BOSE S1 Pro 発表!電池駆動も可能なポータブルPAシステム

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Bose ( ボーズ ) は、あらゆる場所でボーズクオリティ・サウンドを提供するポータブルなオールインワンPAシステム「S1 Pro Multi-Position PA system」を発表いたしました。

「S1 Pro system」は、モニターや楽器用アンプとして活用できるスピーカーと3チャンネル・ミキサーを一組にしながらも重さ6.8kgとコンパクト設計なモバイルPAシステムです。

ミキサーには、アコースティック・ギターやキーボード、マイクなどあらゆる楽器を直接接続できる3チャンネルの端子、リバーブ・エフェクト、Bluetooth ワイヤレス再生に加え、「S1 Pro」の特徴である「ToneMatch® EQ」機能を内蔵。

「ToneMatch® EQ」は、楽器に合わせて音質を最適化する機能で、アコースティックギターやハンドヘルドのダイナミックマイクなど接続してToneMatch処理すると、音源の音色をマッチさせイコライゼーションによる音質を最大限に活用することができます。

さらには、置き方に合わせて音質を自動補正する「Auto EQ」機能を搭載。弾き語りやカフェでのライブなど、地面に置いたり、テーブルに載せたり、スタンドに設置したりと使用する場所においてセッティングが変わることがあるかと思います。そんな各シーンで使用した場合でもこの「Auto EQ」は複数のポジションにおいて常に最高のサウンドを発揮します。

[近距離の観客用]:床に置いて後ろに傾ける

[フロアモニター用]:床に置いて横に倒す

[着座している観客用]:テーブルに置く

[立っている観客用]:スタンドに設置する

軽量で丈夫なボディにハンドルが組み込まれているので、持ち運びや運搬も簡単です。また、オプションのリチウムイオン充電池を使用することでストリートライブや野外ダンスパフォーマンスといった電源がない場所にも使用することができます。

主な特徴

  • アコースティックギターやキーボード、DJなどあらゆる楽器を直接入力可能
  • PA、モニター、楽器用アンプを兼ねるオールインワンシステム
  • 軽量コンパクト、重さわずか6.8kg
  • 充実の3ch入力。 Ch1とCh2はリバーブ機能付き、Ch3はBluetooth®と3.5㎜ステレオミニ入力に対応
  • マイクとアコースティックギター用ToneMatch® EQ搭載
  • Bluetooth® ワイヤレス接続に対応
  • 置き方に合わせて音質を自動補正するAuto EQ搭載
  • 35㎜径のスピーカースタンドに設置可能
  • オプションでリチウムイオンバッテリーも用意 バッテリー駆動持続時間:標準的な使用で約4~6時間

仕様

エンクロージャー材質 ポリプロピレンプラスチック
仕上げ テクスチャプラスチック
グリル ブラックパウダーコーティングが施され

たスチール

寸法(H x W x D): mm 330 x 241 x 286
質量 6.8 kg
付属品 電源ケーブル、スリップカバー

発売日

2018年2月11日(日)

販売価格

S1 Pro system
(税抜)¥69,800 (税込 ¥75,384)
JANコード:4969929250445


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

関連アクセサリー(別売オプション)

S1 Pro system battery pack

発売は2月中旬予定。「S1 Pro」用のリチウムイオンバッテリーです。標準使用で4~6時間のバッテリー駆動が可能です。急速充電モードにて、約2.5時間でフルチャージが可能です。
(税抜)¥9,800 (税込 ¥10,584)
JANコード:4969929250452


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「スピーカー」タグの関連記事

Namm Show 2018

↑ページトップ