みなさま、こんにちは。
弦楽器修理担当の藤村です。梅雨入りし多湿なシーズンが始まりましたが、こんな時期こそパリッとした音で思い切り演奏したいですね!

ネック落ち修理

今回は「ネック落ち修理」についてです。下の写真をご覧ください。

□で囲んだ部分、弦と指板がずいぶん離れて見えませんか!?これがネック落ちしてしまった状態です。もっと悪化するとネックが抜けたり、裏板との接着部分が割れてしまったりということもあります。。弦によって一定方向に力がかかり続けますのでこういう事態は避けられないとも言えます。こうなるともちろん演奏も困難ですので、何らかの修理が必要になります

修理方法
1:ネック入れ直し
下がってしまったネックを一度抜いて、適切な角度で入れ直しします。抜いた際には必要な補強をし、ニカワで再接着します。修理後のネック角度に合わせた適切な駒も作ります。ネック落ちをしっかり修正する場合は入れ直し修理が有効です。↓


2:簡易的ネック上げ
表板の上部分のみを外し、ネックの下に小さな板を挟んでネック角度を微調整します。その後表板とともにニカワ付けします。下の写真は接着直後のものですが、少しリタッチすれば分からなくなります。角度修正後、駒は微調整すれば再利用できる場合もあります。この方法は出来る楽器と出来ない楽器がある、ネックが抜け始めていると適用できない、角度修正できる範囲が限られるなどの条件があります。条件が合えば、料金・期間の面で有効な方法です。↓
このほかにも指板の下にクサビ上の木材を挟む方法などもあります。このようにいくつか修理方法があるのですが、それぞれの楽器がもつ条件・状況に合わせて修理方法を選択することになります。ネック角度は音色や響きに大きく影響しますので、ぜひチェックしてみてください。また秋葉原店でも点検自体は無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください!

さいごに

弦楽器本体の各パーツはニカワという天然の接着剤で組み上げられています。ニカワは接着力が強く、また水分や低めの熱で綺麗に除去できることから何度でも修理できるという有能な接着剤です。その一方で梅雨時期や夏場の高温多湿に弱いという事にもなり、そのため楽器は湿度や気温によって深刻な影響を受けてしまいます。楽器は直射日光を避け、快適な温度湿度で保管してください!(乾燥しすぎにも要注意です!!)

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

シマムラストリングス秋葉原藤村

お客様の楽器・弓の魅力を120%引き出せるようリペアさせていただきます!ご来店お待ちしております。

シマムラストリングス秋葉原の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

【マイスター工房通信】弓の「巻き線」のお話。<前編>

シマムラストリングス秋葉原鍵主

弦楽器の日常メンテナンス

弦楽器リペア便り Vo.10 はじめての弦楽器 (1)日常メンテナンス

グランフロント大阪店吉村

「弓の毛替えのタイミング」弦楽器セルフチェック講座!1時間目

シマムラストリングス秋葉原鍵主

「駒交換のタイミング」弦楽器セルフチェック講座!2時間目

シマムラストリングス秋葉原鍵主

ニスを痛める楽器の持ち方(オーケストラ編) 【弦楽器工房ブログ】

マークイズ福岡ももち店高瀬

「弓のチップを見てみよう」弦楽器セルフチェック講座!5時間目

シマムラストリングス秋葉原鍵主

「弦交換のタイミング」弦楽器セルフチェック講座!3時間目

シマムラストリングス秋葉原鍵主

イタリアクレモナのストラディバリ像

弦楽器リペア便り Vol.12 バイオリン製作学校のある街

グランフロント大阪店吉村

松脂

【弦楽器工房ブログ】毛替え後の松脂について

マークイズ福岡ももち店高瀬

f字孔からみえる魂柱

弦楽器リペア便り Vol.8 【緊急時】駒の立て直し方 ※基本的には技術者にお任せください

グランフロント大阪店吉村