皆様、こんにちは。

弦楽器技術スタッフの高瀬です。

前回に続き、毛替えについて書いていきます。


皆様は髪の毛を洗った後、ドライヤーを使い髪を乾かすと思います。

馬毛も同じで、当工房では毛替え後にドライヤーで馬毛を乾かしています。

(職人によっては水を使わない方、スプレーで軽く濡らすだけの方も)

しかし、人によっては馬毛を自然乾燥させる方が良いという方もいらっしゃいます。

人間の髪で自然乾燥をさせると、毛の表面のキューティクルが広がって剝がれやすくなる、髪にダメージが蓄積する、という情報を聞いたことがあります。

(実際に、自然乾燥をして寝ると翌日ボサボサになることが多いですね)

では馬毛でも同じではないのか、と思い、今までドライヤー一択だったのですが、、、





やはりやってみないとわからないので、実験的に

■ いつも通りドライヤー乾燥

■ 自然乾燥

この2つで同時に毛替えを行いました。

馬毛は当工房のSTランクを使用しております。

【ドライヤー】

(毛を緩めた状態)

いつも通りです。

特に遊んでいる毛も無い状態です。

弾き心地もいつも通りで、ST特有の少し荒々しい引っ掛かりが感じられました。

※ドライヤーは『Nobby NB3000』を使用。ワンタッチで冷風に切り替わり、離すと温風に戻るので便利です。風量があるので3分かからずにある程度乾きます。

【自然乾燥】

(毛を緩めた状態)

遊んでいる毛が数本あります。

仕上げの段階で毛を3本ほど切る必要がありました。

弾き心地は上の弓と比べると、多少引っ掛かりが薄れたように感じました。

※6時間乾燥させてあります





結果だけ見るとドライヤーの方が良いのでは、となりそうですが、1回目の実験なのでまだ判断できません。

そもそも、弓のクオリティも双方異なれば、片方は反りが強く、片方はカーボン弓です。

今回はあり合わせの弓で行ったのではっきりとした結果が出せませんが、何かしらの違いはありそうです(自然乾燥の方は単に私の技術不足、毛の選定が不十分という可能性も捨てきれませんが、、、)。また2回、3回と試していきたいと思います。

※お客様の弓では今後もドライヤー乾燥を行います








(数日経過したら毛質が同じ状態になる、という悲しいオチでしたらどうしましょう)

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

マークイズ福岡ももち店高瀬

弦楽器技術者の高瀬です。楽器の調子が悪い、音をもっと良くしたいと思いましたら、ぜひご来店ください。皆さまをお待ちしています!

マークイズ福岡ももち店の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

「雑音の原因を探す」弦楽器セルフチェック講座!4時間目

シマムラストリングス秋葉原鍵主

「弓のチップを見てみよう」弦楽器セルフチェック講座!5時間目

シマムラストリングス秋葉原鍵主

「駒交換のタイミング」弦楽器セルフチェック講座!2時間目

シマムラストリングス秋葉原鍵主

「弓の毛替えのタイミング」弦楽器セルフチェック講座!1時間目

シマムラストリングス秋葉原鍵主

弦楽器の日常メンテナンス

弦楽器リペア便り Vo.10 はじめての弦楽器 (1)日常メンテナンス

グランフロント大阪店吉村

馬毛

毛替えに役立つ!「馬毛」についての基礎知識

シマムラストリングス秋葉原藤村

「カラー毛替え」のご紹介です!!

シマムラストリングス秋葉原藤村

ペグ

【弦楽器工房ブログ】ペグの角度調整

マークイズ福岡ももち店高瀬

【マイスター工房通信】弓の「巻き線」のお話。<後編>

シマムラストリングス秋葉原鍵主

「弦交換のタイミング」弦楽器セルフチェック講座!3時間目

シマムラストリングス秋葉原鍵主