Sledge Black Edition 登場!黄色いシンセでお馴染みのStudiologic 「Sledge」のブラックバージョン

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

SledgeBlack

黄色いシンセでお馴染みのStudiologic 「Sledge」のブラックバージョン「Sledge Black Edition」がThe NAMM Show 2017で公開されています。なんと鍵盤も真っ黒!オシレーターとフィルターの2箇所だけ黄色のノブになっているのがアクセントですね。なおSledge BLACK EDITIONはセミウェイト(おもり付)の鍵盤に仕様が変更になっています。

main

日本国内での発売は現時点では未定ですが、ぜひStudiologicの代理店のディリゲントさんには頑張っていただきたいと思います。2017/1/20追記:国内での発売が決定いたしました!

鍵盤

楽器フェア2016会場にて

Sledge Black Edition2 Sledge Black Edition

The NAMM Show 2017にて

DG_006_Sladge Black01

試してみた

元祖のイエローカラーバージョンと比較

SledgeBlack_4

見た目も違いますがブラックエディションの鍵盤はセミウェイト仕様。弾いてみるとその違いがよくわかります。キーはちょうどいい軽さと返りで演奏しやすいと思いました。

オシレーターセクション

SledgeBlack_7

waldorfのサウンドエンジンを搭載したSledgeは、3オシレーター搭載で、サイン、三角、矩形、ノコギリといった基本波形に加え、ウエーブ・テーブルも内蔵。アコースティック・ピアノ等の音色も出るのです。このルックスからはチョット意外な感じですね。オシレーター1のWAVEFORMつまみだけ色が違うのがアクセントになっています。

SledgeBlack_1

オシレーター2は3にシンク可能ですので、エグいシンセリードが簡単に作れます。

こちらはミキサー、フィルター、エンベロープ・セクション。

SledgeBlack_2

ミキサーは3オシレーターとノイズジェネレーターの4つの音源のON/OFF、そしてボリューム調節ができます。アナログシンセの銘器「Mini Moog」をリスペクトしたかのようなデザインですね。

カットオフもイエローつまみ。アナログシンセを触ったことある方にはマニュアルいらないですね。非常にシンプルな構成。Mini Moogとの大きな違いは、SledgeにはEffect1(Flanger、Phaser、Chorus)とEffect2(Delay、Reverb)の2系統のエフェクターが装備されていること。

あとアナログモデリングということでデジタルメモリー機能もあります。waldorfのロゴが付いています。

SledgeBlack_5

その他にもアルペジエーター、グライド(ポルタメント)といった機能も搭載。ライブパフォーマンス等でも威力を発揮します。

出力・コントロール端子は左サイドに集約されています。

SledgeBlack_6

Studiologic ” Sledge Black Edition ” をチョットだけ弾いてみた

【関連記事】

発売日

2017年1月26日

販売価格

(税抜)¥160,000 (税込 ¥172,800)

JANコード:4534217614294


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

こちらはオリジナルSledgeのイエローバージョン


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「synthesizer」タグの関連記事

↑ページトップ