【NAMM2016:ブースレポート】モジュラー/ユーロラック・シンセ編

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

モジュラーシンセ / ユーロラック

NAMM_day4_78_

年々広くなっているのがこのモジュラーシンセ村(?)ですね。老舗のモジュラーメーカーをはじめ、日本ではあまり馴染みのないガレージメーカーまで大結集!多くのファンでひしめき合っておりましたが「シンセ女子」も目立っていましたね。

NAMM_day4_96_

Moog Musicのブース。日本でももうすぐ発売される予定のセミモジュラーシンセ「Mother-32」(右下)は大人気で、アメリカでも品薄とのことです。写真ではオプションのラックキットに複数台マウントされています。

NAMM_day4_66_

mother32

【関連記事】

セミモジュラー・アナログシンセ Moog Mother-32

ではさっそく主なメーカーを中心にブースの様子をレポートしてみましょう~

Buchla(ブックラ)

NAMM_day3_282_

マニア垂涎の高級モジュール・シンセ・メーカー「Buchla」は同社の各種モジュールとモジュラーシステムを展示。あいかわらずの素晴らしいルックス!でもいったい総額いくらになるのでしょうか?

NAMM_day3_278_

NAMM_day3_280_

NAMM_day3_281_

宝くじに当たったら全モジュール手に入れたいと思います。

Waldorf(ウォルドルフ)

老舗のWaldorfは新製品(写真撮り忘れスミマセン)のユーロラック対応のコントローラーキーボード KB37、ユーロラックのVCAモジュール「dvca1」コンプレッサーモジュール「cmp1」ユーロラックモジュレーターモジュール「mod1」を発表しておりました。

NAMM_day3_418_

新製品群はこちら

KB37

KB37_complete_side

 

dcva1

cmp1

【関連記事】

mod1

【関連記事】

【NAMM 2016】ユーロラック対応コントローラーキーボード Waldorf kb37

【NAMM 2016】Waldorf ユーロラック・デュアル VCAモジュール dvca1

【NAMM 2016】Waldorf ユーロラック・コンプレッサー・モジュール cmp1

【NAMM 2016】Waldorf ユーロラック・モジュレーター・モジュール mod1

Doepfer(ドイプファー)

世界で最も多くのアナログ・モジュラーシンセサイザーを生産していると思われるのが、ドイツのメーカーが「Doepfer」です。

NAMM_day4_81_

多くのモジュラーに混じって新製品のユーロラック・シンセ・モジュール「A-100 Modules」のビンテージエディション「Vintage Versions of A-100 Modules」を発表しています。

A100BSV1LC3_schräg

【関連記事】

【NAMM 2016】ユーロラック・モジュラーシンセサイザー Doepfer Vintage Versions of A-100 Modules

Studio Electronics(スタジオ・エレクトロニクス)

ロサンジェルスの老舗メーカーStudio Electronicsにはユーロラック・モジュールのBoomstar Modular Modstarシリーズが鎮座!Charcot Circles ステップシーケンサーもマウントされています。

NAMM_day4_110_

Oberheimタイプの12dB/Octの減衰特性を持つマルチモード・フィルター「SEM」、ARP 2600タイプの24dB/Octの減衰特性を持つローパス・フィルター「4075」、YAMAHA CS-80タイプのデュアル・マルチモード・フィルター「SE88」、リングモジュレーター、S&H等のシグナル・プロセッサー「SCI FI」等々・・・

NAMM_day4_109_

MODE MACHINES

ドイツのハンドメイドメーカーMODE MACHINES

NAMM_day4_108_

Pittsburgh Modular Synthesizers

SV-1とアルペジエーター、プレッシャーセンシティヴトリガー対応のKB-1がマウントされた「The Lifeforms System 201」モジュラーシンセ

NAMM_day4_93_

同社のモジュール・セット「Foundation 3.1」 2349USドル

NAMM_day4_91_

これら以外にもあまりにも多くのメーカーのモジューラーシンセが展示されており、まさにカオス状態!以降フォトレポートとなりますがご覧くださいませ。

ノースカロライナ州アッシュビル「Make Noise Music」のユニークなユーロラック・モジュラーたち

NAMM_day4_100_

英国のメーカー「Modal Electronics」

NAMM_day4_98_

新進気鋭のガレージ・メーカー「Tiptop Audio」ブース

NAMM_day4_102_

エフェクトペダルでも有名な「WMdevices

NAMM_day4_106_

Rolandとコラボでも話題の「Malekko Heavy Industry」Roland 「SYSTEM-500」シリーズが見えますね。

NAMM_day4_51_

NAMM_day4_53_

NAMM_day4_52_

NAMM_day4_103_ NAMM_day4_107_ NAMM_day4_105_ NAMM_day4_104_

NAMM_day4_101_

NAMM_day4_82_ NAMM_day4_90_ NAMM_day4_84_

ユーロラック・ケースも色々な種類が展示されております。

NAMM_day4_83_ NAMM_day4_75_ NAMM_day4_77_ NAMM_day4_76_ NAMM_day3_204_

Bob Moog Foundationではビンテージモジュラー「Aries 300 modular」「original 1967 R. A. Moog modular」やRoger Powellによるデュアマニュアル・キーボードコントローラー等が展示されておりました。

NAMM_day4_54_

Aries 300 modular

NAMM_day4_55_

original 1967 R. A. Moog modularとRoger Powellのデュアマニュアル・キーボードコントローラー

NAMM_day4_57_

これは現地楽器店のブースだったでしょうか?・・・・

NAMM_day3_205_

Metasonix」の真空管を採用したシンセモジュールです。

NAMM_day3_206_ NAMM_day3_207_

まだまだ続きます・・・・

NAMM_day3_211_

RADIKAL TECHNOLOGIES(ドイツ)

NAMM_day3_216_ NAMM_day3_217_

というわけで一日がかりでも回りきれませんでしたが、シンセサイザーせ好きにはたまらない空間でした。

【関連記事】【NAMM2016:ブースレポート】シンセ&キーボード編

「アナログシンセ」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ