、コーラスディレイ、コムディレイ、ダックドディレイ、リングディレイ、パンディレイなど、多数のディレイエフェクトを選択可能。20秒のモノラルループ、10秒のデュアルループ、20秒のリバースループ、10秒のデュアルリバースループなどサンプリングルーパーも充実。
しかも、これらのエフェクトアルゴリズムはどれもエフェクトブロックを1つ使用します。つまり、もう1つのエフェクトブロックを使用し、さらなるサウンドの可能性を求めることができます。

多彩な接続をカバーするインプット/アウトプット
Eclipse V4のリアパネルには、AES/EBU、S/P DIF、ADAT Lightpipeのデジタル端子、バランスドXLRタイプ、アンバランスド1/4インチフォンタイプのアナログ端子を搭載。1/4インチフォン端子はハイインピーダンスシグナルにも対応し、ギターやベースなどの楽器を直接接続することもできます。
BNCコネクターによるワードクロックインプット/アウトプットや、2つの外部ペダルポート、フルMIDI(IN/OUT/THRU)も搭載。MIDI INは7ピン端子で、通常のMIDIケーブルだけでなく7ピンケーブルを接続して電源を供給することもできます。
また、シリアルポートを使用して外部デバイスと接続し、ソフトウェアアップデートやプログラム、セッティングのバックアップも可能です。

eclipsev4_rear

簡単なセットアップとオペレーション
Eclipse V4のノブとキーパッドが簡単なセットアップオペレーションを実現します。H3000シリーズHarmonizerユニットとも共通する操作性で、H3000からのステップアップも自然に行えます。

即座にセッティングを呼び出す Hot Key
Eclipse V4のアルゴリズムやエフェクトプログラムには膨大なパラメータが配置されています。それらをエディットし自分だけのプリセットの制作することができます。その中でも特に重要な16までのパラメータをHot Keyに保存し、簡単にアクセスを行えるように設定することができます。ステージや現場など、会場の特性や機材による微調整が必要なパラメータをここに保存しておけば、最高のセッティングを手早く行うことができます。

フラッシュカードスロット
Eclipse V4には、コンパクトフラッシュカードスロットが用意されています。コンパクトフラッシュは堅牢で長年にわたりプロフェッショナルの現場で使用されています。Eclipse V4 はコンパクトフラッシュカードにプログラムを保存しておき、カードを入れ替えることで幾つものプログラムを読み込むことができます。

Eclipse の主な特徴

  • 世界で最もリッチなサウンドを誇るエフェクト群
  • グローバルテンポにより、LFO、ディレイタイムなど様々なタイムベースのパラメータを同期
  • シリーズ、パラレル、デュアルモノプロセッシングのルーティングを構築できる2つのエフェクトブロック
  • LFO、エンベロープフォロワ、ADSRを様々なパラメータに設定可能
  • アナログ、AES/EBU、S/P DIF、オプティカル、ADATデジタルインプット/アウトプットによるフレキシブルな接続
  • 高解像度な24ビット分解能、最大96kHzサンプリング

発売日

2016年6月8日(水)

販売価格

Eclipse V4
(税抜)¥306,300 (税込 ¥330,804)
JANコード:4562459874046

「アウトボード」タグの関連記事

↑ページトップ