TASCAM DR-10X発表!インタビューや記者会見などの音声収録をコンパクトに実現

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

DR-10X_01

ティアック株式会社は、TASCAM(タスカム)ブランドよりインタビューや記者会見などの音声収録をコンパクトに実現するXLRマイク用プラグオンマイクロリニアPCMレコーダー『DR-10X』を発表いたしました。

『DR-10X』は、XLRタイプコネクターのハンドヘルドマイクに直接取り付けるだけで音声収録可能なケーブル不要のマイクロリニアPCMレコーダーです。

インタビュー用のダイナミックマイク、電池駆動のコンデンサーマイクに対応し、インタビュアーが手持ちで話し手にマイクを向けるシーンや記者会見でマイクスタンドを使用するシーンのほか、セミナーや講義などにおいてもハンドヘルドマイクと『DR-10X』があれば、高音質での音声収録をコンパクトに実現します。

dr-10x_w_micstand

本体は手のひらに乗るサイズで、軽量設計に加えマイクと『DR-10X』との接合部は、ダイヤル式のロック機構によりぐらつきを防ぐ構造となっており、マイクと『DR-10X』を結合させた状態においてもマイク単体を扱うかのような使用感を実現しています。小規模な取材の場合、マイクと『DR-10X』があれば重い機材を持たずに取材を可能にします。

dr-10x_w_compact

記録フォーマットは24bit/48kHz MONO WAV(BWFフォーマット)となっており、インタビューや記者会見などの業務用途におけるモノラル音声収録を想定した仕様となっています。また時計機能内蔵により、音声ファイルには時間情報を記録可能で、ファイル検索や編集作業を容易にします。

機能面では、誤操作を防止するスライド式録音スイッチを採用。録音中は録音停止以外の操作を無効にする機能や、できるだけ高い録音レベルを設定しながらも、同時に低いレベルによるバックアップが可能なデュアルレコーディング機能など、確実な録音をサポートする機能を搭載しています。加えて赤外線通信機能により、『DR-10X』同士で設定を別の『DR-10X』へ転送することも可能です。

dr-10C_赤外線通信

『DR-10X』は、音声収録の現場において、機材の選択肢を広げる新たなマイクロリニアPCMレコーダーです。

dr-10x_w_interview

『DR-10X』の主な特長

  • ダイナミックマイク、電池駆動のコンデンサーマイクに取り付けて収録できるレコーダー
  • コンパクトサイズ/軽量設計
  • マイクとの接続部のぐらつきを防止し、強度を確保するロック機構
  • 24bit/48kHz、インタビューや記者会見など業務用途における高音質のモノラル音声収録が可能
  • 導入済みのマイク性能を生かした、高音質のリニアPCMレコーダーとして使用可能
  • 録音中の誤操作を防止するスライド式録音スイッチおよび、録音中は録音停止以外の操作を無効にする機能
  • デュアルレコーディングなど録音レベル設定ミスを防止する機能を多数搭載
  • 電池が切れる前に収録中のデータ消失を回避する自動ファイルクローズ処理
  • 時計機能を備え、時間情報を記録可能なBWFフォーマットに対応
  • 録音ファイルの確認ができる再生機能と入力モニターも可能なヘッドホン出力
  • 赤外線通信により『DR-10X』同士で別の『DR-10X』に設定の転送が可能

『DR-10X』のその他の特長

  • 24bit/48kHz リニアPCM モノラル録音
  • WAVファイル(BWFフォーマットでの録音)
  • 記録メディアにmicroSD/microSDHCカード採用 (最大32GBのmicroSDHCカードが使用可能)
  • 外部入力として使用できるXLRコネクター
  • LOW/MID/HIGH 3段階の録音レベル設定
  • 過大入力を自動的に調整するリミッター機能、ローカットフィルター(120Hz)搭載
  • 録音レベルを自動で調節するオートレベル機能
  • 録音中に一定の録音時間長(約15分)でファイルを更新できるタイムトラックインクリメント機能
  • 広い視野角/視認性の良い有機ELディスプレー
  • 単4形電池1本駆動で10時間以上の録音時間 ※アルカリ乾電池(EVOLTA)使用時
  • パソコンへのデータ転送を容易にするmicro USB B端子
  • パソコンで『DR-10X』の設定をテキストファイルで作成および、転送が可能
  • microSD card でファームウェアのアップデートが可能

dr-10x_p_front

『DR-10X』の主な仕様

記録メディア microSDカード(64MB~2GB)、

microSDHCカード(4GB~32GB)

ファイルフォーマット
WAV(BWF)
サンプリング周波数 48kHz
量子化ビット数 24bit
チャンネル数 1チャンネル (Mono)
アナログオーディオ入力
コネクター XLR-3-31 (1:GND、2:HOT、3:COLD)
マイク入力ゲイン
EXT選択時 HOT側アンバランス入力
最大入力レベル -8dBu
基準入力レベル -24dBu
LOW / MID / HIGH

選択時

入力インピーダンス 10kΩ
PHONES
コネクター 3.5mm(1/8")ステレオミニジャック (DUAL MONO)
USB
コネクター Micro-Bタイプ 4ピン
最大出力 USB2.0 HIGH SPEED マスストレージクラス
電源
メイン 単4形電池1本 (アルカリ乾電池、ニッケル水素電池またはリチウム乾電池)、

パソコンからのUSBバスパワー

日時情報保存用 リチウム二次電池1個(内蔵)
消費電力 0.65W
電池持続時間 WAV、48kHz、24bitで録音

ヘッドホン未接続、リミッター:オフ、デュアル録音:オフ JEITA 録音時

アルカリ乾電池(EVOLTA) 約10時間
ニッケル水素電池(eneloop) 約8時間
リチウム乾電池(Energizer ULTIMATE LITHIUM) 約15.5時間
外形寸法 52(W) × 94.4(H) × 28(D) mm
質量 68.3g (電池を含む)、56.3g (電池を含まず)
動作温度 0˚C~40˚C
付属品 USBケーブル、取扱説明書(保証書付)
性能
周波数特性 20Hz~22kHz +1dB/-3dB(IN to PHONES)
接続するパソコンの条件
Windows
OS Windows 7、Windows 8、Windows 8.1
Macintosh
OS OS X Mountain Lion(V10.8)、OS X Mavericks(10.9)

発売日

2014年12月上旬

販売価格

未定

「レコーダー」タグの関連記事

↑ページトップ