みなさんこんにちは。シマムラストリングス秋葉原の浦邉です。
新年を迎え皆さまいかがお過ごしでしょうか。私は正月に肥えた体を絞るため筋トレを始めました。お餅の食べ過ぎにはくれぐれもご注意ください。
前回は毛の構造や産地、毛替えの必要性について紹介しました。今回は毛の種類について紹介します。

※前回の記事はこちら

毛の種類

毛には大きく分けて白毛と黒毛に分類できます。一般的に白毛より黒毛の方が引っ掛かりが良く、音量が大きくなる傾向があります。そのためコントラバス弓に使用する事が多いです。またバイオリン弓でもより音量を大きくしたい方は、白毛とミックスして使用することもあります。
ただ、音量が多きくなる分繊細な表現は難しくなるので、お持ちの楽器・弓の相性と要相談といったところでしょうか。

毛の産地

馬毛には産地によって特徴(太さ、長さ、引っ掛かり、音量、操作性 etc)があります。当店では4産地(6種類)の馬毛を用意しており、それぞれに特徴(傾向)があります。出したい音がより出しやすくなったりと様々な効果を発揮します。次の毛替え時の参考にされてはいかがでしょうか。

モンゴル産(白毛、黒毛)

モンゴル産には内モンゴル産と外モンゴル産があり、それぞれ特徴(特に長さ)があります。当店では3種類(スタンダード(白毛、黒毛)、デラックス、スペシャル)を用意しており、スタンダードとデラックスが内モンゴル。スペシャルが外モンゴルになります。スペシャルに近づくにつれ毛が長くなります。毛が長くなると毛のより良い部分を多く使用できるので、操作性(繊細さや引っ掛かり)が良くなります。演奏会を控えているのであればスペシャルがお勧めです。

シベリア産

滑らかな引き心地が特徴です。柔らかい音を好む方にお勧めです。

カナダ産

とてもサラサラしているストレート馬毛です。特に引っ掛かりがよく、音の立ち上がり(レスポンス)が非常に良いです。早いパッセージの曲を多くされる方には特にお勧めです。

イタリア産

他の毛と比べて太さがあり、音量があり耐久性もあります。また、程よい操作性を併せ持つため弓の個性を生かしやすい馬毛です。

いかがでしたか。種類が多くて迷われたかもしれません。そんな時はお気軽に来店、お電話ください。楽器や弓、お客様のご使用環境に合わせてご提案させていただきます。
もっと詳しく毛の特徴を知りたい方はこちらのページも確認ください。

今後も様々なリペアを紹介してゆきますのでお楽しみに!

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

シマムラストリングス秋葉原浦邉

お持ちの楽器を点検に出したことはありますか?ちょっとした調整で楽器を長持ちさせたり、より良い状態にすることができます。お気軽にご相談ください。

シマムラストリングス秋葉原の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

f字孔からみえる魂柱

弦楽器リペア便り Vol.8 【緊急時】駒の立て直し方 ※基本的には技術者にお任せください

グランフロント大阪店吉村

イタリアクレモナのストラディバリ像

弦楽器リペア便り Vol.12 バイオリン製作学校のある街

グランフロント大阪店吉村

「弓の毛替えのタイミング」弦楽器セルフチェック講座!1時間目

シマムラストリングス秋葉原鍵主

「雑音の原因を探す」弦楽器セルフチェック講座!4時間目

シマムラストリングス秋葉原鍵主

馬毛

毛替えに役立つ!「馬毛」についての基礎知識

シマムラストリングス秋葉原藤村

弦楽器の日常メンテナンス

弦楽器リペア便り Vo.10 はじめての弦楽器 (1)日常メンテナンス

グランフロント大阪店吉村

「弦交換のタイミング」弦楽器セルフチェック講座!3時間目

シマムラストリングス秋葉原鍵主

「弓のチップを見てみよう」弦楽器セルフチェック講座!5時間目

シマムラストリングス秋葉原鍵主

「駒交換のタイミング」弦楽器セルフチェック講座!2時間目

シマムラストリングス秋葉原鍵主

クリーニング後のバイオリン

弦楽器リペア便り Vol.9 一年間お疲れ様!弦楽器年末クリーニングキャンペーン!

グランフロント大阪店吉村