Audient iD44 発表!高性能AD / DA搭載の20in / 24outインターフェース

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Audient ( オーディエント ) は、小型ながら高品位のオーディオインターフェース「iD44」を発表いたしました。

宅録向けとして高い人気を誇るオーディエントのiDシリーズに20入力/24出力装備、USB Type-C 端子の「iD44」が加わります。

「iD44」は、大型コンソール「ASP8024-HE」で採用されているディスクリート回路設計の同等マイクプリを4基搭載。超低ノイズ、低歪みを実現するように設計されたこのマイクプリは、アナログの暖かさを十分に引き出しソースを正確に再現します。

多機能性を重視した他のオーディオ・インターフェースとは違い、シンプルに音を追求したのがiDシリーズが人気になった所以です。「iD44」にも新しい高性能AD / DAコンバーター技術を採用し、より正確にオーディオを聞き取ることができます。

この次世代コンバーターは、レコーディングのナチュラルなサウンドを正確に解析できることを保証し、最適化されたダイナミック・レンジを提供できるように設計されております。驚くべき明瞭さと微妙なディテールまで再現する性能にスタートボタンを押した瞬間から気がつくでしょう。

拡張するためのオプションとして2つのオプティカルインプットとアウトプット端子が用意されています。ADATとSPDIFをサポートしているため、最大16チャンネルに追加してより大きいセッションやライブでのトラッキングに活用することができます。

バルブ・アンプがもつクラッシック・サウンドを再現するように設計された2系統のJFETディスクリートDI入力も備えています。ギター、ベース、またはシンセを直接接続して、すぐに録音を開始することができます。

好きなコンプレッサーやビンテージマイクプリ、EQといったアウトボードを接続するためのバランス・インサート端子を装備しています。インサート/リターンは、A/Dコンバーター直前に直接アクセスするため、不要な経由を通らない可能な限りクリーンな信号を提供します。

専用のトークバック、CutとDimボタン、位相切替え、モノラル、スピーカーセレクター、キューミックスのモニタリングなどのフレキシブルなモニターコントロール機能を備えています。また、すべてのモニタリング機能は、3つのファンクション・ボタンに割り当てることができます。

ロータリーエンコーダーは、ボタン1つでバーチャル・スクロール・ホイールになります。ハードウェアのノブを調整するのと同じように、DAWやプラグインの各パラメータなどをコントロール可能です。画面を見ながらフェーダーを調整したり、オートメーションに書き込んだりすることができます。

iDシリーズ性能比較

iD44 iD22
マイクプリゲイン +60 dB +60 dB
ダイナミックレンジ(ADC) 120dB 120dB
ダイナミックレンジ(DAC) 126dB 114dB
ヘッドホンダイナミックレンジ 124dB 114dB
マイクプリ(EIN) <-127dB <-125dBu
DAC THD+N 0.0007% <0.0008%
サンプリングレート 24bit/96kHz 24bit/96kHz

発売日

2018年4月末~5月初旬

販売価格

(税抜)¥80,000 (税込 ¥86,400)
JANコード:5060374260306


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

その他 Audient 製 iDシリーズはこちら 》

「dtm」タグの関連記事

↑ページトップ